美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

企画展 富本憲吉入門
―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか

奈良県立美術館

  • 開催期間:2019年6月29日(土)〜2019年9月1日(日)
  • クリップ数:4 件
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-1
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-2
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-3
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-4
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-5
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-1
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-2
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-3
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-4
企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 奈良県立美術館-5

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら▼

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

奈良県が生んだ日本近代陶芸の巨匠・富本憲吉(1886-1963)。

郷土を代表する芸術家として、奈良県立美術館では開館以来継続してその創作活動を取り上げてきました。没して半世紀以上過ぎてなお、その作品は高く評価されています。

では富本はなぜ「日本近代陶芸の巨匠」と呼ばれるのでしょうか。そして富本の美の感性はいかにして育まれたのでしょうか。それを理解するための、富本芸術の入門編として本展を開催します。

富本は楽焼制作に始まり、土焼・白磁・染付と多様な創作活動を展開し、色絵磁器へと作域を広げていきました。その陶業は、独自の模様の探求、造形を通した美の表現、量産の試みといった課題に取り組んだ道のりでもありました。

このたびの展覧会では、初公開となる新収蔵品ほか寄託品も加えた展示を通して、富本の生涯と彼が生きた時代、その作品の特徴や独自性を知るとともに、奈良の歴史・文化を知る機会を提供できれば幸いです。

◆富本憲吉のプロフィール
1886(明治19)年、現在の奈良県生駒郡安堵町に生まれました。1904(明治37)年に東京美術学校(現・東京藝術大学)図案科に入学し、1908(明治41)年からはロンドンに留学。帰国後に親交を結んだバーナード・リーチの影響で、1913(大正2)年に楽焼の制作を始め、ほぼ独学で陶芸の道を歩み始めました。1926(大正15)年、東京に転居。白磁や染付を中心に充実した作陶を続け、1936(昭和11)年の九谷滞在以後は華麗な色絵磁器の作品を次々と発表します。終戦後は安堵への一時帰郷を経て京都に拠点を移し、金銀を同時に焼き付ける色絵金銀彩の技法を完成させました。1955(昭和30)年、「色絵磁器」で重要無形文化財技術保持者(いわゆる人間国宝)に認定され、1961(昭和36)年には文化勲章を受章しました。1963(昭和38)年逝去。

「模様から模様をつくるべからず」という信条のもと、既成の模様によらず、独自の模様を創案することに情熱を注ぎました。また造形による美の表現にも着目し、作者自身が成形することの重要性を説きました。陶芸の近代化を牽引した作家の一人です。

◆本展のみどころ
1.新収蔵品21件をお披露目
昨年度、新たに富本憲吉の作品21件が奈良県立美術館に寄贈されました。本展はこれらの作品のお披露目となり、さらに厚みを増した富本作品コレクションを鑑賞いただけます。
2.奈良県が生んだ巨匠の歩みを振り返る
富本はなぜ「日本近代陶芸の巨匠」と呼ばれるのでしょうか。明治から大正、そして昭和へ。時代の変遷とも照らしながら、彼の歩みを振り返ります。
3.奈良県立美術館以外のコレクションからも多数の出品協力の元、富本作品の魅力を余すところなく紹介予定です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年6月29日(土)〜2019年9月1日(日)
会場奈良県立美術館 [MAP]
住所 奈良県奈良市登大路町10-6
時間 9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
7月16日、8月13日
※ただし7月15日と8月12日は開館
観覧料 一般 400円(300円)
大・高生 250円(200円)
中・小生 150円(100円)
  • ※( )内は団体料金(20人以上)
    ※次の方は会期中無料で観覧できます
    ・教職員に引率された奈良県内の小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒
    ・身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1人
    ・65歳以上の方
    ・外国人観光客、留学生
    ※毎週土曜日、小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒は無料で観覧できます
TEL0742-23-3968
URLhttp://www.pref.nara.jp/11842.htm

奈良県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

奈良県立美術館 奈良県立美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 講演会
「富本憲吉の遺品写真からみる、制作と暮らし」
講師:森谷美保氏
(実践女子大学・学習院大学非常勤講師)
日時:7月21日(日)14時~(約90分)
場所:奈良県立美術館1Fレクチャールーム
(80席・先着順)

◆ 美術講座「富本憲吉の模様と形」
講師:飯島礼子(奈良県立美術館主任学芸員)
日時:8月18日(日)14時~(約90分)
場所:奈良県立美術館1Fレクチャールーム
(80席・先着順)

◆ 奈良県立美術館学芸員によるギャラリートーク
日時:7月6日・20日、8月3日・17日・31日
(いずれも土曜日)14時~・展示室にて

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

※ご招待チケットのお申込みには、会員登録が必要です。ログインの上、ご応募ください。
新規登録はこちらから

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
奈良県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE