美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

映画雑誌の秘かな愉しみ

国立映画アーカイブ

  • 開催期間:2019年9月7日(土)〜2019年12月1日(日)
  • クリップ数:8 件
  • 感想・評価:1 件
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-1
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-2
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-3
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-4
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-5
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-6
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-7
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-8
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-9
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-10
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-11
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-12
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-1
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-2
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-3
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-4
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-5
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-6
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-7
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-8
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-9
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-10
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-11
映画雑誌の秘かな愉しみ 国立映画アーカイブ-12

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら▼

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

明治時代発行の「活動写真界」や、100年前に創刊された「キネマ旬報」創刊号など、貴重な日本の映画雑誌を多数展示!

本年は、現存する日本初の映画雑誌「活動写真界」の創刊(1909年)から110年、そして現在も続く「キネマ旬報」の創刊(1919年)から100年の節目を迎えます。

そこで国立映画アーカイブでは、映画の本をテーマにした「シネマブックの秘かな愉しみ」展(2015年)に続き、映画雑誌の豊かな歴史に焦点を当てた展覧会を開催します。

映画が新しい視覚メディアとして普及し始めた明治末期以来、その発達と歩を合わせながら、広範な話題を提供する総合誌、スターや映画会社のファン雑誌、映画の言論空間となった評論誌、製作や興行の動向を伝える業界誌、そして特定の主題に焦点を絞った専門誌など、あまたの雑誌が生み出されてきました。

ページを開けば、どの時代の雑誌の誌面にも、映画に対する読者の愛情と書き手の情熱、そして編集者たちの志を認めることができるでしょう。

インターネットの普及が情報伝達のあり方を大きく変えた今日、映画雑誌は転機を迎えています。しかし、長い年月の中で培われてきた映画雑誌の役割やスタイルは、様々な変遷を経ながら、今も確実に生き続けています。

この展覧会では、明治・大正期から近年まで、多種多様な日本の映画雑誌を展示します。先人たちが情熱を傾け、試行錯誤しながら積み重ねてきた映画雑誌の歴史に触れることで、多くの方々が映画の愉しみを再発見する機会となれば幸いです。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年9月7日(土)〜2019年12月1日(日)
会場国立映画アーカイブ 展示室(7階)Google Map
住所 東京都中央区京橋 3-7-6 [MAP]
時間 11:00〜18:30(最終入場時間 18:00)
  • 毎月末金曜日は11:00~20:00
    (最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
9月23日(月・祝)~30日(月)は休室
観覧料 一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)
シニア、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
  • ※料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含む
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものを要提示※国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)の提示で1回に限り団体料金が適用されます
    ※2019年11月3日(日・祝)「文化の日」は、展示を無料で観覧できます
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.nfaj.go.jp/

国立映画アーカイブの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立映画アーカイブ 国立映画アーカイブ

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

※ご招待チケットのお申込みには、会員登録が必要です。ログインの上、ご応募ください。
新規登録はこちらから

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価REVIEWS

20代からしたら異世界

3

今とは異なる映画ポスターや雑誌だか、今のものと通ずるところも見られた。
当時のカメラや白黒の映像はかえって新鮮さもあった。
個人的に一番良かったのは、南極観測隊の白黒の映像だ。当時の人もペンギンのことをかわいいと思っていたのだろうか

BY tndmn1

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都中央区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE