美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」

国立歴史民俗博物館

  • 開催期間:2019年7月30日(火)〜2019年9月8日(日)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:2 件
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-2
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-3
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-4
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-5
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-6
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-7
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-8
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-9
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-10
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-11
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-2
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-3
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-4
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-5
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-6
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-7
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-8
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-9
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-10
特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」 国立歴史民俗博物館-11

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

江戸時代は、妖怪や幽霊などの怪異譚や図像の収集が流行し、それらを可視化した絵本や錦絵なども大量に生産されました。

幽霊を扱った歌舞伎や見世物では怪異を恐れる気持ちと楽しむ心理が表裏一体となっており、草双紙や妖怪絵本に描かれる妖怪たちは、今日のサブカルチャーにも通じるキャラクター化がなされているともいわれています。

また幕末には妖怪表現は風刺画を示唆するコードでもありました。

このように怪異表現は江戸の文化を特色づける主要な要素のひとつであるとともに、現代日本文化の淵源を考える材料のひとつでもあります。

国立歴史民俗博物館は、「怪談・妖怪コレクション」をはじめとする国内有数の妖怪、幽霊等の絵巻や錦絵等の資料を所蔵していますが、2001年の企画展示「異界万華鏡」、2009年の機構連携展示「百鬼夜行の世界」以外ではまとまって展示する機会を設けてきませんでした。

今回の特集展示では、主として江戸時代後期における怪異表現を、博物学的関心による図像収集、絵双六などの遊び、見世物や演劇などの興行、錦絵の武者絵や風刺画など、江戸文化の多様な諸相の中で紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年7月30日(火)〜2019年9月8日(日)
会場国立歴史民俗博物館Google Map
住所 千葉県佐倉市城内町117 [MAP]
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
月曜日が祝日にあたるときは開館し、翌日休館
※8月12日(月)は臨時開館
観覧料 一般 600円(350円)
大学生 250円(200円)
高校生以下 無料
  • ※( )内は20人以上の団体料金
    ※学校団体の場合、引率の先生は無料
    ※身体障害者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です
    ※くらしの植物苑についてはこちらをご覧ください
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.rekihaku.ac.jp/

国立歴史民俗博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立歴史民俗博物館 国立歴史民俗博物館

感想・評価REVIEWS

国内有数、怪談・妖怪コレクション厳選100点展示

5

豊国、歌麿から国貞、国芳更に芳艶、芳員、貞秀、芳年等の浮世絵多数展示。更に目玉の百鬼夜行図、こちらは室町期の重文真珠庵本に次ぐ古い作品だそうです。作者は駿河台狩野家の祖、狩野益信、数ある百鬼夜行絵巻の中でも名品です。

BY TK

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

~もののけの夏~

5

今回、初めての歴博+特集展示~もののけの夏~を拝見して参りました。
特集展示スペースは、あまり大きくは無かったのですが、怖いというよりかは、何とも愛くるしい妖怪さん達にお目にかかれて、ほっこり癒されました。
お土産にセルフスタンプ絵葉書[無料]と妖怪柄の手ぬぐいを購入。
他の展示と合わせて見ましたが、とても充実した内容でした*°

BY jap1783

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
千葉県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE