EXHIBITION

大浮世絵展
―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演

福岡市美術館

  • 開催期間:2020年1月28日(火)〜2020年3月22日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:2 件
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-2
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-3
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-4
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-5
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-6
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-7
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-8
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-9
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-10
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-11
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-12
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-13
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-14
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-15
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-16
喜多川歌麿「婦女人相十品ポペンを吹く娘」江戸時代/寛政4-5年(1792-3)頃、大判錦絵、
メトロポリタン美術館蔵 Image Copyright ©The Metropolitan Museum of Art / Image source: Art Resource, NY
展示期間:2020年2月11日~3月1日(福岡会場)
喜多川歌麿「難波屋おきた」江戸時代/寛政5年(1793)頃、大判錦絵、
ミネアポリス美術館蔵 Photo:Minneapolis Institute of Art
展示期間:2020年1月28日~2月24日(福岡会場)
東洲斎写楽「3代目大谷鬼次の江戸兵衛」江戸時代/寛政6年(1794)5月、大判錦絵、
シカゴ美術館蔵 Photography © The Arts Institution of Chicago/Image source: Art Resource, NY
展示期間:2020年1月28日~3月22日(福岡会場)
東洲斎写楽「市川鰕蔵の竹村定之進」江戸時代/寛政6年(1794)5月、大判錦絵、
ボストン美術館蔵 Photograph ©2019 Museum of Fine Arts, Boston
展示期間:2020年1月28日~3月22日(福岡会場)
東洲斎写楽「4代目岩井半四郎の重の井」江戸時代 / 寛政 6 年(1794)5 月、大判錦絵、
メトロポリタン美術館蔵 Image Copyright ©The Metropolitan Museum of Art / Image source: Art Resource, NY
展示期間:2020年3月3日~3月22日(福岡会場)
葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」江戸時代 / 天保 2-4 年(1831-33)頃、大判錦絵、
ミネアポリス美術館蔵 Photo:MinneapolisInstitute of Art
展示期間:2020年1月28日~2月24日(福岡会場)
葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴」江戸時代 / 天保 2-4 年(1831-33)頃、大判錦絵、
東京都江戸東京博物館蔵
展示期間:2020年2月26日~3月22日(福岡会場)
葛飾北斎「諸国瀧廻り 下野黒髪山きりふりの滝」江戸時代 / 天保 4 年(1833)頃、大判錦絵
中外産業株式会社蔵 原安三郎コレクション
展示期間:2020年1月28日~2月24日(福岡会場)
葛飾北斎「芥子」江戸時代 / 天保(1830-44)初期、大判錦絵、
ミネアポリス美術館蔵 Photo:Minneapolis Institute of Art
展示期間:2020年2月26日~3月22日(福岡会場)
歌川広重「東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪」江戸時代 / 天保 5-7 年(1834-36)、大判錦絵、
ミネアポリス美術館蔵 Photo:Minneapolis Institute of Art
展示期間:2020年1月28日~2月24日(福岡会場)
歌川広重「東海道五拾三次之内 庄野 白雨」江戸時代 / 天保 5-7 年(1834-36)頃、大判錦絵、
東京都江戸東京博物館蔵
展示期間:2020年2月26日~3月22日(福岡会場)
歌川広重「名所江戸百景 亀戸梅屋舗」江戸時代 / 安政 4 年(1857)11 月、大判錦絵、
東京都江戸東京博物館蔵
展示期間:2020年1月28日~2月24日(福岡会場)
歌川広重「月に雁」江戸時代 / 天保(1830-44)頃、中短冊判錦絵、
ミネアポリス美術館蔵 Photo:MinneapolisInstitute of Art
展示期間:2020年2月26日~3月22日(福岡会場)
歌川国芳「相馬の古内裏」江戸時代 / 弘化 2-3 年(1845-46)、大判錦絵 3 枚続
展示期間:2020年2月26日~3月22日(福岡会場)
歌川国芳「宮本武蔵の鯨退治」江戸時代 / 弘化 4 年(1847)頃、大判錦絵 3 枚続
展示期間:2020年1月28日~2月24日(福岡会場)
歌川国芳「其まヽ地口猫飼好五十三疋」江戸時代 / 嘉永元年(1848)頃、大判錦絵 3 枚続
展示期間:2020年1月28日~2月24日(福岡会場)
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1
大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 福岡市美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1964年10月、先の東京オリンピックに合わせて「オリンピック東京大会組織委員会協賛芸術展示 浮世絵・風俗画名作展」が、国際浮世絵学会(当時、日本浮世絵協会)の主催で開催されました。

そして2020年、ふたたび、東京にオリンピックがやってくる時期に、浮世絵の素晴らしさを紹介する展覧会を開催します。

本展は、2014年に開催し、全国3会場で約38万人を集め、浮世絵ブームを作り出した「大浮世絵展」に続く展覧会です。

今回は 浮世絵/Ukiyo-e の歴史の中でも、キラ星のごとく輝いた人気絵師である喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の5人にフォーカスし、国内のほか欧米の美術館、博物館、個人コレクション等から傑作だけを集めました。

歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画、国芳は勇壮な武者絵と機知に富んだ戯画─と、絵師のエッセンスを凝縮した内容は、「誰もが知っており、そして誰もが見たい」ものになっています。ぜひ、本展覧会にご期待ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年1月28日(火)〜2020年3月22日(日)
会場 福岡市美術館 Google Map
住所 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
時間 9:30〜17:30
  • ※夏期(7月~10月)は金・土曜日のみ9:30~20:00
    ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日 
2月25日(火)
※ただし2月24日(月・振休)は開館
観覧料 一般(18歳以上)1,500円(1,300円)
高校生(18歳未満)800円(600円)
小中生 500円(300円)
  • ※( )内は前売りおよび20名以上の団体、満65歳以上の割引料金
    ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料
    ※「一般」には、満18歳以上の高校生、大学生、専修学校生等を含む
    ※本展の一般観覧券で入場できる「国貞三源氏」展にて春画の展示を開催。観覧券購入の際、身分証提示にて年齢確認を行う場合があります
TEL092-714-6051
URLhttps://dai-ukiyoe.jp/

福岡市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

福岡市美術館 福岡市美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

圧巻の競演

喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳と当代の絵師の競演
一堂に見ることができるなんて地方では特に貴重。歌麿の美人画は繊細。写楽の大首絵は、よく見ると彫りが荒い。北斎と広重は風景画など色づかいやデッサン力など比較すると面白い。国芳は、今も通じる漫画の元ですか、昨日、描いたの?と言いたくなるようなキャラクターなど江戸時代の作品なのでした。本当に、どこを取っても盛りだくさんで、鑑賞にも時間が掛かりすぎるほど、じーっと見てしまいます。おすすめです。
2020-2-23鑑賞。現在、新型コロナウイルスの影響により閉館。

THANKS!をクリックしたユーザー
lotus8さん

-

休館になりました…

新型肺炎が心配で展示会に行くのを控えているうちに、しばらく休館になることが決まったようです。
とても行きたかったので、開催日が休館終了後、延長されることを祈ってます…

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
福岡県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE