美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

北海道立函館美術館にて、今後開催予定の展覧会

没後30年 橋本三郎展/生誕100年 鵜川五郎展

開催期間:

※展覧会の内容詳細が分かり次第、当ページ上に追って掲載予定です。

北海道立函館美術館 関連イベント情報EXHIBITION INFO

開催中ミュシャ展 運命の女たち

開催期間:

アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha 1860-1939)は、19世紀から20世紀初頭にヨーロッパで起こった芸術運動アール・ヌーヴォーを代表する画家です。 現在のチェコ共和国モラヴィ...

ミュシャ展 運命の女たち

これまでに北海道立函館美術館で開催された展覧会

会期終了昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ ― 始まりはパリ。展

開催期間:

本展は、日本近代洋画史を語る上で欠かすことのできない二つの美術団体「1930年協会」の...

昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ ― 始まりはパリ。展

会期終了開館30周年記念 ハコビ・グランド・コレクション「文字と記号セレクション」

開催期間:

北海道立函館美術館のコレクションのテーマ[文字と記号の美術]から選りすぐった名品を展...

開館30周年記念 ハコビ・グランド・コレクション「文字と記号セレクション」

会期終了開館30周年 生誕110年記念 金子鷗亭の世界

開催期間:

松前町出身の書家・金子鷗亭(かねこ おうてい)の生誕110年を記念し、その書業を回顧します。 鷗亭は戦後、時代に即した書のあり方「...

開館30周年 生誕110年記念 金子鷗亭の世界

会期終了開館30周年 画家の詩、詩人の絵 ―絵は詩のごとく、詩は絵のごとく

開催期間:

古来、西洋では「絵は黙せる詩、詩は語る絵」といわれてきました。日本でも画賛(がさん...

開館30周年 画家の詩、詩人の絵 ―絵は詩のごとく、詩は絵のごとく

会期終了フランス近代美術をめぐる旅

開催期間:

旅は19世紀前半にドラクロワが描いたエキゾチックな人物像に始まり、ミレーの眼に映る穏やかな農家の光景、印象派の画家達がとらえた光こぼれんばかりのパリの街並み、セザンヌが革...

フランス近代美術をめぐる旅

会期終了文字と記号の織りなす世界+六つのものがたり

開催期間:

函館美術館のをコレクションの柱の一つである「文字・記号に関わる現代美術」の作品群を通して、文字と記号が織りなす表現世界の魅力を...

文字と記号の織りなす世界+六つのものがたり

会期終了道南の風景(常設展示室) / 書にみる風景(鷗亭記念室)

開催期間:

北海道立函館美術館のコレクション作品から 田辺三重松〈駒ケ岳〉制作年不詳 池谷寅一〈函館風景6〉1975年 (以上「道南の風景」) 金...

道南の風景(常設展示室) / 書にみる風景(鷗亭記念室)

会期終了瀬戸英樹展

開催期間:

道南地方の農村や漁村、廃屋の情景などを主題として、極めて細密な描写による、独特な叙情性を持った作品世界を生み出す瀬戸英樹(1940-)。 現在はすべての所属を離れながらもこの函...

瀬戸英樹展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE