美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代

九州国立博物館

  • 開催期間:2019年7月13日(土)〜2019年9月1日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:2 件
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-1
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-2
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-3
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-4
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-5
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-6
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-7
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-8
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-9
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-10
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-11
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-12
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-13
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-14
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-15
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-16
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-1
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-2
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-3
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-4
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-5
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-6
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-7
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-8
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-9
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-10
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-11
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-12
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-13
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-14
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-15
特別展 室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 九州国立博物館-16

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

足利尊氏(たかうじ)を初代将軍とし、15代にわたって続いた室町幕府は、おもに京都の室町に営まれた将軍邸や、その主である将軍を「室町殿(むろまちどの)」と称したことからこの名で呼ばれます。

京都を拠点とする武家政権として誕生し、はじめの60年あまりは朝廷が2つに分裂する南北朝時代、後半期は大名たちが覇権を争う戦国時代に重なります。

日本史を二分するとも言われる大きな変革期にあって、初代尊氏から15代義昭(よしあき)までの歴代将軍は、時代の波に翻弄されながらも、およそ240年にわたり命脈を保ちました。

政治的には決して安定した時代ではありませんでしたが、3代義満(よしみつ)や8代義政(よしまさ)をはじめとする将軍たちは、自らのアイデンティティである武家文化を基本としながら、平安時代以来の伝統をもつ公家文化や東アジアとの交流によってもたらされた大陸文化を積極的に受け容れ、独自の価値観と美の世界を築き上げました。

時の権力者である将軍たちが牽引したことで、そこで享受された芸術文化は多くの人々が追随するものとなり、それは今も日本人の心に適うものとして生き続けています。

本展では、歴代将軍の肖像やゆかりの文化財から、室町幕府の栄枯盛衰と個性あふれる将軍たちの魅力に迫り、彼らが愛し、価値づけた名品を通して、室町時代の多彩な芸術文化を紹介します。

また、尊氏が創建し、将軍家菩提所となった京都・等持院(とうじいん)に伝わる歴代足利将軍の彫像13軀(く)が、寺外で一挙に公開される初めての機会です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年7月13日(土)〜2019年9月1日(日)
会場九州国立博物館Google Map
住所 福岡県太宰府市石坂4-7-2 [MAP]
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
7月16日(火)
※ただし、7月15日(月・祝)、
8月12日(月・休)は開館
観覧料 一般 1,600円(1,400円)
高大生 1,000円(800円)
小中生 600円(400円)

【夜間割引料金】
一般 1,400円
高大生 800円
小中生 400円

  • ※( )内は前売りおよび団体料金(有料の方が20名以上の場合)
    ※夜間開館当日17時以降に九州国立博物館券売所で販売。夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に入場することはできません。
    ※障害者手帳等を持参の方とその介護者1名は無料。展示室入口にて障害者手帳等(*)を要提示
    (*)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、小児慢性疾病医療受給者証
    ※満65歳以上の方は前売り一般料金で購入できます。券売所にて生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)を要提示
    ※小中生、高大生は学生証等を要提示
    ※キャンパスメンバーズの方は団体料金で購入できます。券売所にて学生証、教職員証等を要提示
    ※チケット販売窓口では下記の電子マネー及びクレジットカードが利用できます
    電子マネー(WAON、nanaco、iD、Edy、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、nimoca、はやかけん、SUGOCA、QUICPay)
TEL050-5542-8600 (NTTハローダイヤル) 8:00-22:00/年中無休
URLhttps://www.kyuhaku.jp/

九州国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

九州国立博物館 九州国立博物館

感想・評価REVIEWS

室町将軍の美に着目した展示は新鮮

4

室町幕府の芸術・文化方面のイメージは義満,義政の金閣寺と銀閣寺ぐらいで正直なところどうも印象が薄い部分があった。
だが冒頭で漫画での将軍の紹介があり,簡単に室町将軍について知ることができるので曖昧な記憶の大人にも習っていない子供にもありがたかった。
勘合貿易の印を合わせてみるコーナーや北山大塔の高さと現代の福岡の高層建築とを比べるパネルがなど分かりやすさについても工夫されていたと思う。

歴代室町将軍に通じる美の戦略と権威付けを取り扱っており新鮮な気持ちで見られた。
当時の中国の習慣にならい花押や印が押されているものが多数あり,見比べることができるのも面白い。
当時の配置マニュアルのとおりに書院造の床の間のようなスペースに展示されている展示もあり,ガラスケースに個別に展示されているものとは違った鑑賞ができた。
書や茶道具等が充実だが,数は少ないながらも刀や鎧も重文・国宝のものが展示されており満足度は高い。
ついつい伸ばし伸ばしにして後半になってしまったが展示替えの前にも行きたかったと思う展覧会であった。

BY みほぽん

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

室町将軍像の謎

4

将軍像のない代があったり、肖像画から、入れ替わってる???かもしれないとわかった像があった代など…不思議なことにもワクワク。初代の尊氏像!装束姿でみると、少しタレ目で可愛らしくさえ思える甘めのお顔にちょっと萌え〜(笑)
義満をはじめとした、将軍達文化への美意識の高さをとても感じる特別展でした。

BY lotus8

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
福岡県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE