EXHIBITION

館蔵 中国の陶芸展

五島美術館

  • 開催期間:2019年2月23日(土)〜2019年3月31日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:2 件
館蔵 中国の陶芸展 五島美術館-1
館蔵 中国の陶芸展 五島美術館-2
重要美術品 白釉黒花牡丹文梅瓶 磁州窯 宋時代・12世紀 五島美術館蔵
重要文化財 五彩透彫水注(金襴手) 景徳鎮窯 明時代・16世紀 五島美術館蔵
館蔵 中国の陶芸展 五島美術館-1
館蔵 中国の陶芸展 五島美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

漢時代から明・清時代にわたる館蔵の中国陶磁器コレクション約60点を展観。

戦国時代の計量道具から、唐三彩の壺、宋時代の砧青磁、明時代の青花・五彩まで、時代順に展示し、2000年にわたる中国のやきものの歴史を展望します。

館蔵の日本刀剣約10振も同時公開。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年2月23日(土)〜2019年3月31日(日)
会場五島美術館Google Map
住所 東京都世田谷区上野毛3-9-25
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,000円
高・大学生700円
中学生以下 無料
TEL050-5541-8600 (ハローダイヤル) 03-3703-0661 (テープ案内)
URLhttps://www.gotoh-museum.or.jp/

五島美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

五島美術館 五島美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ ギャラリートーク
「中国陶磁について」
2月27日(水)、3月27日(水)
各日午後2時-3時頃(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館別館講堂
当日入館者聴講無料
椅子席100名先着順

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

3.0

中国陶芸の逸品と春の庭を

源氏物語絵巻や茶道具や文具のコレクションで知られる、上野毛の五島美術館の「館蔵 中国の陶芸展」です。
流石に逸品揃いです。松岡美術館さんの中国陶器も良いですが、質はこちらの方が…。そう思いつつ、なんだか前にも見たような、と、調べてみれば、2014・2015・2017・2018と、みな春のこの短期で見ていました。もしかするともっと前から見ていたかもしれません。すっかり忘れ、感心感動で見ていた自分が情けないです。
今回の第二展示室は、今流行りの刀剣でした。
お庭には春が進行中です。椿、馬酔木、紅梅白梅、サンシュ、ミツマタets(ついでに対面隣家のコブシ大木も見事でした)。そして天気が良ければ眺望も楽しめます。きっとこの企画展の終盤頃には、桜も咲くのでしょうね。
もし徒歩なら、帰りは庭斜面を下って春山荘出口から出れば、ほぼフラットな道を5分弱で二子玉川駅です。美味しいカフェやランチが沢山待っています。元気なら遊歩道を散策しながら更に25分で静嘉堂文庫美術館です。岩崎家のお雛様が見れます。

4.0

中国陶器の歴史がわかる!

美しい陶磁器が年代順と窯別に展示されているのでわかりやすいです。
特に青磁と白磁についてはとてもわかりやすく、窯の特徴も勉強になりました。
いつもの香合番付にでてくるかわいい子たちもいました!

2室では刀剣も展示されているので、刀剣女子にもいいかも!

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE