美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

没後40年 バーナード・リーチ展
-山本爲三郎コレクションより

アサヒビール大山崎山荘美術館

  • 開催期間:2019年3月21日(木・祝)〜2019年6月9日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:2 件
没後40年 バーナード・リーチ展 -山本爲三郎コレクションより アサヒビール大山崎山荘美術館-1
没後40年 バーナード・リーチ展 -山本爲三郎コレクションより アサヒビール大山崎山荘美術館-2
没後40年 バーナード・リーチ展 -山本爲三郎コレクションより アサヒビール大山崎山荘美術館-3
没後40年 バーナード・リーチ展 -山本爲三郎コレクションより アサヒビール大山崎山荘美術館-1
没後40年 バーナード・リーチ展 -山本爲三郎コレクションより アサヒビール大山崎山荘美術館-2
没後40年 バーナード・リーチ展 -山本爲三郎コレクションより アサヒビール大山崎山荘美術館-3

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら▼

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

画家を目指していたバーナード・リーチ(1887-1979)は、日本で陶芸に出合い、その奥深さに魅了されます。また、民藝運動を提唱した柳宗悦や、のちに運動の担い手となる河井寬次郎、濱田庄司と交流を深めました。

日本で作陶を学んだリーチは、濱田を伴い、イギリスのセント・アイヴスで困難の末に窯を築いて同地を拠点とします。以降もたびたび来日し、京都、益子(ましこ 栃木県)などの窯を訪れて作陶を続け、日本やイギリス各地の伝統的な技法を自らの作品にとり入れて昇華させ、近代陶芸を代表する陶芸家となりました。

民藝運動を黎明期から篤く支援したことで知られる、アサヒビール初代社長 山本爲三郎(ためさぶろう)は、生涯にわたりリーチと親交をむすびました。

本展では、山本家から寄贈され、開館以来アサヒビール大山崎山荘美術館の所蔵品の軸である山本爲三郎コレクションを中心に、山本の自邸に建てられ初期民藝運動の拠点となった「三國荘(みくにそう)」や、山本が大阪ロイヤルホテル(現・リーガロイヤルホテル(大阪))に開設した「リーチバー」ゆかりの作品、柳、民藝運動の作家たちとの交流を示す貴重な作品などを含む、約100点を一挙に公開します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年3月21日(木・祝)〜2019年6月9日(日)
会場アサヒビール大山崎山荘美術館 [MAP]
住所 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
5月7日(火)
※ただし、4月29日(月)、5月6日(月)は開館
観覧料 一般 900円(800円)
高大生 500円(400円)
中学生以下 無料
障害者手帳お持ちの方 300円
  • ※( )内は20名様以上の団体の場合
TEL075-957-3123 (総合案内)
URLhttps://www.asahibeer-oyamazaki.com/

アサヒビール大山崎山荘美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

アサヒビール大山崎山荘美術館 アサヒビール大山崎山荘美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 講演会
「バーナード・リーチ 人と作品」
日程:2019年5月12日(日)14:00~15:30
講師:鈴木禎宏氏
(お茶の水女子大学大学院准教授)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館展示室
参加費:無料、別途要入館料
定員:50名、要申込(先着順)
参加受付:返信可能なFAXまたは往復はがきで
(1)参加者全員の氏名
以下、代表者のみ
(2)住所(3)電話番号(4)FAX番号
を記入のうえ、「イベント係」まで
FAX:075-957-3126
※申込は1回につき2名様まで
※対象は中学生以上
※往復はがきの場合は、5月7日(火)必着
※電話・メールによる受付はなし
※定員に達し次第、公式サイトで告知予定

◆ ギャラリートーク
日程:本展覧会中の第2、第4土曜日 14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館展示室
内容:学芸員が本展覧会の見どころを解説
参加費:無料、別途要入館料 ※事前申込不要

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

※ご招待チケットのお申込みには、会員登録が必要です。ログインの上、ご応募ください。
新規登録はこちらから

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価REVIEWS

癒しの展覧会

5

大皿や壺などの大作も、もちろん素晴らしかったのですが、帯留や灰落などの小品も可愛らしく心が癒されました。「リーチバー」ゆかりの作品もあり、行ってみたかったなぁ~と妄想が膨らみました。
桜が散り、緑が鮮やかな庭園を横目に見ながら鑑賞するリーチの作品は本当に素敵でした。

BY tamtam

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

時を越える鳥

5

落ち着いた雰囲気の洋館で眺める控えめだけれども心に馴染む器の数々。手に取ることは叶いませんが、目が撫でるとき、彼の作陶の遍歴のそばにいつも飛んでいた鳥の歌声が聞こえるような気がします。
二点素描が出品されていましたが、陶軸や表装がとても素敵でした。和でも洋でもない滋味を堪能しました。

BY wazwas

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE