美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ
春日明夫コレクション

八王子市夢美術館

  • 開催期間:2019年2月8日(金)〜2019年3月24日(日)
  • クリップ数:10 件
  • 感想・評価:3 件
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-1
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-2
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-3
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-4
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-5
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-6
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-7
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-8
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-9
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-10
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-11
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-12
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-13
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-14
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-15
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-16
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-17
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-18
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-19
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-20
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-1
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-2
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-3
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-4
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-5
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-6
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-7
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-8
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-9
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-10
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-11
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-12
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-13
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-14
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-15
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-16
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-17
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-18
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-19
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 八王子市夢美術館-20

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

チェコと人形との関係は深いものがあり、例えば「人形劇は文化の命綱」とまでいわれるほどです。

チェコは、16世紀から第一次世界大戦までの間、オーストリアのハプスブルク家に支配された歴史があり、プラハなどの都市部では、ゲルマン化のためにチェコ語からドイツ語を使うように強制されました。

しかし、人形劇は民衆の為の娯楽、風俗的なものであったために、危険視されなかったことがチェコ語の禁止を免れ、チェコ語を守るために人形劇が意欲的に上演されたと伝えられています。

つまり、チェコの人々にとって人形劇やその人形は単なる人形玩具というだけではなく、チェコの伝統文化そのものといえるのです。チェコには、世界初の人形を専門に学べる国立大学機関があり、各都市には人形劇専門の劇場があります。

現在のチェコにおいても、祭礼や地域のイベントでは盛んに人形劇が上演され、人形づくりのワークショップもたびたび開かれるなど、伝統的な人形劇を国の文化として継承しています。さらに、人形劇とは別にアートとしての人形を使った表現もチェコならではの展開として見逃せません。

本展では、そうしたチェコの現在の人形文化の一部を、世界の玩具や遊具の研究者である春日明夫氏のコレクションから糸あやつり人形やアート・トイなどの作品を中心に4名の作家を取り上げて紹介するものです。

チェコ在住の佐久間奏多は魅力的な糸あやつり人形やハンドパペットの制作など人形作家の分野の世界で活躍し、日本を中心に世界中にコレクターが存在します。

同じくチェコ在住の林 由未は人形劇の舞台美術家として活動するかたわら、人形劇用の人形も自身で制作し、チェコの国内外で注目されています。

また、どこか暖かみのある造形を感じさせるチェコ人のバーラ・フベナーは糸あやつり人形をはじめ舞台や人形を中心とした造形作家として活躍し、チェコ人のミロスラフ・トレイトナルはそれらの表現に加え、色彩も豊かでユニークな形を持つアート・トイと呼ばれる作品を手掛けている点で特に異彩を放っているといえるでしょう。

展示では、それら4人の作家を中心にコレクション以外の参考作品も一部交えながら約100点以上の作品で紹介します。本展を通じて、現代チェコの人形文化の一端をお楽しみいただければ幸いです。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年2月8日(金)〜2019年3月24日(日)
会場八王子市夢美術館 [MAP]
住所 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
時間 10:00〜19:00(最終入場時間 18:30)
休館日 月曜日 
祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館
観覧料 一般 600円(480円)
学生(小学生以上)・65歳以上 300円(240円)
未就学児 無料
  • ※土曜日は小中学生無料
    ※( )内は15名以上の団体
TEL042-621-6777
URLhttps://www.yumebi.com/

八王子市夢美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

八王子市夢美術館 八王子市夢美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ ギャラリートークA
本展監修者の春日明夫氏とパペットハウス店主の深沢拓朗氏を迎え、会場内を巡りながら実際に作品も動かしつつ、展示作品についてお話しいただきます。
日時:2019年2月16日(土)午後3時~4時
出演:春日明夫(芸術学博士、東京造形大学造形学部・大学院教授)、深沢拓朗(パペットハウス店主)

◆ ギャラリートークB
本展監修者の春日明夫氏を迎え、会場内を巡りながら展示作品についてお話しいただきます。
日時:2019年2月17日(日)、3月3日(日)
午後3時~午後4時
出演:春日明夫(芸術学博士、東京造形大学造形学部・大学院教授)

※各トーク会とも、申込不要、参加費無料(ただし、要観覧料)

感想・評価REVIEWS

チェコに学んだ日本人の若い人形アーティストさんたちの、可愛くてインパクトある作品たちは必見。

4

「ムットーニワールドからくりシアター」を三度見た「夢美術館」が、チェコの糸あやつり人形の展覧会をする??ということで、糸あやつり人形の事もチェコの人形文化の事もあまり知らないながら、出かけて来ました。
私世代ならたぶん、人形芝居と言えば一番に、TVの「ひょっこりひょうたん島」「ネコジャラ市の11人」の「ひとみ座」人形劇が思い浮かぶのではないでしょうか。私はたまたま、子ども劇場親子劇場のかかわりから、割合多くの自演協各人形劇団と出会い交流し、その後もあちこちの農村地域の人形浄瑠璃、文楽、八王子車人形まで、色々と接する機会が多かった方かと思います。でも、これまでは人形芝居を、そのストーリーや人形の動きの中に、あるいは人形を操作する使い手に、アートを見て、注目していただけでした。今回の展覧会は、美術館の側からすればしごく当たり前なのでしょうが、人形そのものが主役でした。チェコの現在の人形文化の一部を、造形大教授で世界の玩具や遊具の研究者の春日明夫氏コレクションから、糸あやつり人形やアート・トイなどの作品を中心に、特に4名の作家を取り上げて紹介されています。お馴染のアニメーション人形ではなく、木を丹念に削って作った糸あやつり人形。アート・トイと言えば日本が十八番のフィギャー、ではなく、チェコの色彩豊かでユニークなアート・トイ。それらが主張する個性が、会場に溢れていました。

ミュシャの「スラブ叙事詩」に語られて知るところの、チェコの地域は、古くから神聖ローマ帝国、オーストリア帝国、 オーストリア・ハンガリー二重帝国、ナチス・ドイツ、ソ連など、周辺の諸勢力の影響や支配を受け続けてきた歴史を持ちます。支配されていた時、様々な文化や言語までも強制されていましたが、そんな中でも人形劇は、民衆の為の娯楽、風俗的なものであったために、危険視されなかったことが、チェコ語の禁止を免れチェコ語を守るために人形劇が意欲的に上演されたと伝えられています。つまり、チェコの人々にとって人形劇やその人形は単なる人形玩具というだけではなく、チェコの伝統文化そのものといえるのでしょう。チェコには、世界初の人形を専門に学べる国立大学機関があり、各都市には人形劇専門の劇場があるそうです。現在のチェコにおいても、祭礼や地域のイベントでは盛んに人形劇が上演され、人形づくりの… Read More

BY ぷーりっちゅ

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

メインは日本人作家さんの作品でした(笑)

4

「チェコの」ということだったので、外国の昔からの作品の展示なのかと思っていましたが、日本人でチェコで修業をした方の作品がメインでした。
とってもかわいらしい作品で、展示解説がなければチェコの伝統的作品なのかと思うくらいでした。
実際に動かしている映像もながれていたりするので楽しかったです。

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

楽しかったです

4

予備知識なく観に行きましたが、日本人作家さんもいらっしゃるんですね。佐久間奏多さんの作品はデザインがとてもおもしろくワクワクしました。ミロスラフ・トレイトナルさんの作品は、チェコの人形のイメージとは違って、ポップで楽しかったです。実際の人形劇も観て観たいです。

BY kotokotoako

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都八王子市で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE