美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特別展 新・桃山の茶陶

根津美術館

  • 開催期間:2018年10月20日(土)〜2018年12月16日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:1 件
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-1
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-2
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-3
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-4
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-5
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-6
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-7
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-1
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-2
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-3
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-4
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-5
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-6
特別展 新・桃山の茶陶 根津美術館-7

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

信楽・備前・伊賀の大胆な篦目(へらめ)と歪み、志野の白釉に浮かぶ力強い鉄絵、織部の多彩な形と爽快な釉薬の掛け分け、そして唐津の自由な文様表現。

16~17世紀初頭に作られたこれら「桃山の茶陶」は、唐物にはない和物茶陶ならではの魅力に溢れ、日本を代表するやきもののひとつとなっています。

根津美術館では平成元年(1989)に、このような桃山の茶陶を紹介する展覧会を開催しました。それからおよそ30年の間に研究が進み、中でも最も大きな発見は京都三条瀬戸物屋町と、それを営んだ商人たちの存在でした。

やきものを求める顧客の変化と増大を背景に新たな流通ルートが作られたことにより、現代の私たちが見ても斬新なデザイン性の高い茶陶が誕生したことがわかってきました。

本展覧会では「生産」と「流通」という観点から、京都で出土した資料とともに伝世の茶道具を展示して、最新の桃山の茶陶の世界をご覧いただきます。

◆同時開催展
展示室5「手鑑」
展示室6「茶人の正月ー開炉ー」

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年10月20日(土)〜2018年12月16日(日)
会場根津美術館Google Map
住所 東京都港区南青山6-5-1
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,300円
学生 1,000円
  • ※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料
TEL03-3400-2536
URLhttp://www.nezu-muse.or.jp/

根津美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

根津美術館 根津美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

こんな陶器の町があったことにびっくり!

4

京都に昔あった、陶器町遺跡(?)から出土した作品がたくさん展示されているというのが、ちょっと興味があって見に行ってきました。
普通の「桃山時代の陶器」のほかに、当時、窯元から流通に至るまでにどのように流れて行ったのか、ということや、遠く離れた地域で同じ柄の陶器が出土している面白さ、一見織部とおもったら実は全く違う陶器、とか、知らなかったことがたくさんあってとても勉強になりました。
しっとりした大人向けの展覧会(基本、器しかないと思った方が。。)ので
若い方よりは年配の方向けかもしれません。

BY sasaneko0211

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE