美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

うるわしき美人画の世界
―木原文庫より―

岩手県立美術館

  • 開催期間:2018年6月30日(土)〜2018年8月19日(日)
  • クリップ数:1 件
うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より― 岩手県立美術館-1
うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より― 岩手県立美術館-2
うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より― 岩手県立美術館-3
うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より― 岩手県立美術館-4
うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より― 岩手県立美術館-1
うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より― 岩手県立美術館-2
うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より― 岩手県立美術館-3
うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より― 岩手県立美術館-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

本展は、埼玉県在住の木原眞人氏が所蔵する近代日本画コレクション「木原文庫」の魅力を紹介する展覧会です。

木原氏は、少年期より近世・近代の文学に親しみ、職を得た後に、この時代の文学者の書跡や資料を収集し始めました。やがて日本画の線描の精妙さ、美しさに惹かれ、近代日本画、とりわけ美人画を多く収集するようになり、それが「木原文庫」と称されるようになりました。

第1部では木原文庫の粋である美人画の数々を紹介します。江戸情緒を色濃く残す繊細な女性表現を得意とした鏑木清方(かぶらききよかた)や、大阪で活躍し、艶麗な美人画で知られた女流画家の島成園(しませいえん)の作品を中心に、江戸期から昭和期に至るさまざまな美人画を紹介しつつ、日本画における女性表現の魅力を探ります。

また、木原文庫には美人画のみならず、近代日本画の優品も多く含まれています。第2部として、明治、大正期の日本画の名手として知られる 横山大観、竹内栖鳳 、冨田溪仙らの風景画や花鳥画などにより、彼らが形成した近代日本画の大きな流れを辿ります。

なお、木原氏は実は岩手とは縁の深い人物でもあります。今回、東北では初めて木原文庫を紹介する機会となりますが、木原氏が「第二の故郷」とする盛岡での本展開催にあたり、未公開の絵画作品や文学資料、そして刀剣なども特別にご出品いただきます。

コレクションから選りすぐりの約100点の作品を通じ、コレクターの美意識に触れながら、上品で優美な「木原文庫」の世界をご堪能ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年6月30日(土)〜2018年8月19日(日)
会場岩手県立美術館 [MAP]
住所 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
時間 9:30〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
7月17日(火)
※7月16日、8月13日は開館
観覧料 一般 1,100円(900円)
高校生・学生 600円(500円)
小学生・中学生 400円(300円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金
    ※指定プレイガイドおよびコンビニエンスストアで6月29日まで前売券を販売
    ※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は割引あり
    ※生協組合員カードを提示される組合員およびそのご家族は団体料金で観覧可
TEL019-658-1711
URLhttp://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20180630.html

岩手県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

岩手県立美術館 岩手県立美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岩手県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE