美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

「暁斎一門が描く イキイキ生き物たち」展

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館

  • 開催期間:2018年7月1日(日)〜2018年8月25日(土)
  • クリップ数:2 件
「暁斎一門が描く イキイキ生き物たち」展 公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館-1
「暁斎一門が描く イキイキ生き物たち」展 公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

幕末から明治前半に活躍した絵師・河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)とその一門が描いた作品から、動物を題材にした掛軸や下絵、錦絵など約40点を展示。

また、同時開催の特別展(第32回 かえる展)では、「かえる友の会」会員の収集したカエルグッズが集合。

◆河鍋暁斎(かわなべきょうさい 1831年(天保2年)5月18日-1889年(明治22年)4月26日)

「浮世絵師」か「狩野派絵師」か、評価の分かれる絵描きといわれ、浮世絵、狩野派双方の素地を持つ。暁斎は、幕末の混沌、明治維新、文明開化と大きく揺れ動いた時代にあっても、縦横に作品を生み出していった、生来の「絵師」であった。

注文とあれば来るもの拒まず、真面目な仏画から顔を背けるような残酷場面、笑いをさそう風刺画まで、あらゆるジャンルを描き尽した。それは、狩野派、浮世絵に限らず、伝統的な土佐・住吉派、円山四条派、琳派、文人画、中国画、西洋人体図等々、学べるもの全てを嚢中にした暁斎だからこその画業であったといえる。

暁斎は、1831年(天保2)、現在の茨城県古河市に藩士・河鍋記右衛門の次男として誕生し、数え年2歳で父が幕府の定火消同心(じょうびけしどうしん)甲斐氏を継いだため家族ともども江戸へ出て以後、1889年(明治22)に亡くなるまで、江戸・東京で活躍した。

暁斎の弟子に、実子の暁雲(明治41年頃没)、暁翠(1868~1935)のほか、明治14年から入門し、親密な師弟関係を結び“Paintings and Studies by Kawanabé Kyōsai”(1911年)を著した英国人建築家ジョサイア・コンドル、絵描きとして昭和まで活躍した真野暁亭、女子の美術教育に携わった島田友春、暁斎・暁翠二代の弟子となった綾部暁月、錦絵も描いた早川松山、起立工商会社の下絵描きなどをした荒木白雲らがいる。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年7月1日(日)〜2018年8月25日(土)
会場公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館Google Map
住所 埼玉県蕨市南町4-36-4 [MAP]
時間 10:00〜16:00
休館日 木曜日 
毎月26日~末日
観覧料 一般 600円
中~大学生 500円
小学生以下 300円
団体要予約(20名以上、割引有)
TEL048-441-9780
URLhttp://kyosai-museum.jp/

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館 公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
埼玉県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE