公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館 Kawanabe Kyosai Memorial Museum

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館についてABOUT Kawanabe Kyosai Memorial Museum

河鍋暁斎記念美術館(かわなべきょうさいきねんびじゅつかん)は、幕末から明治前半にかけて活躍した日本画家・河鍋暁斎とその一門の顕彰を目的として、1977年(昭和52年)に埼玉県蕨市にある、館長 河鍋の自宅を改装して開館した。

所蔵作品は3,300点にものぼり、肉筆・版画の完成作品から作家研究には欠かせない下絵・画稿、さらに版本・挿絵本まで所蔵・展示している。また、ミュージアムショップも併設されており、図録、復刻本や関連書籍、オリジナルグッズなども充実している。

河鍋暁斎は、「浮世絵師」か「狩野派絵師」か、評価の分かれる絵描きといわれ、浮世絵、狩野派双方の素地を持つ。暁斎は、幕末の混沌、明治維新、文明開化と大きく揺れ動いた時代にあっても、縦横に作品を生み出していった、生来の「絵師」であった。

注文とあれば来るもの拒まず、真面目な仏画から顔を背けるような残酷場面、笑いをさそう風刺画まで、あらゆるジャンルを描き尽した。それは、狩野派、浮世絵に限らず、伝統的な土佐・住吉派、円山四条派、琳派、文人画、中国画、西洋人体図等々、学べるもの全てを嚢中にした暁斎だからこその画業であったといえる。

暁斎は、1831年(天保2)、現在の茨城県古河市に藩士・河鍋記右衛門の次男として誕生し、数え年2歳で父が幕府の定火消同心(じょうびけしどうしん)甲斐氏を継いだため家族ともども江戸へ出て以後、1889年(明治22)に亡くなるまで、江戸・東京で活躍した。

暁斎の弟子に、実子の暁雲(明治41年頃没)、暁翠(1868~1935)のほか、明治14年から入門し、親密な師弟関係を結び“Paintings and Studies by Kawanabé Kyōsai”(1911年)を著した英国人建築家ジョサイア・コンドル、絵描きとして昭和まで活躍した真野暁亭、女子の美術教育に携わった島田友春、暁斎・暁翠二代の弟子となった綾部暁月、錦絵も描いた早川松山、起立工商会社の下絵描きなどをした荒木白雲らがいる。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館
〒335-0003埼玉県 蕨市南町4-36-4  TEL 048-441-9780

利用案内INFORMATION

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館 公式サイトURL
http://kyosai-museum.jp/
所在地
〒335-0003 埼玉県 蕨市南町4-36-4
TEL 048-441-9780
最寄駅
JR京浜東北線 西川口駅(西口)より徒歩20分
開館時間
開館時間 10:00〜16:00
定休日
木曜日 
定休日についての追記事項
毎月26日~末日
年末年始
入館料・観覧料
<通常 企画展開催時>
一般 500円
中~大学生 400円
小学生以下 200円
団体20名以上 400円
美術館友の会 無料
かえる友の会 400円

<特別展開催時>
一般 600円
中~大学生 500円
小学生以下 300円
団体20名以上 500円
美術館友の会 無料
かえる友の会 500円
入館料・観覧料についての追記事項
※学生の方は、学生証をご提示下さい。
※友の会会員の方は、会員証をご提示下さい。
美術館友の会・かえる友の会についてはこちら
※障がい者手帳をお持ちの方は、割引がありますので、ご提示下さい。
※かえる友の会会員の方は「かえる展」は400円でご入館いただけます。
※団体(20名以上)でご来館の場合は、ご予約下さい。(TEL048-441-9780)
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かわなべきょうさいきねんびじゅつかん

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館で開催された展覧会

企画展「暁斎鯉つくし―四季の風物とともに―」展 同時開催・特別展「故・堀田操 寄贈作品展」

企画展「暁斎鯉つくし―四季の風物とともに―」展 同時開催・特別展「故・堀田操 寄贈作品展」

会期終了

会期:

企画展では、四季折々の年中行事や風物を描いた作品と、端午の節句に合わせて暁斎が鯉を...

企画展「《新富座妖怪引幕》完成140年記念 暁斎の妖怪画」展 同時開催・特別展「華やかな『暁斎楽画』の世界―複製本より―」展

企画展「《新富座妖怪引幕》完成140年記念 暁斎の妖怪画」展 同時開催・特別展「華やかな『暁斎楽画』の世界―複製本より―」展

会期終了

会期:

暁斎による《新富座妖怪引幕》は、明治13年(1880)6月30日、銀座にある二見朝隈(ふたみ...

企画展「暁斎・暁翠が描いた年中行事・おまつり」展

企画展「暁斎・暁翠が描いた年中行事・おまつり」展

会期終了

会期:

企画展「暁斎・暁翠が描いた年中行事・おまつり」展では、暁斎や暁翠が描いた四季折々の...

「暁斎の団扇絵―実用と鑑賞―」展 同時開催 特別展「長野千裕 磁器絵付け―暁斎先生のオマージュを中心に―」展

「暁斎の団扇絵―実用と鑑賞―」展 同時開催 特別展「長野千裕 磁器絵付け―暁斎先生のオマージュを中心に―」展

会期終了

会期:

企画展では、暁斎が描いた団扇絵を紹介します。暁斎は肉筆、版画、どちらの団扇絵も描い...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE