美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

名古屋市美術館

  • 開催期間:
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:1 件
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-1
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-2
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-3
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-4
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-5
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-6
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-7
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-8
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-9
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-10
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-11
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-12
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-13
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-14
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-1
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-2
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-3
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-4
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-5
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-6
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-7
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-8
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-9
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-10
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-11
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-12
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-13
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 名古屋市美術館-14

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

スイスの大実業家エミール=ゲオルグ・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画蒐集に情熱を注いだ、傑出したコレクターとして知られています。

17世紀のオランダ派から20世紀の巨匠に至る作品、とりわけ印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、そのコレクションの質の高さゆえ、世界中の美術ファンから注目されています。

本展では、ビュールレ・コレクションからアングル、ドラクロワ、ドガ、マネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、ピカソら著名な作家の作品64点をご覧いただきますが、その内約半数が日本初公開です。

特にモネ、ルノワール、セザンヌといった印象派・ポスト印象派の作家の傑作が含まれています。

ビュールレ・コレクションが、ヨーロッパ以外にまとまって貸し出されたことはほとんどなく、2020年にはチューリヒ美術館に移され、管理されることが決まっています。

本展はビュールレ・コレクションの全貌が日本で見られる最後の機会です。高さ2メートル×幅4メートルの大作モネの《睡蓮の池、緑の反映》は、これまでスイス国外には一度も出たことがありませんでした。この門外不出といわれたモネの傑作「睡蓮」が見られる貴重な機会です。

◎巡回展の感想評価
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション
国立新美術館

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場名古屋市美術館 [MAP]
住所 愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • 毎週金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
9月18日(火)
※8月13日、9月17日、24日は開館
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
大学生 1,000円(800円)
高校生 800円(600円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は20人以上の団体および前売り料金
    ※7月31日(火)から8月31日(金)までの休館日を除く平日(8月13日を含む)は、高校生無料デーを実施。学生証の提示で高校生は無料で観覧できます
    ※身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで当日料金の半額で観覧できます
    ※名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用して来館された方は100円割引
    ※「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用
    ※いずれも他の割引との併用はできません
    ※「至上の印象派展」の観覧券で常設展も観覧できます
TEL052-212-0001
URLhttp://www.art-museum.city.nagoya.jp/buhrle

名古屋市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

名古屋市美術館 名古屋市美術館

感想・評価REVIEWS

モネの睡蓮よりも

4

 名古屋市美術館へ「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」に行ってきました。
 開館は九時半。十時前に美術館のある白川公園に着くと、遠目にもわかる長い行列が出来ていましたが、これは入場券売り場の列。幸い、私はチケット入手済みだったので、すんなり入館できました。
 館内はかなりの人出。もともとそれほど余裕のある空間ではないため、なかなか前へ進めません。特に第1章「肖像画」、第2章「ヨーロッパの都市」のあたりは大変でした。人混みをそっと抜けて、第5章「印象派の人々-ドガとルノワール」から見始めました。チラシの表裏を飾るルノワールの「イレーヌ」も、セザンヌの「赤いチョッキの少年」も立ち止まってゆったり見ることができました。
 最後の、モネの「睡蓮の池、緑の反映」まで見て、コースを逆戻り。行きつ戻りつしながら、各章の空いている作品を順不同で鑑賞しました。
 一時間ほどで館を出て、近くで昼食と所用を済ませたあと、十六時過ぎに再入場しました。
 午前と比べると、館内は随分空いています。もう一度、第一章から順に見てまわりました。
 印象に残ったのは、展示順に、アングル「アングル夫人の肖像」、ドガ「ピアノの前のカミュ夫人」、モネ「ジヴェルニーのモネの庭」、ルノワール「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」、ゴッホ「花咲くマロニエの枝」。
 今回のモネの睡蓮は、傑作だと見聞きするのですが、展示されている場所が狭く、写真撮影する人が多いせいか、あまり愉しめず、さほど印象にも残りませんでした。


BY asayu33

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE