美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

めがねと旅する美術展 紹介画像-1
めがねと旅する美術展 紹介画像-2

めがねと旅する美術展

青森県立美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
戦後から現代に至る目覚ましいサイエンス、テクノロジーの発展とともに変貌してきた視覚表現の軌跡を追う、視覚文化史展
現代は膨大な視覚情報が溢れている時代です。それらを「見る」ための器具として欠かせないのが、「めがね」です。 視力を補うため装置であると同時に、「レンズ」もまた広義の「めがね」として、ミクロ…Read More
  • ※クリップとは?

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

現代は膨大な視覚情報が溢れている時代です。それらを「見る」ための器具として欠かせないのが、「めがね」です。

視力を補うため装置であると同時に、「レンズ」もまた広義の「めがね」として、ミクロやマクロの世界を可視化したり、写真や映像となって、私たちに新しい世界観を提示してくれます。

また、「色めがね」「おめがねにかなう」などの言葉があるように、「めがね」 にはものを見る際のフィルターといった意味が付されることもあります。

本展では、江戸時代後期の日本に視覚の革命を起こした、西洋由来の遠近法やレンズを用いた「からくり」にはじまり、列車や飛行機といった近代交通機関がもたらした新しい視覚、戦後から現代に至る目覚ましいサイエンス、テクノロジーの発展とともに変貌してきた視覚表現の軌跡を追います。

あわせて、人類の普遍的な欲望である「秘められたものを見る」、 「見えないもの見る」ことの試みについても考察します。

本展は、「ロボットと美術」展(2010年度)、「美少女の美術史」展(2014年度)に続く「トリメガ研究所」企画の第3弾、最終章として「めがね」をキーワードに、江戸時代から現代までの「みること」に対する人々の飽くなき探求の営みをたどる視覚文化史展です。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場青森県立美術館 [MAP]
住所 青森県青森市安田字近野185
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※6月1日~9月30日 9:00〜18:00
    (最終入場時間 17:30)
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
高大生 1,000円(800円)
小中学生 無料
  • ※( )は前売・20名以上の団体料金
    ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料
TEL017-783-3000
URLhttp://www.aomori-museum.jp/ja/exhibition/115/

青森県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

青森県立美術館 青森県立美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
青森県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE