美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界

泉屋博古館 分館

  • 開催期間:
  • クリップ数:13 件
  • 感想・評価:5 件
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-1
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-2
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-3
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-4
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-5
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-6
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-7
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-8
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-9
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-10
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-11
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-12
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-1
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-2
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-3
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-4
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-5
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-6
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-7
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-8
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-9
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-10
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-11
うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界 泉屋博古館 分館-12

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

漆工芸は日本を代表する工芸美術であり、古くから日本人の生活を豊かに彩ってきました。金銀の蒔絵や青貝の象嵌、七色に光る螺鈿など独特の美の世界を創造し、愛玩されました。

その中には意匠に古典文学を主題としたものもあり、鑑賞に一層の奥行きをもたらしています。匠の精緻な技と洗練された意匠が融合した日本の漆工芸は、まさに世界でも類を見ない独自の美術といえます。

本展では、住友家に伝わった日本、琉球、朝鮮、中国の漆工芸品の中から、茶道具や香道具、そして近代に製作された華やかなおもてなしのうつわをご紹介します。

茶道や香道、能楽などの伝統文化の世界で重用された作品や、京都で作られた雅な会席具や書斎を飾る硯箱など、おもに賓客をもてなす場で使われた華やかな調度を紹介するとともに、文人たちが愛玩した中国や琉球の作品もあわせて展示します。

変化に富んだ華麗な漆の世界をお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場泉屋博古館 分館 [MAP]
住所 東京都港区六本木1丁目5番地1号
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※企画により変更があります
休館日 月曜日 
※7月16日(月)は開館
観覧料 一般 800円
高大生 600円
中学生以下無料
  • ※団体(20名以上)2割引
    ※障がい者手帳呈示の方は無料
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

泉屋博古館 分館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

泉屋博古館 分館 泉屋博古館 分館

感想・評価REVIEWS

こういう世界もあるのだなと

3

はっきり申し上げると、パンフレットの画像が一番美しかったです。照明があまり明るくないこと空間もせまいこと。気に入ったものも有りましたが、ご招待じゃなかったらちょっと・・・。お客様の中には着物を着てらっしゃる、恐らくお茶関係の方や趣味か何かでメモを取りながら勉強されている方でした。所要時間は20分くらいでしょうか。とても空いていました。いい経験になりました。

BY ねい

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

濃厚さはまさに”漆黒”

4

住友コレクション中から、煌びやかでありながらスタイリッシュな漆工芸品を中心に紹介する企画展です。

独自の進化をした日本の漆工芸の数々の技とその歴史を堪能できる作品とともに、漆器の元祖たる中国や日本と同様に独自の漆文化を持つ琉球の作品なども展示されており、漆工芸の縦横の広がりを楽しむことができます。

個人的には、葉や雄しべを銀粉、花弁を金粉で可憐に彩った原羊遊斉の『椿蒔絵棗』、トンボと桜という異色なテーマながらこれでもかという程の装飾と技術を詰め込んだ『蜻蛉枝垂桜蒔絵香箱』、中国皇帝の色である黄色の堆黄を施された”琥珀色”の『龍図堆黃盆』、ハラハラと舞い落ちる羽毛を細密に蒔絵で表現した柴田是真の『軍鶏蒔絵文箱』が印象的でした。

展示作品数は70点と比較的少ないですが、1つ1つの作品の密度の濃さに時間を忘れる展示会でした。

ただ、作品の解説が専門的で初心者を突き放していること、だからこそ必要な「漆工技法用語」パネルが入り口にないこと、展示作品の裏側を見せるための鏡がほとんど役立っていないことが残念でした。鏡については拡大鏡などを使ってほしいと思いました。

展示期間が7月16日(月)までですので、興味を持たれた方はお早めに。

BY しゃけトマト

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

とても美しかったです

4

蒔絵や漆の美しさに圧倒されました。
現代のデジタルとは異なる美しさというものを、再認識させられました。

BY takarimiyu

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

とてもわかりやすくおもしろいです

5

いわゆる、蒔絵以外にもいろんな技法のさまざまな作品があり、興味深いです。根津美術館さんも見たあとに、見に行くとますますわかりやすく、一気に蒔絵や漆工芸のファンになります。
ここは分館長さんのトークやギャラリートークもたのしいので、おすすめです。
ぜひ単眼鏡を持参して2軒ハシゴしてみることをオススメします。

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

分かりやすい解説が欲しい

3

住友家に伝わる漆の道具を集めた展覧会。
茶器や香合など、人をもてなすための道具を第一会場で、古代中国や琉球などの古物を第二会場で展示している。
うるし工芸の技法などもいろいろ解説されているが、「研出蒔絵」とか、いささか専門的で、知識のない人には、もう少し分かりやすい解説が欲しかった。

BY oki304

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE