美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

生誕260年記念 心のふるさと良寛

永青文庫

  • 開催期間:
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:1 件
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-1
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-2
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-3
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-4
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-5
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-6
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-1
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-2
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-3
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-4
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-5
生誕260年記念 心のふるさと良寛 永青文庫-6

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

良寛生誕260年を記念し、生涯にわたる遺墨から良寛の人間性・人生観に迫ります。

良寛(1758~1831)は、江戸時代後期の詩歌・書に優れた托鉢僧です。越後出雲崎の名主橘屋の長男として生まれ、一時は名主見習となりますが、18歳で出家し、越後を訪れた国仙和尚に従って備中(岡山県)玉島の円通寺に入りました。

10年余りの修行ののち吉野・高野山・伊勢など諸国を行脚して帰郷、国上山の中腹にある五合庵や乙子神社の草庵に住庵しました。生涯寺を持たず、名利にとらわれぬ生活を送り、清貧の中で生きとし生けるものすべてへの愛を失わず、子どもと戯れ、友と語り、和歌や漢詩を詠み、書に興じた人でした。

そうした良寛の生きざまや遺墨は、いまも多くの人々の共感を呼び、魅了し続けています。本展では日本有数の良寛コレクター秘蔵の作品を中心に、およそ100点から日本人の「心のふるさと」と評される良寛の魅力に迫ります。

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • 前期:4月21日(土)~5月27日(日)
    壮年期を中心として
    後期:5月30日(水)~7月11日(水)
    晩年を中心として
    ※前・後期で大幅な展示替をいたします
会場永青文庫 [MAP]
住所 東京都文京区目白台1-1-1
時間 10:00〜16:30(最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
※但し4/30 は開館し、翌日休館
※5/29(火)は展示替のため休館
観覧料 一般 1,000円(900円)
シニア(70歳以上)800円(700円)
大学・高校生 400円
  • ※( )内は10名以上の団体料金
    ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者1名は無料
    ※リピーター割引:本展会期中、観覧済の半券をご提示いただくと、入館料を100円引きにいたします
    1名様につき1回まで。他割引との併用不可
TEL03-3941-0850
URLhttp://www.eiseibunko.com/

永青文庫の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

永青文庫 永青文庫

感想・評価REVIEWS

良寛さんのお人柄がよくつたわります

4

しっとりとして、やさしい、静かなきもちになれる展覧会です。書のお好きな方がジックリと味わいながら見ておられるので、こちらも静かにゆっくりと拝見してきました。
別館のカフェで、熊本のお菓子をいあだきながらお庭をみて、ゆっくりとすごすこともできるので、オススメです。

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都文京区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE