美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

北海道150年事業 アートギャラリー北海道
「北のさきがけ 道南四都物語」
港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達

北海道立函館美術館

  • 開催期間:2018年4月28日(土)〜2018年6月13日(水)
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-1
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-2
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-3
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-4
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-5
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-6
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-7
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-8
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-9
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-1
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-2
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-3
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-4
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-5
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-6
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-7
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-8
北海道150年事業 アートギャラリー北海道 「北のさきがけ 道南四都物語」港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達 北海道立函館美術館-9

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「アートギャラリー北海道」は、本道が「北海道」と命名されてから150年目となる2018年を契機として、全道様々な地域に点在する、先人から受け継いだ優れた芸術作品や文化資産を紹介し、次世代への継承、美術館の魅力を発信する事業です。道内の美術館がネットワークでつながり、双方向でアートを紹介・発信することにより、北海道全体がアートの舞台となることを目指します。

北海道150年と日本遺産認定北海道第1号・・・
今年、北海道は命名から150年を迎えます。道南の江差・松前・函館は、昨年、それぞれに日本遺産認定北海道第1号になりました。

この機会に、北前船交易で栄えた港町・江差、最北の城下町・松前、幕末の開港地・函館、明治の開拓地・伊達の四都市と連携し、自治体ならびに地域の民間、個人が所蔵するすぐれた文化財を展示します。

◆《松寳丸》が函館にやってくる!
江戸時代以来の歴史を誇る、江差町の姥神大神宮渡御祭(8月9日~11日)。1年に1回、この祭礼でしか眼にすることのできない山車《江差町姥神大神宮祭礼山車松寳丸》が公開されます。高さ約7mの豪華な山車を、ご覧ください(全期間展示)。

◆近世の名作屏風が一堂に!
4月28日(土)~5月13日(日)
《洛中洛外図屏風亘理伊達本》、小玉貞良《松前屏風》、《江差屏風》。普段は伊達市、松前町、函館市に分かれて所蔵されている近世の名作屏風3点を、当館で一度にご覧いただきます。3点揃って鑑賞できるのは、この2週間だけ。見逃せません!

◆幕末のイケメンが勢ぞろい!
5月15日(火)~6月13日(水)
北海道150年の今年は、実は「箱館戦争150年」。今でも女性ファンの根強い人気を誇る土方歳三の肖像など、貴重な古写真を一堂に展示します。

◆蠣崎波響特集:前・後期で6点ずつ
松前藩家老にして、絵師としても名高い蠣崎波響。松前町と北海道立函館美術館のコレクションにより、蠣崎波響作品11点に大西椿年《蠣崎波響肖像》を加え、前・後期で6点ずつご覧いただきます。
※前期(4月28日~5月13日)、後期(5月15日~6月13日)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年4月28日(土)〜2018年6月13日(水)
  • 前期:4月28日(土)~5月13日(日)
    後期:5月15日(火)~6月13日(水)
会場北海道立函館美術館 [MAP]
住所 北海道函館市五稜郭町37-6
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
ただし、4/30は開館、5/1(火)休館
観覧料 一般 920円(720円)
高大生 610円(410円)
小中生 300円(200円)
  • ※( )内は前売・リピーター割引および10名以上の団体料金
    ※「ミュージアム・コレクション春・夏」と同時観覧の場合
    一般 1,030円(930円)
    高大生 670円(520円)
    ※小・中・高校生は学校の教育活動(引率者含む)で利用する場合、観覧料を免除
    ※リピーター割引=北海道立函館美術館又は他の道立美術館で開催された特別展の半券の提示により、特別展のチケット1枚が割引(半券1枚につき、1回限り有効。半券の有効期限、当該半券の展覧会の会期の最終日から1年間)
    ※親子割引=親子等でご観覧の方は各50円引き
    ※函館市電・函館バスの1日乗車券、五稜郭タワー乗車券半券を提示の方は、一般100円引き、小中高大生50円引き
TEL0138-56-6311
URLhttp://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hbj/

北海道立函館美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

北海道立函館美術館 北海道立函館美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
北海道で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE