美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特別展 江戸の戯画
-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで

大阪市立美術館

  • 開催期間:
  • クリップ数:11 件
  • 感想・評価:3 件
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-1
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-2
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-3
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-4
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-5
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-6
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-7
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-8
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-9
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-10
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-11
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-12
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-13
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-14
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-1
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-2
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-3
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-4
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-5
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-6
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-7
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-8
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-9
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-10
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-11
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-12
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-13
特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 大阪市立美術館-14

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

太平の世が続いた江戸時代には、多くの戯画(ぎが)が描かれました。一口に戯画といっても多種多様なものがありますが、本展では「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画をご紹介します。

鳥羽絵は、広く戯画や漫画を指す言葉として使われることもありますが、より限られた意味では、18世紀に大坂を中心に流行した軽妙な筆致の戯画を指します。

そこに描かれる人物は、目が小さく、鼻が低く、口が大きく、極端に手足が細長いという特徴を持ち、その名は国宝「鳥獣人物戯画」の筆者と伝えられてきた鳥羽僧正覚猷(とばそうじょうかくゆう)に由来するものとされます。

鳥羽絵は、18世紀の大坂で鳥羽絵本として出版され、その人気は近代にまで及びました。また、上方に留まらず、江戸の浮世絵などにも影響を与えています。

鳥羽絵を洗練させたとされる大坂の「耳鳥斎(にちょうさい)」はもちろん、鳥羽絵本の影響を受けたと考えられる江戸の「北斎(ほくさい)」や「国芳(くによし)」、そしてその流れをくむ「暁斎(きょうさい)」など、時代や地域により変化しながらも、笑いの感覚は脈々と受け継がれてきました。

本展では、そのような流れを追いつつ江戸時代の戯画のエッセンスをご覧いただきます。また、歌川国芳の「金魚づくしシリーズ」全9点がそろうのも見どころの一つです(前期のみ)。 笑いを文化として発展させてきた大阪の地で、多彩な笑いの世界を紹介します。(出品予定作品:約280件)

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • 前期:4月17日(火)~5月13日(日)
    後期:5月15日(火)~6月10日(日)
    ※会期中展示替えあり
会場大阪市立美術館 [MAP]
住所 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※4月30日(月)、5月1日(火)は開館
※災害などにより臨時で休館となる場合あり
観覧料 一般 1,400円(1,200円)
高大生 1,000円(800円)
  • ※( )内は前売券と20名以上の団体料金
    ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
    ※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です
    ※前売券は平成30年4月16日(月)まで販売
    ※チケットは、チケットぴあ(Pコード:768-816)、ローソンチケット(Lコード:56475)、セブンチケット、イープラス、阪神プレイガイド、近鉄駅営業所ほか、京阪神の主要プレイガイド、コンビニエンスストアで購入可
TEL06-4301-7285 (大阪市総合コールセンター)
URLhttp://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/edonogiga

大阪市立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

大阪市立美術館 大阪市立美術館

感想・評価REVIEWS

笑いがたくさん

5

とても楽しい展覧会でした。歌川国芳さん目当てだったのですが、今回、国芳さん作品に限らず、どの作品も本当にイキイキしていて思わず笑みが出てしまうほど。大阪で活躍した方々の作品もたくさんあったし、笑いもたくさんで大阪ならではの展示!という感じで良かったです!!

グッズコーナーも充実していてどれもがかわいらしく私のお財布事情がよろしければあれもこれも欲しかったわーと後ろ髪引かれながらの退散でございました・・・

BY gosadol

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

世界初、歌川国芳の「金魚づくし」シリーズ9作品一挙公開

5

展示替え前の5月13日まで世界初、歌川国芳の「金魚づくし」シリーズ
9作品が一挙に公開されるということで駆け込みで出かけてきました。
館内はやや混みあっており、作品に旧かな文字で書かれている文言を
読み解きたい方も多いのもあって、作品前には数珠つなぎに人が列を
なしている場所もあったが、空いている作品から見たり、少し待てば
間近で見ることができて大満足。歌川国芳の作品のみならず江戸時代の
戯画が多数展示されていて、昨今流行りの擬人化の元になったのかなぁと
江戸時代に生きた絵師たちの戯画を感慨深く鑑賞させてもらった。
巡回の予定はないようなので迷われている方はぜひ足をお運びください。

グッズコーナーでは金魚づくしシリーズのはがきをまとめて
購入すると割引があったり、なかなか実用的なグッズも
いろいろあったのでこちらもお見逃しなく

BY dropshoot

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

江戸の戯画展行ってまいりました♪

4

元々好きな日本の戯画の作品を沢山拝見できてとても楽しかったです。特に国芳の金魚たちは愛らしくて大好き♪お土産のグッズもたくさん買い込んでしまいました。現代の漫画に通じる洒落のきいた作品の数々は見ていて思わずぷっと噴き出してしまいます。それに今回の展示の成功はベルギーの美術館やたくさんの個人蔵の提供のご協力があってこそと感じました。余談ですが天王寺公園前がきれいに整備されてからこちらに伺ったのが初めてで環境ががらりと変わってとても良いと思いました。

BY rarutosrarutos

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE