美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽

サントリー美術館

  • 開催期間:2018年2月14日(水)〜2018年4月8日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:2 件
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-1
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-2
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-3
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-4
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-5
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-6
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-7
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-8
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-9
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-10
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-1
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-2
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-3
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-4
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-5
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-6
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-7
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-8
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-9
寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽 サントリー美術館-10

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

17世紀初め、江戸幕府が政権を確立すると戦乱の世は終わりを告げ、泰平の時代がおとずれました。時を同じくして文化面でも新たな潮流が生まれます。それが寛永年間(1624~44)を中心に開花した「寛永文化」です。

寛永文化は「きれい」という言葉に象徴される瀟洒な造形を特徴とし、当時の古典復興の気運と相まって、江戸の世に「雅」な世界を出現させることとなりました。

寛永文化の中心は京都にあり、なかでも学問・諸芸に造詣の深かった後水尾院(ごみずのおいん)は、長く絶えていた儀礼や古典文芸の復興に心を尽くしたことで知られています。特に和歌は朝廷を象徴する芸能に位置づけられ、その洗練された優美さを追求する姿勢は、和歌のみならず、多くの美術作品にまで影響を及ぼすこととなりました。

一方、幕府はそうした公家衆の動向に注目し、時には意見を異としながらも、公武間の文化的な交流は盛んに行われました。京都のサロンを主な舞台としたその交流は、さまざまな階層の人々を巻き込み、公家、武家、町衆といった垣根を越えて、新しい時代にふさわしい美意識を醸成し、共有されていったのです。

本展ではこのような近世初期の「雅」を担った宮廷文化と、それと軌を一にして生まれた新時代の美意識が、小堀遠州(こぼりえんしゅう)、野々村仁清(ののむらにんせい)、狩野探幽(かのうたんゆう)などの芸術に結実していく様子をご覧いただきます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年2月14日(水)〜2018年4月8日(日)
  • ※作品保護のため、会期中展示替を行います。
会場サントリー美術館Google Map
住所 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • 金・土は10:00~20:00
    ※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日 火曜日 
※4月3日は18時まで開館
※shop×cafeは会期中無休
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
大学・高校生 1,000円(800円)
  • ※( )内は前売料金
    ※中学生以下無料
    ※障害者手帳をお持ちの方はご本人と介護の方1名様のみ無料
    [チケット販売場所]
    サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)、チケットぴあ:Pコード 768-686(前売・当日券共通)、ローソンチケット:Lコード 32479(前売・当日券共通)、セブンチケット:058-715(前売・当日券共通)、イープラスにて取扱い
    ※プレイガイドでの販売は一般券のみ
    ※前売期間は2017年11月22日(水)から2018年2月13日(火)まで
    ※サントリー美術館受付での前売券販売は2017年11月22日(水)から2018年1月28日(日)までの開館日
TEL03-3479-8600
URLhttps://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2018_1/

サントリー美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

サントリー美術館 サントリー美術館

感想・評価REVIEWS

茶器好きにはたまらない

4

本阿弥光悦の重厚な趣の「赤楽茶碗 銘熟柿」や形・色合いが面白い「膳所光悦茶碗」、小堀遠州ゆかりの”みんな大好き”「油滴天目茶碗 芙蓉台添」や釉薬の厚いコーティングが特徴的な「高取面取茶碗」、野々村仁清のモダンアートのような「白釉円孔透鉢」や色彩豊かな数々の色絵茶碗…茶器特に茶碗に関してはほっぺが落ちそうな企画展です。
ただ、「あれっ?探幽は?「竹林七賢・香山九老図屏風」…だけなの?」、「あっそういえば入り口すぐに「桐鳳凰図屏風」があったっけ。戻るか?はぁ⤵」と狩野探幽についてはまだまだ本気を出していないように感じました。
それでも、後水尾天皇のキュートな指人形や茶目っ気を感じる手鑑の文体、「青磁鳳凰耳花生 銘千声」も観ることができたのでとても楽しく充実した企画展でした。
興味を持たれた方はぜひ観に行かれてはと思います。
茶器好きの方にはとてもおすすめです。

BY しゃけトマト

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

しずかで美しい展覧会です

4

色合いも描かれたものも、特に派手ということもなく、しっとりとしていて、やさしいものが多い感じです。
空間認識をされているともありましたが。余白が美しいというのはこのことなんだと、再認識しました。
仁清の陶器や香合等かわいらしいものもあり、久しぶりに落ち着いてゆっくり見れる展覧会だと思います。

BY sasaneko0211

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE