美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

棟方志功と柳宗悦 紹介画像-1
棟方志功と柳宗悦 紹介画像-2
棟方志功と柳宗悦 紹介画像-3
棟方志功と柳宗悦 紹介画像-4
棟方志功と柳宗悦 紹介画像-5
棟方志功と柳宗悦 紹介画像-6

棟方志功と柳宗悦

日本民藝館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
  • クリップ:3 件
柳宗悦を生涯の師として仰いだ版画家 棟方志功。出会いから柳が没するまでの25年間に柳の眼に叶った棟方の代表的作品を展観
国際的に高い評価を受けている版画家・棟方志功(1903-1975)は、青森県青森市に生まれました。 画家を目指して上京した棟方は、やがて版画を生涯の仕事と定めます。日本民藝館創設者の柳宗悦(1889-1961)…Read More
  • ※クリップとは?

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

国際的に高い評価を受けている版画家・棟方志功(1903-1975)は、青森県青森市に生まれました。

画家を目指して上京した棟方は、やがて版画を生涯の仕事と定めます。日本民藝館創設者の柳宗悦(1889-1961)と棟方の出会いは、1936年4月の国画会会場でした。

柳は棟方の「大和し美し」の買い上げを即決、以来作品の指導監修にあたります。半年後、日本民藝館の開館時には新作「華厳譜」が大広間の壁一面を飾ることになりました。

棟方は柳を生涯の師として仰ぎ、作品が仕上がるたびに持参して意見を求め、彫り直しを命じられても粛々と応えました。一方柳は棟方の作品を活かすべく、表具の考案に熱心に取り組みました。

こうしたやり取りは二人の間に交わされた書簡にも残されており、深い信頼で結ばれた師弟関係を垣間見ることができます。

柳は棟方の仕事を「何か自分以上の力が背後にあって、それが仕事をさせているのを感じているのです」(「棟方と私」1958年)と評しました。これは、美しい工芸品が生まれる道は仏教の「他力道」に基づく、と説いた柳による最上の讃美であると言えましょう。

本展では、出会いから柳が没するまでの25年間、柳の眼に叶った棟方の代表的作品(その多くが柳の装案による師弟の協同作品でもあります)を展観、数十年ぶりの出品となる「海山の柵」「般若心経経文板画柵」、またほぼ初公開となる両人の書簡から、その関係性や思索の相違などを探りつつ、棟方作品の魅力を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • ※会期中、一部展示替えあり
    (前期:1/11~2/12、後期:2/14~3/25)
会場日本民藝館 [MAP]
住所 東京都目黒区駒場4-3-33
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • 会期中の第2水曜、第2土曜、第3水曜、第3土曜
    開館時間10:00~16:30(最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
※祝日の場合は開館し、翌日休館
観覧料 一般 1,100円
大高生 600円
中小生 200円
TEL03-3467-4527
URLhttp://www.mingeikan.or.jp/

日本民藝館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

日本民藝館 日本民藝館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだレビューがありません。
最初のレビューを投稿してみませんか?

レビューを投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都目黒区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE