ラファエル・ローゼンダール:
ジェネロシティ 寛容さの美学

十和田市現代美術館

  • 開催期間:2018年2月10日(土)〜2018年5月20日(日)
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-1
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-2
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-3
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-4
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-5
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-6
Much Better Than This, Times Square Midnight Moment, New York, 2015
Photography by Michael Wells(参考画像)
Photography by Christina Latina
Installation view from Soft Focus, MU foundation, The Netherlands, 2015(参考画像)
Installation view from Nova, Museo Image E Son, Sao Paulo, 2012 (参考画像)
Abstract Browsing 15 05 02 (Gmail), 2015, Jacquard Weaving, 266 x 144 cm. Photo by Don Lewis (参考画像)
Installation view from Haiku, Postmasters, New York, 2015
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-1
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-1
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-1
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-1
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-1
ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 十和田市現代美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ラファエル・ローゼンダールは、インターネット空間を発想と表現の場とする、時代の最前線を走るアーティストの一人です。

カラフルで美しく、かつ思索的でもあるプログラム映像作品を掲載した彼のウェブサイトは、年間5000万のアクセス数を誇っています。また、インターネット空間以外にも、インスタレーション、テキスタイル、レンチキュラーによる絵画作品、そして俳句という言葉の芸術など、さまざまな方法でその世界観を表現してきました。

一方、ローゼンダールの作品は、現代のデジタル化社会における美術作品のありようを検証するものでもあります。ウェブサイト作品はドメイン名に購入者の名前を表示することによって作品の所有者を表しますが、その作品自体は誰でも、世界中のどこからでも、ネットに接続していさえすれば鑑賞できるようになっています。

このような、パブリックとプライベート、また“ 複製技術時代における”アート作品そのものの性質などについての鋭い洞察と回答は、私たちがいままさに経験しはじめている新しい時代のアートを考える上で重要な実践です。

本展は、日本ではもちろん、世界で初めて、ローゼンダールが公的美術館で行う個展となります。十和田市現代美術館の 3つの企画展示室を使い、彼の独創的な芸術世界を、映像インスタレーション、タペストリー、そして俳句の作品で紹介しながら、現代のメディアがインスパイアする創造性を示唆します。

◆ Rafaël Rozendaal ラファエル・ローゼンダール
1980年オランダ生まれ/米国在住。インターネット・アートの代表的存在。シンプルな造形と動き、象徴的な色彩、遊び心に満ちたプログラム映像とインタラクションをウェブ上で発表し、それらを用いたインスタレーションや、絵画、タペストリー作品などを現実の展示空間でも展開してきた。ヴェネツィア・ビエンナーレをはじめとする世界的な国際展への出品、またポンピドゥーセンター(パリ)、ステデリック・ミュージアム(アムステルダム)等、著名な美術館での展覧会多数。中でも、2015年のニューヨーク、タイムズ・スクエアの電光掲示板を使ったインスタレーションは特に有名。日本との関わりも深く、2009年にAITレジデンシープログラム参加を皮切りに、Takuro Someya Contemporary Artでの個展(2010、2016、2017)、カルバン・クラインとのコラボレーションイベント(2012)、「セカイがハンテンし、テイク」(川崎市市民ミュージアム、2013)、茨城県北芸術祭(2016)で作品を発表。彼の俳句作品は2013年の展示をきっかけに始められた。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年2月10日(土)〜2018年5月20日(日)
会場 十和田市現代美術館 Google Map
住所 青森県十和田市西二番町10-9(官庁街通り沿い、消防署となり)
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
月曜が祝日の場合はその翌日
※ただし、2018年2月12日(月)、
4月30日(月)〜5月1日(火)は開館
観覧料 企画展+常設展セット券 1,000円
企画展の個別料金は一般 600円
団体(20名以上) 100円引き
高校生以下無料
TEL0176-20-1127
URLhttp://towadaartcenter.com/exhibitions/rafael-rozendaal-generosity/

十和田市現代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

十和田市現代美術館 十和田市現代美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
青森県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

Much Better Than This, Times Square Midnight Moment, New York, 2015
Photography by Michael Wells(参考画像)

Photography by Christina Latina

Installation view from Soft Focus, MU foundation, The Netherlands, 2015(参考画像)

Installation view from Nova, Museo Image E Son, Sao Paulo, 2012 (参考画像)

Abstract Browsing 15 05 02 (Gmail), 2015, Jacquard Weaving, 266 x 144 cm. Photo by Don Lewis (参考画像)

Installation view from Haiku, Postmasters, New York, 2015

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE