美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

墨と金 狩野派の絵画

根津美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
江戸時代を通じて絵画世界の頂点に立った狩野派。様々な絵画技術を統合した幅広い画風による革新的で豊穣な狩野派の美を紹介
狩野派は、室町時代に興った絵画の流派です。足利将軍の御用を勤め、織田信長と豊臣秀吉にも愛され、さらに徳川家康により幕府御用絵師に取り立てられました。 秩序を重んじる政権のもと、狩野派は江戸…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

狩野派は、室町時代に興った絵画の流派です。足利将軍の御用を勤め、織田信長と豊臣秀吉にも愛され、さらに徳川家康により幕府御用絵師に取り立てられました。

秩序を重んじる政権のもと、狩野派は江戸時代を通じて絵画の世界の頂点に立ち続けることになります。

狩野派の画壇制覇を支えたのは、過去の様々な絵画技術を統合したオールマイティな画風です。狩野派の基本は水墨ですが、中国人画家のスタイルにもとづく既存の様々な水墨画風を整理し、平明な「型」を作りだしました。

レパートリーの拡大を志してやまと絵の彩色法を取り入れ、さらに屏風における金の存在感を強化したのも狩野派です。

「墨と金」という言葉に象徴される、狩野派の絵画の革新的かつ豊穣な美を感じ取っていただける機会といたします。

◆特別催事
茶室で楽しむ椿の花芸 -「百椿図」に寄せて-
2018年2月2日(金)~4日(日)
庭園内の茶室「弘仁亭・無事庵」

花芸安達流・二代主宰 安達瞳子氏による様々な器物を花器に見立てた「百椿図」の再現を紹介。現代の感覚の椿のフラワーアレンジメントも。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場根津美術館 [MAP]
住所 東京都港区南青山6-5-1
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
ただし2月12日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,100円
学生(高校生以上)800円
  • ※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料
TEL03-3400-2536
URLhttp://www.nezu-muse.or.jp/

根津美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

根津美術館 根津美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだレビューがありません。
最初のレビューを投稿してみませんか?

レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE