美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

シャガール展 三次元の世界

名古屋市美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
あまり知られていないシャガールの彫刻と陶器などの立体作品をまとめて紹介する日本で初めての試み。その創作の秘密に迫る
シャガールが初めて陶器を手がけたのは1949年、戦火を逃れて亡命していたアメリカからフランスに戻った翌年のことでした。 この頃から彼の活動の場所はパリではなく、地中海の光あふれる南フランスの小…Read More

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら▼

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

シャガールが初めて陶器を手がけたのは1949年、戦火を逃れて亡命していたアメリカからフランスに戻った翌年のことでした。

この頃から彼の活動の場所はパリではなく、地中海の光あふれる南フランスの小さな村々へと移っていきます。

環境の変化は創作にも大きな影響を与えます。陶器を手がけた2年後の1951年には最初の彫刻作品が誕生します。この頃シャガールはすでに60代半ばの円熟期にさしかかっていましたが、新しい表現手段を手にした彼は、まるで子どものように喜々としながら新たな創作意欲をみなぎらせます。

そして生み出された陶器や彫刻の数々。それは画家の余技をはるかに超えた、独自性と創造の喜びにあふれています。

<シャガール展 三次元の世界>と題された本展は、この作家のあまり知られていない彫刻と陶器などの立体作品を、まとめてご紹介する日本で初めての試みです。

約170点の出品作品のうち、3分の1が彫刻と陶器、それ以外は馴染みの深い絵画や素描、版画といった構成です。シャガールが立体作品に取り組むのは晩年ですが、三次元への意識はごく初期の作品にも見られます。

絵画と彫刻、平面と立体が、この作家の中でどのように意識され、作品化されていったのか。その創作の秘密に本展は迫ります。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場名古屋市美術館 [MAP]
住所 愛知県名古屋市中区栄二丁目17番25号(芸術と科学の杜・白川公園内)
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • 金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
※1月8日(月)、2月12日(月)は除く
12月29日(金)~1月3日(水)
1月9日(火)、2月13日(火)
観覧料 一般 1,400円(1,200円)
高大生 1,000円(800円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
    ※身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで当日料金の半額
    ※名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用して来館の方は100円割引
    ※「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用
    ※いずれも他の割引との併用はできません
    ※「シャガール展」の観覧券で常設展も観覧できます
TEL052-212-0001
URLhttp://www.chunichi.co.jp/event/chagall/

名古屋市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

名古屋市美術館 名古屋市美術館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様に美術館からのご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

※ご招待チケットのお申込みには、会員登録が必要です。ログインの上、ご応募ください。
新規登録はこちらから

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだレビューがありません。
最初のレビューを投稿してみませんか?

レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE