美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

※[ ]内の地名の表記は、制作時の記録等に基づきます

向井潤吉1970's-1980's 民家集大成

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
80歳を超えてもなお、たゆまず続けられた、民家を描き重ねる旅。円熟味を増した70~80年代の向井潤吉の創造の世界を紹介
――いつまでも珍重凍結しておきたい風景はむしろ心の底にある。 空、雲のいろ、陽と曇りの度合いなど。 向井潤吉(1901-1995)は、10代半ばより関西美術院にて洋画を学び、戦前には単身渡欧して研鑽を積…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

――いつまでも珍重凍結しておきたい風景はむしろ心の底にある。
空、雲のいろ、陽と曇りの度合いなど。

向井潤吉(1901-1995)は、10代半ばより関西美術院にて洋画を学び、戦前には単身渡欧して研鑽を積み、戦中の従軍経験を経て、戦後より一貫して全国各地の民家を描き続けた画家です。

平成29年度は、その画業を3期にわけて取り上げ、最終回となる本展では、1970年代から1980年代の作品を中心に、その円熟味を増した創造の世界を紹介します。

向井潤吉の民家を描き重ねる旅は、70代、そして80代と、齢を重ねても、たゆまず続けられました。現場にイーゼルを立て、民家と向き合う“現場主義”を向井は貫いたのです。

「一期一会という言葉は、私にとって風景に対するとき、さまざまに痛感させられる。もう一度訪ねようと考えても、ぐっと歯を食いしばるようにして諦める場合が多い。いつまでも珍重凍結しておきたい風景はむしろ心の底にある。空、雲のいろ、陽と曇りの度合いなど。」『米寿記念 向井潤吉展』朝日新聞社、1990(平成2)年

かつて描いた場所を懐かしんで後年訪れるようなことをしなかったという、向井のこの言葉には、多くの人々が顧みなかった社会の側面を見つめ続けた一人の画家の、失われていった風景への深い感慨が込められています。

戦後の高度経済成長、そして過疎、公害などの諸課題を抱えつつ、1980年代にはバブル期の騒乱と崩壊を日本は経験しました。そうした過程で、人々の生活や思考、価値観は大きく変化し、すでに日本古来の草屋根の民家は過去の遺物となってしまいました。しかし、やがRead Moreて大量生産大量消費の時代への懐疑も生じはじめ、今日、向井が追い求めた草屋根の民家は、古民家という言葉に置き換えられながらも、新たな価値観を示す存在として光を得つつあります。

終戦から約40年間にわたり、日本列島の変遷を写しとった向井の作品を、叙情的で感傷的な表現として観るだけではなく、むしろそれぞれが描かれた時の出来事や社会状況と照らし合わせることが、向井潤吉の画業の内面に潜んでいる同時代性を探り出すことにつながるのだといえるのではないでしょうか。
Close

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 [MAP]
住所 東京都世田谷区弦巻2-5-1
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※年末年始(12月29日~1月3日)
※ただし、1月8日(月・祝)、2月12日(月・祝)は開館、1月9日(火)、2月13日(火)は休館
観覧料 一般 200円(160円)
大高生 150円(120円)
65歳以上 100円(80円)
中小生 100円(80円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・高・大学生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。証明書をご提示のうえ、お申し出ください。
    ※小・中学生は土、日、祝・休日、夏休み期間は無料
TEL03-5450-9581
URLhttp://www.mukaijunkichi-annex.jp/

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだレビューがありません。
最初のレビューを投稿してみませんか?

レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE