EXHIBITION

動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に
生誕135年 孤高の画家 橋本関雪

足立美術館

  • 開催期間:2018年12月1日(土)〜2019年2月28日(木)
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-1
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-2
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-3
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-4
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-5
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-6
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-7
橋本関雪「夏夕」昭和16年
橋本関雪「猿」昭和15年頃
橋本関雪「遅日」(左)大正2年
橋本関雪「遅日」(右)昭和5年
橋本関雪「訪隠図」昭和5年
橋本関雪「唐犬図」(左)昭和16年頃
橋本関雪「唐犬図」(右)昭和16年頃
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-1
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-1
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-1
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-1
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-1
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-1
動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪 足立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

橋本関雪(1883~1945)は現在の神戸市に生まれ、幼い頃より儒学者の父の影響から漢学に親しみました。

同時に伝統的な日本画の流派である四条派を学び、さらに京都へ出て、一時は竹内栖鳳に入門。後にその門を離れると、他の画家たちとは一線を画し、孤高の中で制作を行い、官展で受賞を重ねるなど、画壇を代表する画家となりました。四条派を基礎としつつ、中国の古典に着想を得た作品も多く、生涯にわたり何度も中国を訪れています。

また、西洋画への関心からヨーロッパも訪問し、古今東西の研究を行うことで、独自の画風を展開しました。

昭和に入ると動物画の名品も数多く遺しており、動物を鋭い観察眼でとらえ、繊細な筆遣いで表した作品は、見る者の心を引き付けます。

本展では関雪の生誕135年を記念して、足立美術館が所蔵する関雪作品が一挙に公開されます。高い技術と深い教養のもとで生み出された関雪の作品をご覧ください。

◆橋本関雪 (はしもとかんせつ 1883~1945)
明治16年(1883)、兵庫県に生まれる。幼少より儒学者の父から漢学を学ぶかたわら、片岡公曠に就いて四条派の手ほどきを受ける。明治36年(1903)、京都に出て、竹内栖鳳主宰の竹杖会に入門。大正2年(1913)、初めて中国を訪問し、同年の第7回文展に「遅日」を発表、二等(一等無しの最高賞)に輝く。その後も何度も中国を訪れ、中国の風物や文学に取材した作品を描き、官展を舞台に活躍。大正12年(1923)、栖鳳との意見の相違から竹杖会を離れた後は、画壇の中で孤高の道を歩む。昭和に入ると動物画に新境地を拓き、「夏夕」「唐犬図」などを発表。昭和9年(1934)に帝室技芸員、翌10年に帝国芸術院会員となる。四条派をはじめ、狩野派、南画などの画風を咀嚼し、精神性を重んじた作品を遺した。

◆主な作品
橋本関雪「唐犬図」「夏夕」「遅日」「玄猿白鶴図」「雨後之朝」他 展示数29点

◆ 本展の見どころ
1 足立美術館の橋本関雪コレクションを全て公開します!
足立美術館の関雪コレクションは29点。生誕135年を記念した本展では、その全てを公開します。これは、これまで足立美術館で開催した関雪展の中で、最も多い出品点数です。関雪が好んで描いた動物画や、中国の風物を描いた作品、一般的に知られる作風とは異なる晩年の作品まで、当館の関雪のコレクションをご堪能ください。

2 官展出品作をはじめとする関雪の代表作が並びます!
関雪は官展(文展や帝展など、政府が主催した美術展覧会)を中心に意欲作を次々と発表しました。足立美術館はこうした出品作のうち、「遅日」(下)「訪隠図」「夏夕」の3点を所蔵し、さらに官展出品作と同趣の作品「唐犬図」(以上3頁)などをコレクションしています。本展は、関雪の代表作が並ぶ、またとない機会です。

3 関雪が愛情を注いだ動物たちに出会えます!
動物画を描くためにたくさんの動物を自宅で飼っていたという関雪。日々、動物と接し、心を通わせながら、その仕草や毛並みなどの特徴を見事に絵に表しました。本展にも馬、牛、猿、犬、猫など、様々な動物が登場します。関雪が愛した動物たちを描いた作品を鑑賞することで、動物へ向けた画家の温かい眼差しも感じられるでしょう。


開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年12月1日(土)〜2019年2月28日(木)
会場 足立美術館 Google Map
住所 島根県安来市古川町320
時間 9:00〜17:30
  • ※夏季 4月-9月 9:00-17:30
    ※冬季 10月-3月 9:00-17:00
    ※新館への入場は、閉館15分前まで
休館日 年中無休
2019年1月16日(水)は新館のみ展示替えのため休館
観覧料 大人 2,300円(1,900円/1,700円)
大学生 1,800円(1,500円/1,300円)
高校生 1,000円(800円/700円)
小中生 500円(400円/300円)
※( )内団体(20名以上/100名以上)割引
※本料金で日本庭園や本館・魯山人館・新館で開催中の展覧会などすべてを観覧できます

  • <各種割引制度について>
    次の方は各証明書を要提示【身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方】個人料金の半額。各1種・重度(A)相当・1級の方は、介護者の方1名も半額

    <パートナーズカード会員>
    6,000円で2年間、何回でも入館できるカード。即時発行可能。
    【特典】
    ・2年間で何度でも入館料無料
    ・同伴者(2名まで)も個人入館料の半額
    ・館内施設の利用料金を10%割引
    ・1回目の入館時に、足立美術館ガイドブックを進呈
    ・期間中、4回入館のたびに喫茶券を進呈
    ・パートナーズカードの提示で、提携美術館に割引料金で入館できます

    [提携美術館]
    植田正治写真美術館
    愛媛県美術館
    尾道市立美術館
    サントリー美術館
    島根県立石見美術館
    島根県立古代出雲歴史博物館
    広島県立美術館
    ひろしま美術館
    MIHO MUSEUM
    山口県立美術館
    山口県立萩美術館・浦上記念館
TEL0854-28-7111
URLhttps://www.adachi-museum.or.jp/

足立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

足立美術館 足立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
島根県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE