美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」

東京都江戸東京博物館

  • 開催期間:2016年1月16日(土)〜2016年4月10日(日)
  • クリップ数:9 件
  • 感想・評価:3 件
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-1
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-2
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-3
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-4
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-5
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-6
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-1
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-2
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-3
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-4
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-5
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」 東京都江戸東京博物館-6

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本とイタリアの国交樹立150周年を記念し、イタリアが生んだ天才レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)の展覧会を開催します。

今回の展覧会では、自然観察を通じて真理に近づこうとしたレオナルドの挑戦を、日本初公開の絵画《糸巻きの聖母》(バクルー・リビング・ヘリテージ・トラスト蔵)と直筆ノート『鳥の飛翔に関する手稿』(トリノ王立図書館蔵)を中心に紹介します。

《糸巻きの聖母》は、イギリスの貴族バクルー公爵家が所蔵し、レオナルドの故郷イタリア、作品のあるイギリス以外の場所では初めて出品されることになりました。2009年にようやく、スコットランド・ナショナル・ギャラリーで一般公開されることになった至宝です。

また、レオナルドの手稿の中でも人気の高い『鳥の飛翔に関する手稿』も、日本初公開となります。本展の図録で、日本側の監修者である斎藤泰弘氏(京都大学名誉教授)による待望の日本語新訳も発表されます。

2点とも、本展のテーマである「見えない世界を探る(beyond the visible)」ために、レオナルドが行った人間観察・自然研究が集約された円熟期の傑作です。このほか、花や子どもを観察した日本初公開の真筆素描7 点(うち1点は弟子との共作)、レオナルド派による日本初公開の珠玉の絵画、神話化・伝説化されたレオナルドの生涯を表した版画など約70点と、素描から 忠実に再現した関連模型を通じ、天才の挑戦を体系的に展観します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年1月16日(土)〜2016年4月10日(日)
会場東京都江戸東京博物館Google Map
住所 東京都墨田区横網1-4-1
時間 9:30〜17:30
  • ※土曜日は9:30~19:30
    ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日 
(ただし、1月18日、3月21日・28日は開館、3月22日(火)は休館)
観覧料 【一般】
特別展専用券:1,450円(1,160円)
特別展・常設展共通券:1,640円(1,310円)
特別展前売券:1,250円

【大学生・専門学校生】
特別展専用券:1,160円(930円)
特別展・常設展共通券:1,310円(1,040円)
特別展前売券:1,000円

【中学生(都外)・高校生・65歳以上】
特別展専用券:730円(580円))
特別展・常設展共通券:820円(650円)
特別展前売券:630円

【小学生・中学生(都内)】
特別展専用券:730円(580円)
特別展・常設展共通券:なし
特別展前売券:630円
  • ※( )内は20名以上の団体料金。
    ※未就学児童。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)無料
    ※小学生と都内在住・在学の中学生は、常設展観覧料が無料のため、共通券はありません。
TEL03-3626-9974(代表)
URLhttp://www.davinci2016.jp/

東京都江戸東京博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京都江戸東京博物館 東京都江戸東京博物館

感想・評価REVIEWS

想像力をかたちに

3

ダ・ヴィンチのデッサンは、観ているだけで驚くもの、感心するもの、そしてなぜかニヤけてしまうものがある。
アイデアとユーモアは両輪か紙一重か、でもこれこそが天才なのかも。

BY revol9

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

見えない世界を探る(beyond the visible)

3

今年は、日本とイタリアの国交樹立150周年記念で、イタリア関連の展覧会が目白押しです!江戸東京博物館でのダ・ヴィンチ展は、意外でしたが、内容的にも博物館での開催に近いものがありました。人類が空を飛ぶ夢に向けて、鳥の飛翔を研究考察していく手記は、素晴らしいものがありました。手記を説明する博物館側が用意した文章が、とても簡潔で分かりやすく興味を引く構成になっていたのもよかったです。

《糸巻きの聖母》は、75分待ちという、あまりの長蛇の列の驚きました。わたしは列にはならばず極力近づいて3~4メートル離れた列の外側から眺めるに留まりました。ダ・ヴィンチの絵画は、それに倣って同様のテーマや構図で描いた弟子や後世の画家たちが大勢いたようですが、細部にわたる緻密さや躍動感や力強さや全体のダイナミズムが、やはりダ・ヴィンチならではでした。理屈抜きに胸に響いてくるものがあって、3~4メートル離れていても見られて良かったと感動を覚える作品でした。

展覧会のテーマ、「見えない世界を探る(beyond the visible)」のコピーが、ダ・ヴィンチの人生を表すようで、とてもよかったです。

BY Amedeo

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

やっぱり「本物」はすばらしい!

4

 幸運にもチケットを頂戴することができたので江戸東京博物館に特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の挑戦」を観に行ってきました。こちらの博物館に行くのは初めてです。
「なぜ江戸東京博物館でレオナルド・ダ・ヴィンチ?」とは思いましたが、十数点しか現存しない貴重なダ・ヴィンチの油彩画「糸巻きの聖母」が見られるということで楽しみに行きました。
 ということで今回の目玉はもちろん「糸巻きの聖母」と「鳥の飛翔に関する手稿」。ほかにもダ・ヴィンチの真筆素描が7点。いずれも日本初公開!とのこと。
 事前に公式twitter等をみたところ「糸巻きの聖母」鑑賞までけっこう時間がかかるときがあるということで覚悟して観に行ったのですが、運がよかったのか、幸いにも10分程度並んだだけで絵の前へたどり着くことができました。
 美術展に行くと、いつも感じることですが、やっぱり「本物」は違うなぁ、と。今回の特別展ではレオナルド・ダ・ヴィンチのお弟子さんたちの作品なども多く展示されていましたが、ダ・ヴィンチの真筆はやはり卓越した出来栄え、そして画集などからではわからない「本物」がもつ質感等を直接感じることができ、とても満足です。
 なお、星評価は展示室内での「糸巻きの聖母」への待ち行列の作り方など、鑑賞動線に若干の疑問を感じたので☆1つ減としています。

BY ハツガゲンマイ

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都墨田区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE