美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

CCMAコレクション いま/むかし うらがわ

千葉市美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
目に見えない物を指す「うら」という言葉にかけて、所蔵作品の浮世絵から現代美術を盛りだくさんで紹介。
目に見えないものを指す「うら」という言葉にかけて、この世の「うら」を描いた怪談ものや、表に見えないひとの「心(うら)」を印象深くとらえたもの、美術作品を裏に表に支える知られざるテクニック、…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

目に見えないものを指す「うら」という言葉にかけて、この世の「うら」を描いた怪談ものや、表に見えないひとの「心(うら)」を印象深くとらえたもの、美術作品を裏に表に支える知られざるテクニック、スケッチなどを紹介。

千葉市美術館の多彩なコレクションの中から、江戸から現代まで、時代を問わず、夏休みにふさわしい作品をぎゅぎゅっと詰め込んでお届けする展覧会です。

【月岡芳年】
時に過激、時に繊細、卓越した表現力が魅力の浮世絵師、月岡(つきおか)芳(よし)年(とし)(1839-92)の作品から、女性の多様な美を見つめた晩年の傑作「風俗三十二相」や「新撰東錦絵」などを紹介。怪しい美しさが満載の芳年ワールドで、一味違うゾクッと納涼?!体験をお楽しみください。

【相馬の古内裏】
大人気の歌川国芳「相馬の古内裏」が2年ぶりにお目見えです!

【宮島達男《地の天》】
デジタルカウンターを素材に用い、生命や時間を表現してきた宮島達男(1957-)が、千葉市美術館開館記念展のために制作した《地の天》。展示室の床に広大な星空を表したインスタレーションの大作が、見る者を不思議な世界へと誘います。

【制作のうらがわ】
不思議な素材や技法、驚きのエピソードなど、美術作品にはいろいろな秘密が隠されています。知られざる制作のうらがわを、そっとのぞいてみましょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場千葉市美術館 [MAP]
住所 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • 日~木曜日 10:00~18:00
    金・土曜日 10:00~20:00
    ※入場受付は閉館の30分前まで
休館日
・毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
・上記の休館日以外にも、展示替え等のため展示室が閉室となる場合がございます。
展覧会スケジュールをご確認のうえご来場ください。
観覧料 一般 200円(160円)
大学生 150円(120円)
  • ※( )内は団体20名以上の料金
    ※ 千葉県在住の65歳以上の方、小・中学生、高校生、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
TEL043-221-2311
URLhttp://www.ccma-net.jp/

千葉市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

千葉市美術館 千葉市美術館

感想・評価REVIEWS

name

思いがけず

3

旅行の帰りに、美術館に立ち寄ることになり伺ってみると、なんと草間彌生さんの初期の作品が、入ってすぐにあったことに、とてもうれしくなりました。他にも興味を惹かれる作品もありましたが、私は草間さんの「わが巣立ち」を含む7作品に思いがけず出会えて大満足でした。

BY meguane

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE