美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

北海道立近代美術館

  • 開催期間:2017年6月22日(木)〜2017年8月15日(火)
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-1
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-2
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-3
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-4
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-5
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-1
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-2
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-3
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-4
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 北海道立近代美術館-5

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画計画《アンギアーリの戦い》は、今も多くの謎と痕跡を残しています。

同壁画はイタリア・ルネサンス美術の歴史の中でも、最も野心的な装飾計画のひとつです。シ二ョリーア宮殿(現パラッツオ・ヴェッキオ)を舞台にレオナルドとミケランジェロが戦闘がにおいて競演したエピソードは大変有名ですが、その計画の全貌はいまだ明らかにされておりません。

本展のメイン作品は、失われたレオナルドの壁画の中心部分をなす激烈な「軍旗争奪」の戦闘場面を描いた、日本初公開の《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》として知られる著名な16世紀の油彩画です。

本展ではさらにミケランジェロが構想した壁画の原寸大下絵を模写した、同じく日本初公開の16世紀の板絵《カッシナの戦い》が出品されます。原作が失われた二大巨匠の壁画が、いずれも本邦初公開の貴重な板絵作品により500年の時を超えてならびあう、イタリア美術史上初の展示が日本で実現します。

レオナルドの構図に基づくその他の模写作品や派生作品、関連する資料類、関連する歴史的人物の肖像画など《アンギアーリの戦い》に関する作品・資料が一同に集結する世界でも初めての企画展。

レオナルドが試みた視覚の革命を検証し、イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫ります。


開催概要EVENT DETAILS

会期 2017年6月22日(木)〜2017年8月15日(火)
会場北海道立近代美術館Google Map
住所 北海道札幌市中央区北1条西17丁目 [MAP]
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※7月21日は21:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
※7月17日(月・祝)は開館、7月18日(火)は休館
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
高大生 900円(700円)
小中生 500円(300円)

【共通券】 
※近美コレクションと特別展を両方観覧できます
一般 1,600円
高大生 950円(当日券のみ)
  • ※( )内は、前売料金、10名以上の団体料金です。
    ※リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)
TEL011-644-6882
URLhttp://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/

北海道立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

北海道立近代美術館 北海道立近代美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
北海道で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE