美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

1000年忌特別展「源信 地獄・極楽への扉」

奈良国立博物館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
源信の影響下で生まれた作品や史料など約140点を通してその足跡を辿るとともに、人びとの想像力で溢れた死後の世界を体感
平安時代中期の天台僧・恵心僧都源信(942~1017)は奈良に生まれ、若くして比叡山に入り教学研究に打ち込みました。 その事績としてよく知られるのは、阿弥陀如来の来迎を受け極楽浄土へ生まれることを願…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

平安時代中期の天台僧・恵心僧都源信(942~1017)は奈良に生まれ、若くして比叡山に入り教学研究に打ち込みました。

その事績としてよく知られるのは、阿弥陀如来の来迎を受け極楽浄土へ生まれることを願う浄土信仰を鼓吹し、多くの人々に広めたことでしょう。さらに、誰にでも理解しやすい地獄と極楽の世界を描き出した『往生要集』(寛和元年〈985〉撰述)によって、人々に具体的な死後の世界のイメージを提示したことは特筆すべきです。

以後、これを拠りどころとした多くの信仰の美術が生みだされ、その影響力は宗派に限定されない大きなうねりを生み出しました。

本展は平成28年に迎えた源信の1000年忌を記念し、その生誕の地である奈良で、源信の生きた時代をたどるとともに、後世に与えた影響の大きさを、関連の仏教美術によって示す特別展です。

およそ1000年前に源信によって描きだされ後世まで強い影響を与え続けた、死後の世界へのイマジネーションを体感するとともに、名僧の足跡へと思いを馳せていただけることでしょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場奈良国立博物館 [MAP]
住所 奈良県奈良市登大路町50番地
時間 9:30〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※毎週金・土曜日と8月6日(日)~15日(火)は19:00まで(最終入場時間 18:30)
休館日 月曜日 
※ただし8月14日(月)は開館
※7月17日(月)は開館、7月18日(火)は休館
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
高校・大学生 900円(700円)
小・中学生 500円(300円)
  • ※( )内は前売および20名以上の団体料金。
    ※前売券の販売は 6月1日(木)から 7月14日(金)までです。
    ※障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
    ※この観覧料金で名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。
TEL050-5542-8600 (NTTハローダイヤル)
URLhttp://www.narahaku.go.jp/index.html

奈良国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

奈良国立博物館 奈良国立博物館

感想・評価REVIEWS

まだレビューがありません。レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE