美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-1
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-2
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-3
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-4
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-5
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-6
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-7
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-8
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-9
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-10
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-11
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-12
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて― 紹介画像-13

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―

国立国際美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
  • 感想:4 件
ブリューゲル「バベルの塔」をはじめボスの油彩画など初来日作品含む約90点の作品より16世紀ネーデルラント美術の精華を展覧
副題に「16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―」とある通り、ブリューゲルのみならず、彼が手本とした先駆者ヒエロニムス・ボスの油彩2点、そして彼らが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

副題に「16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―」とある通り、ブリューゲルのみならず、彼が手本とした先駆者ヒエロニムス・ボスの油彩2点、そして彼らが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻を全体で約90点の出品作でご紹介します。

迫真の写実と輝くような美しい色彩が印象的な油彩絵画、ボスの怪物モチーフが所狭しと、描かれる版画作品、そして木彫の粋を尽くした彫刻作品など、16世紀ネーデルラント美術の精華をご覧いただきます。

また、今回の展覧会では新しい試みとして作品を美しく見やすく展示することに加え、東京藝術大学COI拠点の特別協力により芸術と科学技術を融合させ、原寸を約300%拡大したブリューゲル「バベルの塔」の複製画を制作・展示します。また、同拠点は「バベルの塔」の3DCG動画も制作し、多様なメディアを駆使してこの傑作の魅力に迫ります。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場国立国際美術館 [MAP]
住所 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※金曜日と土曜日は21:00まで(最終入場時間 20:30)
休館日 月曜日 
※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 600円(500円)
  • ※( )内は前売・20名以上の団体料金
    ※中学生以下無料
    ※心身に障害のある方とその付添者1名は無料(要証明書)
    ※本料金で同時開催のコレクション展もご覧いただけます
    ※チケット取り扱い:展覧会公式サイト、チケットぴあ、ローソンチケット、セブン-イレブン、イープラス、JTBほか
    ※前売券の販売期間は5月15日~7月17日
    ※チケット購入時に手数料がかかる場合があります
    ※国立国際美術館では前売券の取り扱いはしておりません
TEL06-6447-4680 (代)
URLhttp://babel2017.jp/

国立国際美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立国際美術館 国立国際美術館

感想・評価REVIEWS

name

超絶技巧

5

作品は小さなものが多いですが北方ルネサンスの描写を満喫できました
3DCG動画も興味深く良かったです
お土産のグッズもとても可愛いものが手に入りました

BY takamayu

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

飽きないね〜

5

昨年、この絵が日本に来ると知ってから楽しみにしていた展覧会。バベルの塔は意外と小さいと聞いていたので、ホント、コンパクトって思いました。超絶技巧はもちろんですが、私は色と言うか透明感に惹きつけられました。空がいい。いつまでも観ていたいです。

BY シンディ

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

想像豊かなネーデルランド絵画

5

ボスやブリューゲルなどネーデルランド地方の絵画には、怪しく奇妙な生物がたくさん登場し、独自の不思議で幻想的な世界が広がっていて、面白かったです。
空想世界の中に現実社会や欲深く愚かな人間の姿が映し出されていて、”弱肉強食”など教訓的であり、ユーモラスでもありました。
最終に展示されているブリューゲル作の「バベルの塔」は、作品はさほど大きくないのですが、はるか向こうに地平線が見え、広大な大地にそびえ立ち雲を突き抜けて天にも届かんとする巨大なバベルの塔は、観る側に突き出て迫って来るような迫力とどっしりした存在感がある一方、人々の動きや暮らしが分かるほど超細部まで詳細に描き込まれていていて、マクロとミクロの世界が同時に観られ、実物の「バベルの塔」は隅々まで楽しめて素晴らしかったです。

BY migu02

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

非現実世界と現実世界の融合

5

空想の壮大な建築物を現実世界で構築していく様子の精密な描写に圧倒されました。非現実と現実が入り混じった表現と精細な描写技術が融合した他に類を見ない作品の一見の価値ありです。

BY YT0217

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE