美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

清川泰次が写したパリ

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

  • 開催期間:2017年4月1日(土)〜2017年7月23日(日)
  • クリップ数:1 件
清川泰次が写したパリ 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-1
清川泰次が写したパリ 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-2
清川泰次が写したパリ 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-3
清川泰次が写したパリ 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-4
清川泰次が写したパリ 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-1
清川泰次が写したパリ 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-2
清川泰次が写したパリ 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-3
清川泰次が写したパリ 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ものの形を写すことに捉われない独自の芸術を追求し、絵画、彫刻のみならず生活用品のデザインまで幅広い分野を手がけた清川泰次(1919-2000)。

画家として活動する一方で、写真にも強い関心を持ち続けました。本展は、清川が残した数多くの写真から、1954年にパリで撮影された写真約20点をご紹介するものです。

清川は、戦後間もない1951年に単身アメリカへ渡り、3年間シカゴなどで制作活動を行った後、帰国の途中にパリを訪れました。この旅の間、清川はカメラを持ち歩き、当時としてはまだ珍しいカラーフィルムで、現地の街並みを写真に収めました。

パリ市内を歩きながら撮影した写真には、エッフェル塔やノートルダム大聖堂をはじめとした名所だけでなく、大通りから外れた細い路地、カフェで過ごす人々など、パリの日常的な風景が写されています。また、画家・藤田嗣治(1886-1968)と親交を深め、藤田が当時モンパルナスで構えていたアトリエでもシャッターを切りました。藤田の前でポーズをとるモデルの姿を捉えたその一葉は、清川の帰国後、雑誌『アサヒカメラ』(1955年2月号)の表紙を飾りました。

近代的な建物が立ち並ぶアメリカで生活した清川の目に、古い街並みが残るパリはどのように映ったのでしょうか。

同年代に制作された油彩作品とともに、清川が写したパリの美しい風景をご覧下さい。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2017年4月1日(土)〜2017年7月23日(日)
会場世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリーGoogle Map
住所 東京都世田谷区成城2-22-17 [MAP]
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※月曜日が祝日の場合は開館、翌平日休館
観覧料 一般 200円(160円)
高校・大学生 150円(120円)
小学・中学生 100円(80円)
65歳以上及び障害者の方 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
  • ※小・中学生は土・日・祝日・夏休み期間無料
    ※障害者で、小・中・高・大学生の方は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。
    ※館内設備 貸し出し用車椅子:1台、車椅子専用トイレ完備、オストメイト設置
TEL03-3416-1202
URLhttp://www.kiyokawataiji-annex.jp/

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE