美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

企画展「はじめての古美術鑑賞 ―紙の装飾―」

根津美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
日本の古美術に親しむ展示第2弾。華麗な色や金銀あるいは雲母による様々な装飾技法をコレクションを中心にわかりやすく解説
日本の古美術はなんとなく敷居が高いという声に応えて、根津美術館では昨年「はじめての古美術鑑賞-絵画の技法と表現-と題して、近世以前の日本絵画の技法をやさしく解説する展示を試み、好評を得まし…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本の古美術はなんとなく敷居が高いという声に応えて、根津美術館では昨年「はじめての古美術鑑賞-絵画の技法と表現-と題して、近世以前の日本絵画の技法をやさしく解説する展示を試み、好評を得ました。今回はシリーズの2回目として、「読めない」という理由から敬遠されがちな書の作品にアプローチする一つの方法として、書を書くための紙すなわち料紙の装飾に注目する展示を企画いたしました。

豪華に装飾された写経や贈答用にあつらえられた歌集は、たとえそれが一部分であっても鑑賞に値するものであったために、切り取られて掛物に改装されたものが数多く今に伝わっています。

華麗な色や金銀あるいは雲母によるさまざまな装飾技法を、根津美術館コレクションの作品を中心にわかりやすく解説するとともに、絵画に取り込まれた例もご覧にいれます。

この展覧会が書の作品に親しく接する機会となり、さらにはより深い古美術鑑賞への足がかりとなることでしょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場根津美術館 [MAP]
住所 東京都港区南青山6-5-1
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※月曜日が祝日の場合、翌火曜日休館
観覧料 一般 1100円(900円)
学生 800円(600円)
  • ※( )内は前売券、20名以上の団体料金
    ※中学生以下無料
    ※前売券は2017年4月12日(水)~5月14日(日) 「燕子花図と夏秋渓流図」展開催期間中、根津美術館ミュージアムショップにて販売
TEL03-3400-2536
URLhttp://www.nezu-muse.or.jp/

根津美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

根津美術館 根津美術館

感想・評価REVIEWS

name

わかりやすくて、紙好きになります!

5

書、ってわかりにくくていままでたしかに敬遠していたところもあったのですが、今回の展示で「紙」そのものにも凝った装飾がたくさんあることを知ってとても面白かったです。
何の変哲もないように見えていた紙も実は丁子染めとか、工夫されていたり、年月を経て消えかかってしまっていたものにも実はすごい装飾があったりということを教えてもらったので、楽しく見れました!!
こういう展覧会がもっとたくさんあったらうれしいです!!

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE