美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特別展「燕子花図と夏秋渓流図」

根津美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
琳派二大傑作の光琳「燕子花図屏風」と其一「夏秋渓流図屏風」を並べて展示。そして其一が活躍した時代の作品も併せて展示
尾形光琳(1658~1716)による国宝「燕子花図屏風」と、鈴木其一(1796〜1858)による「夏秋渓流図屏風」、根津美術館が誇る琳派の二大傑作を同時にご覧いただく展覧会です。 光琳は京都の高級呉服商の…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

尾形光琳(1658~1716)による国宝「燕子花図屏風」と、鈴木其一(1796〜1858)による「夏秋渓流図屏風」、根津美術館が誇る琳派の二大傑作を同時にご覧いただく展覧会です。

光琳は京都の高級呉服商の家に育ち、本阿弥光悦や俵屋宗達など江戸初期の町衆文化の中に生まれた琳派を大成した画家です。一方、やはり衣裳と関わりの深い紫染職人を父にもつと伝えられる其一は、江戸の地にあって光琳の画風を再興した江戸琳派の祖・酒井抱一の高弟にあたります。

二つの作品の表現は、大きく異なります。無背景に燕子花のみが大胆に描きだされた「燕子花図屏風」は、まるで衣裳デザインのようでありながら、溌剌とした生気を放っています。対して「夏秋渓流図屏風」は、渓流の流れる檜の林に山百合や桜紅葉が彩りを添える一見何気ない情景に、どこか非現実的な感覚を湛えています。しかし二つの作品には、モチーフが形づくる律動感や金地に青や緑が映える色彩などの点で、相通じるものも見出されます。

このたびの展覧会では、宗達以来の琳派の金屏風の数々とともに、「燕子花図屏風」と「夏秋渓流図屏風」を並べてご覧いただきます。二つの作品は、果たしてどんな風に見えるでしょうか。あわせて、其一が活躍した江戸後期、19世紀前半から、近代に入って20世紀初頭までの、江戸=東京で制作された作品を展示します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • ※【夜間開館】 5月9日(火)- 5月14日(日)午後7時まで開館
    (入館は午後6時30分まで)
会場根津美術館 [MAP]
住所 東京都港区南青山6-5-1
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※ただし5月1日は開館
観覧料 一般 1,300円(1100円)
学生 1,000円(800円)

【前売券】
一般 1,100円
学生 800円
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※中学生以下無料
    ※ 前売券は2017年3月4日(土)~3月31日(金) 「高麗仏画 -香りたつ装飾美-」展開催期間中、根津美術館ミュージアムショップにて販売
TEL03-3400-2536
URLhttp://www.nezu-muse.or.jp/

根津美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

根津美術館 根津美術館

感想・評価REVIEWS

name

壮大です

4

展示室に入ったとたん、圧倒されます。
屏風の展示ということもあり、点数は少ないのですが、一つ一つが大きいのと、描かれているものの繊細さと迫力とに圧倒されます。
燕子花図の構図の秘密も面白いですし、久しぶりにお帰りなさい(先日サントリーでも拝見していました)、の夏秋渓流図。
色も鮮やか、美しい中に不思議な怪しさもあり。
オススメです。

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE