美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」

板橋区立美術館

  • 開催期間:2017年4月8日(土)〜2017年6月18日(日)
  • クリップ数:1 件
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-1
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-2
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-3
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-4
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-5
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-6
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-1
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-2
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-3
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-4
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-5
館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」 板橋区立美術館-6

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

板橋区立美術館では開館以来、池袋モンパルナス界隈に集まった画家や板橋に暮らす画家の作品を収集、展示してきました。これらの中には、日本の社会状況を反映した作品があります。

1920、30年代に最盛期を迎えたプロレタリア運動は美術界にも広まり、労働者や指導者の姿を描いた作品が発表されました。この運動を目のあたりにした井上長三郎は社会に鋭い眼差しを向け、満洲事変を発端としたアジア・太平洋戦争の時代の雰囲気を汲みとった絵画を発表します。戦時中、画材や表現に制限がある中でも、井上や彼が結成した新人画会の仲間たちなどは、画家自身の信念に沿った作品を発表しました。

戦後、日本の美術界では海外の美術作品が次々と紹介され、自由な表現や発表の場が誕生するなど目まぐるしく展開します。その中で「ルポルタージュ絵画」と呼ばれる同時代の日本の姿を描き出した絵画が発表されています。山下菊二や中村宏らによる作品は基地闘争をはじめ混沌とした戦後の社会問題を取り上げ、絵画を通じて事件の核心に迫ろうとしました。

時代と対峙した作品は、社会問題を告発するかのように力強く私たちに訴えかけてきます。今回はコレクションの中から社会や事件をテーマにした作品を紹介し、画家たちによる告発を読み解きます。

また、今回は「板橋の日本画」と題して、板橋区立美術館が所蔵する日本画家の作品の特別展示も開催されます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2017年4月8日(土)〜2017年6月18日(日)
会場板橋区立美術館Google Map
住所 東京都板橋区赤塚5-34-27
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
観覧料 観覧無料
TEL03-3979-3251
URLhttp://www.itabashiartmuseum.jp/

板橋区立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

板橋区立美術館 板橋区立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都板橋区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE