Art AgendA

EXHIBITION

藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

水戸芸術館 現代美術ギャラリー

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
新しさと懐かしさを併せ持つ独創的な建築を創る建築家・藤森。建築と自然との関係を取り戻すべく取り組んだ藤森の仕事に迫る
1946年生まれの藤森照信は、高校卒業まで長野県茅野市で過ごし、東北大学、東京大学大学院に進学。近代建築史・都市史研究の第一人者として多くの業績を残したのち、45歳で神長官守矢史料館(長野県茅野…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1946年生まれの藤森照信は、高校卒業まで長野県茅野市で過ごし、東北大学、東京大学大学院に進学。近代建築史・都市史研究の第一人者として多くの業績を残したのち、45歳で神長官守矢史料館(長野県茅野市、1991年)を設計、建築家としてデビュー。以後、約25年のあいだに40余の独創的な建築作品を創り続けてきました。

屋根にタンポポやニラが植えられた住宅、皮付きの木材を柱にした鳥の巣箱のような茶室など、藤森照信の作品は、建築の通念を軽やかに超えた新しさと、遠い過去を想起させる懐かしさを併せ持つ、きわめて独創的な建築として知られています。

本展では、建築と自然との関係を取り戻すべく藤森が取り組んできた「自然素材をどう現代建築に生かすか」「植物をどう建築に取り込むか」というテーマから、代表的な建築をスケッチ、模型や写真で紹介するとともに、これまで手掛けた建築の屋根・壁・左官等の素材見本、家具などを展示し、建築家・藤森照信の仕事を紹介します。

藤森照信(ふじもりてるのぶ)略歴
建築家、建築史家。昭和21年長野県生まれ。東北大学建築学科卒業後、東京大学大学院博士課程修了。東京大学生産技術研究所教授、工学院大学教授を経て、現在は、東京大学名誉教授、工学院大学特任教授、江戸東京博物館館長。専門分野は建築史、45才より設計を始め今に至る。近作に、《多治見市モザイクタイルミュージアム》、《草屋根》《銅屋根》(近江八幡市、たねや総合販売場・本社屋)、史料館・美術館・住宅・茶室など建築作品多数。近著に、『磯崎新と藤森照信の茶席建築談義』六耀社、『藤森先生茶室指南』彰国社など、建築史、建Read More築探偵、建築設計活動関係著書多数。
Close

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場水戸芸術館 現代美術ギャラリー [MAP]
住所 茨城県水戸市五軒町1-6-8
時間 9:30〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※ただし3月20日(月・祝)は開館、翌3月21日(火)は休館
観覧料 一般 800円(600円)
中学生以下無料
  • ※( )は20名以上の団体料金
    ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
    ※一年間有効フリーパス
    「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満) 1,000円
    「おとなのパス」(20歳以上) 2,500円
TEL029-227-8111
URLhttp://arttowermito.or.jp/gallery/gallery01.html

水戸芸術館 現代美術ギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

水戸芸術館 現代美術ギャラリー 詳細はこちら

感想・評価REVIEWS

まだレビューがありません。レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE