Art AgendA

EXHIBITION

和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―

MIHO MUSEUM

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
Coolな美しさを放つ和ガラス。大藤範里が最も美しいガラスを追い求め蒐集した瓶泥舎コレクションを代表する逸品を一堂に展観
世に優れた硝子は数あれど、江戸時代のびいどろほど儚く、柔らかく、花のように可憐で、言いようのない色気を帯びたものがあるでしょうか。 熱い炎に溶けたガラスを扱う職人が、瓶に吹き込む息の膨らみ…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

世に優れた硝子は数あれど、江戸時代のびいどろほど儚く、柔らかく、花のように可憐で、言いようのない色気を帯びたものがあるでしょうか。

熱い炎に溶けたガラスを扱う職人が、瓶に吹き込む息の膨らみ、ブルーやグリーンや紫の微妙な色の階調、たゆたうような肌の質感、やすりで一本一本削り出した切子の柔らかな線、これらが和ガラスに形や色を留めて美を与えます。

ここに生涯を賭けて、和ガラスの美しさを追い求めた人物がいました。大藤範里(だいとう のりさと)氏。2011年4月松山市・道後温泉に開館した「瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館」の創立者で、「最も美しいガラスを探す。」ことを目標に、約50年に亘って和ガラスの蒐集をしてこられました。幸いなことに生前の氏のご希望もあり、瓶泥舎コレクションを代表する逸品をMIHO MUSEUMにて一堂に展観することとなりました。

長崎に始まり大阪から江戸へ、やがて日本中の人々を魅了した和ガラスの器は、日々の暮らしを豊かに洗練させ、特別な日を輝かせるアイテムであり、お大名たちの贈答品でもありました。このCoolな美しさ、どうぞ存分にお楽しみ下さい。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場MIHO MUSEUM [MAP]
住所 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
※3月20日(月)は開館、3月21日(火)、5月13日(土)、5月14日(日)は休館
観覧料 一般 1,100円
高・大生 800円
小・中生 300円
  • ※20名以上の団体は各200円割引
TEL0748-82-3411
URLhttp://miho.jp/

MIHO MUSEUMの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

詳細はこちら

感想・評価REVIEWS

まだレビューがありません。レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE