美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

市原湖畔美術館ICHIHARA LAKESIDE MUSEUM

市原湖畔美術館

市原湖畔美術館についてABOUT ICHIHARA LAKESIDE MUSEUM

市原湖畔美術館は、市原市南部に位置する高滝湖を臨む美術館である。1995年11月にオープンした「市原市水と彫刻の丘」が、名称・建築もあらたに2013年8月にリニューアルオープンした。

2013年で市制施行50周年を迎えた市原市は、「中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス」をはじめ、アートを媒体とした地域づくりに焦点を当て、市原湖畔美術館は、その中核施設として、地域のなかの美術館を目指す。

2013年4月27日に圏央道「市原鶴舞IC」が開通し、首都圏から美術館のアクセスが改善され、また高滝湖畔というロケーションを生かし、室内だけではなく、屋外に展開する食や遊びも充実した魅力あふれる美術館を目指している。

市原湖畔美術館の建築は、1995年に建てられた展示施設をリノベーションしたもので、設計は、川口有子+鄭仁愉(有設計室)による。既存建物の仕上材を全て剥がしてコンクリートの構造体だけを残し、そこにアートウォールと名付けたスチール折板の壁を縫うように挿入して、展示室やラウンジ、ホールなどをつくりだしている。もとあった回遊性の高いユニークな骨格を生かし、建物内外を連続的に巡りながら、古いものと新しいもの、アート作品や活動、湖や緑の豊かな周辺環境など、さまざまなものを一体となって体験できる美術館を目指している。

所蔵作品には、銅板画家 深沢幸雄氏の初期から晩年までの作品のほか、市原市ゆかりの芸術家や国内外で活躍する作家の作品、洋画や版画など約700点を収蔵している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒290-0554 千葉県市原市不入75-1  TEL 0436-98-1525
市原湖畔美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

市原湖畔美術館 公式サイトURL
http://lsm-ichihara.jp/
所在地
〒290-0554 千葉県市原市不入75-1
TEL 0436-98-1525
最寄駅
東京駅から約2時間 JR内房線「五井駅」より小湊鉄道に乗り換え。小湊鉄道「高滝駅」下車、市原湖畔美術館まで徒歩約20分、またはレンタサイクル約10分、またはタクシー約3分。
開館時間
開館時間 10:00〜17:00
開館時間についての追記事項
土・休前日は、9:30~19:00
日・祝は、9:30~18:00
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日の場合は翌火曜日
年末年始(12月29日~1月3日)
入館料・観覧料
<常設展観覧料>
※こちらの入館料で企画展はご入場いただけません。
一般 200円(160円)
大高生・65歳以上 100円(80円)
中学生以下・障がい者手帳保持者 無料

※( )内団体20名様以上料金
※団体利用は、団体観覧申請書(PDF)を提出が必要です。

<企画展観覧料>
※企画展ごとに異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
いちはらこはんびじゅつかん

市原湖畔美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

市原湖畔美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中夢見る力――未来への飛翔 ロシア現代アートの世界

会期:

2019年は、ソ連の月探査機が月の裏側の撮影に初めて成功してから60周年、人類の月面着陸から50周年にあたります。 今なお宇宙は人類希望の空間であり...

夢見る力――未来への飛翔 ロシア現代アートの世界

これまでに市原湖畔美術館で開催された展覧会

会期終了更級日記考―女性たちの、想像の部屋

会期:

市原湖畔美術館では、この度、古典日記文学「更級日記」に着想を得た、女性アーティストのグループ展を開催します。 「更級日記」は、今から1000年前...

更級日記考―女性たちの、想像の部屋

会期終了第6回市原湖畔美術館子ども絵画展

会期:

市原湖畔美術館では2013年のリニューアルオープン以来、年に1度市原市内の幼稚園、小学校から絵を公募し、「市原湖畔美術館子ども絵画展」を開催してきました。 いずれもデザイナーやアーティストに会場...

第6回市原湖畔美術館子ども絵画展

会期終了ジョゼ・デ・ギマランイス展 ~アフリカは魅了する~

会期:

ポルトガルを代表するアーティストであるジョゼ・デ・ギマランイスの個展を開催します。 ギマランイスは、アフリカを中心とした非西洋圏のアートへの...

ジョゼ・デ・ギマランイス展 ~アフリカは魅了する~

会期終了そとのあそび展~ピクニックからスケートボードまで~

会期:

本展は、「そとのあそび」をテーマにした、14組のアーティスト・グループによる展覧会です。 周囲を自然に囲まれた開放的な市原湖畔美術館において、...

そとのあそび展~ピクニックからスケートボードまで~

会期終了60 (rokujuu) ひびのこづえ展

会期:

本展では、コスチューム・アーティストひびのこづえの作品を、新作含め約50点展示します。 ひびのの手がけた服の数々が市原湖畔美術館のユニークな展示空間全体にひとつの大きなインスタレーションとな...

60 (rokujuu) ひびのこづえ展

会期終了第5回市原湖畔美術館子ども絵画展

会期:

市原湖畔美術館では2013年のリニューアルオープン以来、年に1度市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募し、「市原湖畔美術館子ども絵画展」を開催してきました。 第5回目を迎える本展では、市原湖畔美術...

第5回市原湖畔美術館子ども絵画展

会期終了Adiós Amigo 銅版画家 深沢幸雄 追悼特別展

会期:

戦後日本を代表する銅版画家であり、市原市名誉市民である深沢幸雄氏が、2017年1月に92年の生涯を閉じました。このたび、一周忌に際し、故人を偲び、ま...

Adiós Amigo  銅版画家 深沢幸雄 追悼特別展

会期終了石川直樹:この星の光の地図を写す

会期:

世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹(1977‐)の個展を開催します。 石川は22歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登...

石川直樹:この星の光の地図を写す

会期終了ラップ・ミュージアム RAP MUSEUM

会期:

アメリカ・ニューヨークにて、ヒップホップ/ラップが生まれて約40年。そして日本でラップが生まれてから約30年が過ぎようとしています。現在では、多種多様なラップ、ラッパーが存在するようになっていま...

ラップ・ミュージアム RAP MUSEUM

会期終了アブラカダブラ絵画展

会期:

本展は、若手アーティストの展覧会を企画して来たカトウチカ氏をゲストキュレーターに迎え、12名のアーティストの近作や、同展へ向けて制作した新作を中心に、約30点を展示します。 絵画のルールを抜け...

アブラカダブラ絵画展

会期終了カールステン・ニコライ:Parallax パララックス

会期:

人間の知覚や自然現象をテーマにした作品を国際的に発表し続け、現代のアートを代表するアーティストの一人であるカールステン・ニコライ。アルヴァ・...

カールステン・ニコライ:Parallax パララックス

会期終了第4回市原湖畔美術館子ども絵画展

会期:

毎年恒例の「市原湖畔美術館子ども絵画展」は、絵を描くことや見ることを通して、自分たちが暮らす町の魅力を見つけること、及び美術館が地域の子どもたちにとって、アートに親しめる拠点となることを目...

第4回市原湖畔美術館子ども絵画展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE