美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

熊本県立美術館Kumamoto Prefectural Museum of Art

熊本県立美術館

熊本県立美術館についてABOUT Kumamoto Prefectural Museum of Art

熊本県立美術館は、国の特別史跡である熊本城の二の丸公園の一角に位置し、古代から現代美術までを網羅する総合美術館として1976年(昭和51年)3月に開館した。

考古、絵画、版画、彫刻、工芸、書蹟などが収蔵・展示され、なかでも装飾古墳室は、古代の造形美をわが国における「美術の原点」としてとらえた特徴ある施設となっている。

1992年(平成4年)10月、千葉城町に県立美術館分館が開館。2008年(平成20年)4月には「細川コレクション永青文庫展示室」が開館し、熊本ゆかりの永青文庫の名品を常時鑑賞できる。

事業としては、コレクション展、特別展、貸会場展など多彩な展覧会を開催する一方、教育普及活動として子ども美術館(鑑賞とワークショップ)、実技講座、コンサートなどを行う。

熊本県立美術館の建築は、日本を代表する建築家の一人、前川國男氏(1905~1986)の設計によるものである。前川氏は、東京帝国大学(現在の東京大学)工学部建築科を経てフランスに渡り、世界屈指の建築科として名高いル・コルビュジェに師事。帰国後は様々な建築物の設計に携わり、戦前から戦後にかけての日本の建築界をリードした。前川氏が手がけた美術館は、東京都美術館をはじめ全国各地に多数ある中で、熊本県立美術館は前川建築の代表作の一つとして数えられている。

熊本県立美術館は、下記の3つを大きな基軸として体系的なコレクションの形成をめざしている。

(1)日本及び東洋の古美術
古代から近世に至る熊本の美術・文化・歴史の流れを展望できるコレクションの形成を目指す。古代中世の絵画(仏画など)、彫刻(仏像神像)、工芸品(仏教工芸など)、近世の絵画(御用絵師、文人の作品など)、工芸品(八代焼・小代焼など陶磁器、肥後鐔などの刀剣刀装具、漆工皮革染織品)など。主な収蔵作品に、矢野雪叟筆《山水図屏風》(右隻)、葛飾北斎筆《鍾馗図》(今西コレクション)江戸時代後期(19世紀前半)、《瀬戸渋紙手茶入 銘 村雨》(今西コレクション)室町時代末~桃山時代(16世紀)など

(2)日本の近・現代美術
熊本県ゆかりの作家、堅山南風、海老原喜之助、坂本善三、浜田知明、大塚耕二、野田英夫、野田哲也らを中心に、日本の近・現代美術史を体系づけるコレクション、および熊本の近・現代美術史を体系化しうるコレクションの形成を目指す。主な収蔵作品に、堅山南風《霜月頃》大正2年(1912)、海老原喜之助《曲馬》昭和10年(1935)、浜田知明《初年兵哀歌(歩哨)》昭和29年(1954)など

(3)西洋美術
フランスの近代絵画、西洋版画(古典~近代~現代)、近・現代彫刻の作品を核に、西洋美術コレクションの体系化を目指す。ルノワール、ブーグロー、ヴラマンク、ローランサンら近代フランスの画家たちの名作やロダンやマイヨールらの彫刻のほか、熊本県ゆかりの藤田嗣治(レオナール=ツグハル・フジタ)やパスキン、キスリングらのエコール・ド・パリの画家たちの傑作群は、熊本県立美術館の西洋絵画コレクションの基軸をなすものとなっている。

西洋版画の収集にも重点を置いており、デューラー、レンブラント、ゴヤらの古典版画、ピカソやシャガールら巨匠たちの版画、そしてウォーホルやリキテンスタインなど20世紀アメリカ版画まで、5世紀にわたる欧米版画史を体系づけるコレクションとなっている。

主な収蔵作品に、オーギュスト・ルノワール《胸に花を飾る少女》1900年頃、ウィリアム・アドルフ・ブーグロー《キューピッド》1860年、アルブレヒト・デューラー《メランコリアⅠ》1514年 など。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸2番  TEL 096-352-2111
熊本県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

熊本県立美術館 公式サイトURL
http://www.museum.pref.kumamoto.jp/
所在地
〒860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸2番
TEL 096-352-2111
最寄駅
阿蘇くまもと空港から空港リムジンバス「交通センター」で下車 徒歩15分

JR熊本駅から 熊本城周遊バス・しろめぐりん「桜の馬場 城彩苑」下車 徒歩10分

JR上熊本駅からタクシーで10分

市電 最寄駅「熊本城・市役所前」または「花畑町」下車 徒歩15分
開館時間
開館時間 09:30〜17:15(最終入館時間 16:45)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日・休日の場合は開館し、その翌日が休館
・年末年始
・その他、収蔵庫の燻蒸作業や作品の展示替えにより臨時に休館することがあります。
入館料・観覧料
<コレクション展>

◎共通券(別棟展示室+本館二階展示室)
一般 430円(310円)
大学生 260円(200円)

◎展示室ごとの観覧料金/別棟展示室のみ
一般 210円(160円)
大学生 130円(100円)

◎展示室ごとの観覧料金/本館二階展示室のみ
一般 280円(200円)
大学生 170円(130円)

※( )内は20名以上の団体料金です。
※高校生以下の学生の方、および障がい者手帳をお持ちの方は無料でご観覧になれます。

※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
くまもとけんりつびじゅつかん

熊本県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

熊本県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定細川コレクションⅡ 勇姫―幕末維新期を生きた細川家のお姫様―

会期:

福井藩主・松平春嶽に嫁した細川斉護の三女・勇姫。 本展では、ゆかりの品々から、激動の幕末を生きた勇姫の足跡を辿ります。

細川コレクションⅡ 勇姫―幕末維新期を生きた細川家のお姫様―

開催予定熊本城と武の世界

会期:

平成28年の熊本地震により被災した、熊本城大天守の外観復旧を記念して、熊本城主・加藤家、細川家の「武」にまつわる歴史資料や美術工芸品を、主に熊本城との関わりに沿って紹介します。 加藤清正によ...

熊本城と武の世界

これまでに熊本県立美術館で開催された展覧会

会期終了美術館コレクションⅡ 名作浮世絵の世界 -今西コレクション名品展

会期:

熊本県立美術館が所蔵する、今西コレクションの肉筆浮世絵を中心とした展示を行います。 今西コレクションは、NHK熊本放送局の職員であった今西菊松氏...

美術館コレクションⅡ 名作浮世絵の世界 -今西コレクション名品展

会期終了日本遺産認定記念 菊池川二千年の歴史 菊池一族の戦いと信仰

会期:

菊池川は阿蘇外輪山の尾ノ岳南麓に源流がある熊本県の一級河川です。 清らかでミネラルに恵まれた川であることから、流域では古くから広大な水田が整...

日本遺産認定記念 菊池川二千年の歴史 菊池一族の戦いと信仰

会期終了テレビ熊本開局50周年記念 歌川広重展

会期:

歌川広重は、言わずと知れた名作「東海道五拾三次」を世に送り出した浮世絵師です。 広重の魅力は何か、それは臨場感あふれる風景画の上手さなのでは...

テレビ熊本開局50周年記念 歌川広重展

会期終了特別展 浜田知明回顧展 忘れえぬかたち

会期:

昨年7月に100歳で生涯を閉じた浜田知明。 本展では、代表作である〈初年兵哀歌〉シリーズはもちろん、初期作品や〈初年兵哀歌〉以後の版画・彫刻作品...

特別展 浜田知明回顧展 忘れえぬかたち

会期終了細川コレクション第Ⅳ期〈特集〉没後150年記念 横井小楠とその時代

会期:

2019年は幕末日本を代表する思想家・経世家として知られる横井小楠の没後150年。 今回は、越前福井...

細川コレクション第Ⅳ期〈特集〉没後150年記念 横井小楠とその時代

会期終了美術館コレクション第Ⅳ期〈特集〉祝いと吉祥の美術

会期:

江戸時代、人々は花や鳥などさまざまなものに吉祥の意味を込め、縁起物として飾りました。 本展では、今西コレクションや館蔵品から、新春にふさわし...

美術館コレクション第Ⅳ期〈特集〉祝いと吉祥の美術

会期終了福武コレクション 西へ東へ。藤田嗣治と国吉康雄

会期:

1886年に生まれ、熊本で幼少期を過ごした本県ゆかりの画家藤田嗣治は、1920年代のパリで頭角を現した後、日仏文化の懸け橋として独自の画風と立ち位置...

福武コレクション 西へ東へ。藤田嗣治と国吉康雄

会期終了漫画界のレジェンド 松本零士展

会期:

今日のコミック界・アニメ界で活躍する松本零士。 「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」などの名作で、人類の未来像をテーマに夢とロマンを追い求め続けています。 初期から今日に至るまでの足跡を、原...

漫画界のレジェンド  松本零士展

会期終了第Ⅲ期〈特集〉武蔵、熊本にきたる!

会期:

剣豪として有名な宮本武蔵は、寛永17年(1640)に熊本を訪れ、ここに終の棲家を見出します。 それでは、武蔵は、熊本でどのような晩年を過ごしていた...

第Ⅲ期〈特集〉武蔵、熊本にきたる!

会期終了第Ⅲ期〈企画展〉変革の煽動者 佐々木耕成アーカイブ

会期:

1960年代の東京で活動した、幻の熊本出身画家・佐々木耕成(1928~2018)。 現存する1960年代の作品や、佐々木が所属した前衛美術グループ〈ジャックの...

第Ⅲ期〈企画展〉変革の煽動者 佐々木耕成アーカイブ

会期終了細川ガラシャ

会期:

細川家ゆかりの名品をいつでも観覧できるスペースとして親しまれている永青文庫展示室。本展は、その開設10周年を記念する特別展です。 主役は、細川忠興に嫁いだ明智光秀の娘・玉。ガラシャの洗礼名で...

細川ガラシャ

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE