美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

宮崎県立美術館Miyazaki Prefectural Art Museum

宮崎県立美術館

宮崎県立美術館についてABOUT Miyazaki Prefectural Art Museum

宮崎県立美術館は、宮崎市にある緑豊かな宮崎県総合文化公園内の敷地内にある県立美術館で、1995(平成7)年10月に開館。

「郷土出身作家及び本県にゆかりのある作品」「わが国の美術の流れを展望するにふさわしい作品」「海外のすぐれた作品」という3つの柱にそって、作品を収集している。

コレクションの中心は、宮崎出身の芸術家・瑛九の作品である。瑛九は日本の前衛芸術の先駆者と呼ばれ、池田満寿夫や靉嘔(あい おう)など数多くの美術家に影響を与えた。1階の瑛九展示室では、油彩、版画、フォト・デッサンなどを見ることができる。

また、ルネ・マグリットやジュルジオ・デ・キリコなど、シュルレアリスムの流れがひとめで分かるほどのコレクションがそろうのは、全国でも珍しい。アルナルド・ポモドーロやジャーコモ・マンズーといったイタリア現代彫刻も充実している。

これらのコレクションを紹介するコレクションは年に4回、多彩なテーマを設けて開催しており、各回のテーマに応じて選定した作品を展示している。

芝生の広がる中に建つ美術館の建築は、スケール感あふれる外観で、東側は直線的なフォルムの岩をイメージしたデザイン、西側は変化のある開放的なデザインで、広大な空を背景に堂々たる凛とした姿を見せている。設計は、岡田新一。1996(平成8)年には、この美術館設計において、芸術院恩賜賞を受賞している。

◆主な収蔵作品
国内外の名品:パブロ・ピカソ「肘かけ椅子のベルベット帽の女と鳩」、ルネ・マグリット「現実の感覚」、ジョルジオ・デ・キリコ「イタリア広場・アリアドネーの目覚め」、ジョルジュ・ルオー「ピエロ」、ポール・シニャック「サン・トロぺの松林」、ピエール・ボナール「葡萄を持つ女」等

海老原喜之助「樵夫」、山口薫「ユーロップとゼウス神牛」、藤島武二「台南聖廟」、堅山南風「武者小路先生」、川合玉堂「松渓飛瀑図」等

イタリア彫刻:マリノ・マリーニ「コンポジション」、メダルド・ロッソ「病める子」等

宮崎の美術:塩月桃甫「ロボを吹く少女」、山田新一「椅子に凭るY嬢」、山内多門「颶風」、益田玉城「落椿之図」

瑛九:「つばさ」「田園B」など

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)  TEL 0985-20-3792
宮崎県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

宮崎県立美術館 公式サイトURL
http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/
所在地
〒880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
TEL 0985-20-3792
最寄駅
◆JR宮崎駅から「西1番のりば」発の宮崎交通バス4分、「山形屋前」で下車し「宮交橘通支店前」(交番近く)で「文化公園」「古賀総合病院」、国富・綾方面行等に乗換え9分、「文化公園」または「文化公園前」下車すぐ

「西2番のりば」発の宮崎交通バス「古賀総合病院」「綾」「酒泉の杜」行14分、「文化公園前」下車すぐ

◆JR宮崎神宮駅からタクシーで約5分、徒歩で約20分

◆宮崎空港から「1番のりば」発の宮崎交通バス12分、「宮交シティ」で下車し、「3番のりば」で「古賀総合病院」、国富・綾方面行等に乗換え20分、「文化公園前」下車すぐ
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
休日の翌日(土・日曜日、休日を除く)
年末年始、特別整理期間
※臨時に開・休館することがあります
入館料・観覧料
コレクション展は観覧無料

※特別展は、展覧会により異なります
開催展覧会情報をご確認ください
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
みやざきけんりつびじゅつかん

宮崎県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

宮崎県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定美人画の雪月花 培広庵コレクションと益田玉城

会期:

古くから、女性像は多くの芸術家たちが取り組んだモティーフの一つでした。中でも日本画においては、独自の領域として「美人画」が確立され、数多くの...

美人画の雪月花  培広庵コレクションと益田玉城

これまでに宮崎県立美術館で開催された展覧会

会期終了ウィリアム・モリス 英国風景とともにめぐるデザインの軌跡

会期:

19世紀イギリスにおいて、思想家・デザイナー・詩人などとして様々な分野で活躍したウィリアム・モリス(1834~1896)は「モダンデザインの父」とも称...

ウィリアム・モリス  英国風景とともにめぐるデザインの軌跡

会期終了パナソニック汐留美術館コレクション ジョルジュ・ルオー展 -心に響く魂の色彩-

会期:

20世紀フランス絵画の巨匠ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、黒の力強い輪郭線と厚く塗り重ねられ...

パナソニック汐留美術館コレクション  ジョルジュ・ルオー展  -心に響く魂の色彩-

会期終了藤城清治 愛生きるメルヘン展 「国文祭・芸文祭みやざき2020」プレイベント

会期:

日本を代表する世界的影絵作家である藤城清治氏は、自ら編み出した方法で幅広いテーマで独特の世界...

藤城清治 愛生きるメルヘン展 「国文祭・芸文祭みやざき2020」プレイベント

会期終了シャガール展 版画でつづる愛の物語

会期:

ロシアに生まれたマルク・シャガール(1887-1985)は、主にフランスを舞台に、20世紀を代表する画家の一人として活躍しました。 鮮やかな色彩で描き出...

シャガール展 版画でつづる愛の物語

会期終了高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展

会期:

高畑勲・宮崎駿監督が築き上げてきたアニメーション制作会社スタジオジブリ。これまで生み出された数々のアニメーションは、私たちに多くの感動を与え...

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展

会期終了第1期コレクション展

会期:

宮崎県立美術館の収蔵作品を紹介するコレクション展。 コレクション展では年に4回、多彩なテーマで作品を展示しています。今回は、瑛九や山内多門などの郷土作家をはじめ、ピカソや川合玉堂など国内及び...

第1期コレクション展

会期終了第4期コレクション展

会期:

宮崎県立美術館の収蔵作品を紹介するコレクション展。 コレクション展は年に4回、多彩なテーマを設けて開催します。今回は、瑛九や山内多門などの郷土作家はもちろん、ルオーや鴨居玲など国内及び海外の...

第4期コレクション展

会期終了川崎毅と矢野静明

会期:

宮崎県出身の2名の作家に焦点を当てた展覧会です。川崎毅(かわさきつよし 1942-)はシンプルな形の組み合わせによる立体表現、矢野静明(やのしずあき 1955-)は繊細な線と色彩による平面表現。二人の静...

川崎毅と矢野静明

会期終了あそぶ浮世絵 にゃんとも猫だらけ

会期:

豊かな表情や自由気ままな振る舞いで、私たちをとりこにする猫。猫は、古くから人々と生活をともにする、愛すべき身近な存在です。 江戸時代に流行し...

あそぶ浮世絵 にゃんとも猫だらけ

会期終了夢の美術館 -めぐりあう名画たち-

会期:

1979年に開館した福岡市美術館は、古美術から近現代美術までの作品約16,000点を収蔵しており、絵画、彫刻の他、陶磁器や染織作品など多彩なコレクショ...

夢の美術館 -めぐりあう名画たち-

会期終了家康没後四百年 徳川歴代将軍名宝展―久能山東照宮

会期:

徳川幕府創設者の初代将軍徳川家康が亡くなり神として祀られた元和二(1616)年から四百年の節目の年にあたり、宮崎の地に初めて徳川歴代将軍家の名宝...

家康没後四百年 徳川歴代将軍名宝展―久能山東照宮

会期終了第4期 コレクション展

会期:

宮崎県立美術館の収蔵作品を紹介するコレクション展。郷土作家はもちろん、海外の著名な作家の作品も多数紹介しています。 ■名品ベストⅢ 宮崎県立美術館では、「郷土出身作家及び本県にゆかりのある作品...

第4期 コレクション展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE