美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

金沢市立中村記念美術館Kanazawa Nakamura Memorial Museum

金沢市立中村記念美術館

金沢市立中村記念美術館についてABOUT Kanazawa Nakamura Memorial Museum

金沢市立中村記念美術館は、市街の中心にありながら、森の緑に囲まれ、市内を流れる辰巳用水(たつみようすい)の水音が響く恵まれた自然環境の中で、茶道と美術に親しむ憩いの場として、1966年(昭和41年)5月に開館した美術館である。

中村記念美術館の歴史は、金沢で酒造業を営む実業家で茶人の中村栄俊(1908~1978)が創立した財団法人中村記念館に始まる。中村栄俊は、1943年(昭和18年)表千家流の茶道に入門し、茶道具の収集を始めた。

1945年(昭和20年)の敗戦に痛手を受けた氏は、戦後の日本は文化国家として繁栄していかなければならない、そのために金沢に美術館を作ろうと志を立て、それから精力的な収集が始まり、1965年(昭和40年)、「美術品は一個人のものではなく国民の宝である」という信念のもと、収集した美術品を寄贈して財団を設立、中村家住宅を展示棟として現在地に移築・改装、翌1966年(昭和41年)5月に、中村記念館が開館した。

その後、1975年(昭和50年)7月、所蔵品が金沢市に寄贈され、金沢市立中村記念美術館として再発足、平成元年11月、市制百周年を記念して新館が開館。

所蔵品は、茶道具、近世絵画、古九谷、加賀蒔絵など、中村氏収集の名品を核に、個人からの寄贈や市費による購入が加わり、現在、重要文化財5点、県指定文化財1点、市指定文化財8点をはじめ約1000点を数える。これを年4~6回の企画展で公開するほか、茶会、聞香席など多彩な行事を開催している。

旧中村邸、茶室「梅庵」、茶室「耕雲庵」は茶会などの貸室としても提供。日本庭園を眺める本館呈茶席では、抹茶もいただける。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒920-0964 石川県金沢市本多町3-2-29  TEL 076-221-0751
金沢市立中村記念美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

金沢市立中村記念美術館 公式サイトURL
https://www.kanazawa-museum.jp/nakamura/
所在地
〒920-0964 石川県金沢市本多町3-2-29
TEL 076-221-0751
最寄駅
金沢駅東口3番のりば 18系統東部車庫方面行き 15分「本多町」下車 徒歩3分

金沢駅東口7番のりば 城下まち金沢周遊バス 18分「本多町」下車 徒歩3分

金沢ふらっとバス(菊川ルート)「ふるさと偉人館」下車 徒歩3分

まちバス「21世紀美術館・兼六園(真弓坂口)」下車 徒歩3分(土日祝のみ)
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
年中無休 
定休日についての追記事項
・年末年始(12月29日~1月3日)
・展示替え期間

令和元年度の展示替休館日予定
8月19日(月)~8月30日(金)
10月21(月)~10月31日(木)
12月16日(月)~12月中休館
3月2日(月)~3月12日(木)
入館料・観覧料
一般 300円
団体(20名以上)250円
65歳以上・障害者手帳をお持ちの方およびその介護人 200円(祝日無料)
高校生以下 無料
茶菓券 350円
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かなざわしりつなかむらきねんびじゅつかん

金沢市立中村記念美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定新館開館30周年記念特別展「仙叟宗室・大樋焼・寒雉釜 金沢の茶の湯」

会期:

茶道具と工芸の美術館を標榜する中村記念美術館は、2019年に新館開館30周年を迎えます。 ...

新館開館30周年記念特別展「仙叟宗室・大樋焼・寒雉釜 金沢の茶の湯」

これまでに金沢市立中村記念美術館で開催された展覧会

会期終了BLUES~和の空間にみる青~

会期:

美術作品の中には、数多くの「青い色」が散りばめられています。 絵画では瑠璃(るり:ラピスラズリ)や藍銅鉱(らんどうこう:アズライト)を原料とした絵具として、陶磁器では下...

BLUES~和の空間にみる青~

会期終了企画展「キラキラ☆うるしワールド」

会期:

明治~昭和にかけて加賀蒔絵や、近代の人間国宝たちの名品、そして現代の金沢の漆芸作品までをご覧いただきます。 主な展示作品は、大...

企画展「キラキラ☆うるしワールド」

会期終了東京国立近代美術館工芸館移転連携事業 特別展「茶の湯の道具 Modern & Classic」

会期:

東京国立近代美術館工芸館所蔵の近現代の茶の湯の道具と、館所蔵の古美術を中心とした道...

東京国立近代美術館工芸館移転連携事業 特別展「茶の湯の道具 Modern & Classic」

会期終了新収蔵作品展 茶道具ニューフェイス!

会期:

近年、金沢市立中村記念美術の収蔵品に仲間入りした絵画や工芸作品が展示されます。 「茶道具ニューフェイス!」と題して、紹介される...

新収蔵作品展 茶道具ニューフェイス!

会期終了コレクション展「工芸セレクションⅡ お釜と香合」

会期:

どっしりとした形に渋い肌あいが魅力の茶釜(ちゃがま)。炉の季節はたっぷりと湯を沸かすことができる大ぶりのものを、風炉の季節は暑い...

コレクション展「工芸セレクションⅡ お釜と香合」

会期終了特別展「美のチカラ~茶事の妙~」

会期:

金沢の文化を語るうえで欠くことができない「茶の湯」。 茶道では、11月~4月では「炉の取り合わせ」、5月~11月では「風炉の取り合わ...

特別展「美のチカラ~茶事の妙~」

会期終了企画展「色彩対決!シャガール vs KOGEI」

会期:

金沢市立中村記念美術館に所蔵されているリトグラフ「エルサレム・ウィンドウ」は、エルサレムの礼拝堂を飾るステンドグラスの絵柄をも...

企画展「色彩対決!シャガール vs KOGEI」

会期終了日本工芸会会員による〈金沢〉 伝統工芸創作人形展

会期:

日本工芸会人形部会は、隔年公募による「伝統工芸人形展」を日本橋三越で開催していますが、その間の年に開催地を変えて正会員展が開催...

日本工芸会会員による〈金沢〉 伝統工芸創作人形展

会期終了企画展「工芸セレクションⅠ お茶碗と棗」

会期:

工芸セレクション展の第一弾として、茶を点てて飲むために欠かせない器である「茶碗」と、抹茶を収める容器であると同時に華麗な装飾を...

企画展「工芸セレクションⅠ お茶碗と棗」

会期終了企画展「工芸に生きつづける花と鳥」

会期:

工芸品を彩るまざまな花や鳥。その美しい姿かたちは、陶磁器や絵画の画題として世界中で愛され、今日にいたるまで数多く表されてきまし...

企画展「工芸に生きつづける花と鳥」

会期終了開館50周年記念特別展Ⅳ 「中村栄俊翁と同時代の人びと」

会期:

開館50周年の掉尾を飾る特別展として、中村記念美術館の母体となった中村記念館を設立した中村栄俊(なかむらえいしゅん)翁(1908~1978...

開館50周年記念特別展Ⅳ 「中村栄俊翁と同時代の人びと」

会期終了開館50周年記念特別展Ⅲ「書跡と文房具」

会期:

天皇直筆の書、平安から鎌倉時代にかけて書かれたかな文字の古筆、禅僧による禅語の一行の墨跡、和歌や俳句の短冊、消息(手紙)など、...

開館50周年記念特別展Ⅲ「書跡と文房具」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE