美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

資生堂アートハウスSHISEIDO ART HOUSE

資生堂アートハウス

資生堂アートハウスについてABOUT SHISEIDO ART HOUSE

資生堂アートハウスは、1978年(昭和53年)に開設。その後、2002年(平成14年)のリニューアルを機に、美術館としての機能を高め、近現代のすぐれた美術品を収集・保存すると共に、美術品展覧会を開催する文化施設として活動している。

コレクションの中核は、資生堂が文化芸術支援活動の一環として、東京・銀座の資生堂ギャラリーを会場に開催してきた「椿会美術展」や「現代工藝展」などに出品された絵画、彫刻、工芸品である。

資生堂アートハウスの建築は高宮真介、谷口吉生両氏の設計によるもので、1980年(昭和55年)に「日本建築学会賞」を受賞。2010年(平成22年)には、竣工後25年にわたって「長く地域の環境に貢献し、風雪を耐え、美しく維持され、社会に対して建築の意義を語りかけてきた建築物」と「その建築物を美しく育て上げることに寄与した人々」を顕彰する「JIA25年賞」(第9回)も受賞し、建物自体が独自のアート性と高い価値を有することがあらためて証明された。

収蔵作品は、資生堂ギャラリーで開催した「椿会展」や「現代工藝展」などに出品された作品や芸術文化支援活動の一環で収集した美術品などを多数。梅原龍三郎、横山大観、奥村土牛、小村雪岱、小野竹喬、中川一政、林武、山口蓬春、上村松篁、岡鹿之助、小磯良平、佐藤忠良、舟越保武、野見山暁治、舟越桂、李禹煥、赤瀬川原平、内藤礼、志村ふくみ、松井康成、八木一夫など。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1  TEL 0537-23-6122
資生堂アートハウス [MAP]

利用案内INFORMATION

資生堂アートハウス 公式サイトURL
https://www.shiseidogroup.jp/art-house/
所在地
〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1
TEL 0537-23-6122
最寄駅
JR掛川駅 下車、南口よりタクシーで5分、徒歩25分。
バス 掛川駅南口より市街地循環線(南回り)「資生堂アートハウス 入口」下車。
※「掛川駅」南口からの所要時間は、下車後の徒歩を含め約15分。
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)
・夏季(8月中旬)
・年末年始(12月 末~1月初旬)
・展示替えのための臨時休館(詳しくはお問い合わせ下さい)
・団体見学:10名以上の場合は1週間前までに、お電話、FAX、または団体申し込みフォームよりお申し込みください。
入館料・観覧料
無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
しせいどうあーとはうす

資生堂アートハウスについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

資生堂アートハウス 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定第二次 工藝を我らに 第一回展 資生堂が提案する美しい生活のための展覧会

会期:

「工藝を我らに」は、2015年から始まった、資生堂アートハウスの企画展です。この展覧会は、美術品...

第二次 工藝を我らに 第一回展 資生堂が提案する美しい生活のための展覧会

これまでに資生堂アートハウスで開催された展覧会

会期終了 牛島憲之と檀会の洋画家たち  牛島憲之、脇田 和、岡 鹿之助、山口 薫、矢橋六郎

会期:

「檀会美術展」(まゆみかいびじゅつてん)は、資生堂ギャラリーが1950年から1968年まで主催した、...

 牛島憲之と檀会の洋画家たち  牛島憲之、脇田 和、岡 鹿之助、山口 薫、矢橋六郎

会期終了版画を楽しむ 木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン

会期:

資生堂アートハウスでは、日本人になじみの深い「版画」にテーマを絞り、作家においても技法においてもヴァリエーションに富んだ展覧会、「版画を楽し...

版画を楽しむ 木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン

会期終了椿つれづれ

会期:

椿は永い年月に亘って日本人に愛されてきた花樹で、古くは万葉集に詠まれ、花のみならず枝や葉、その実までが衣食住に結び付き、人々の生活と深くかかわってきました。 わが国の風土に適応した椿は、野...

椿つれづれ

会期終了工藝を我らに セレクション―資生堂が提案する美しい生活のための展覧会―

会期:

資生堂アートハウスが2015年から2017年にかけて開催した企画展、第一期「工藝を我らに」を回顧する...

工藝を我らに セレクション―資生堂が提案する美しい生活のための展覧会―

会期終了ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー さまざまなデザイン

会期:

資生堂アートハウスでは、好評を博した「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー ラリックとバカラを中心に」展に引き続き、19世紀末以降、次々に発表...

ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー さまざまなデザイン

会期終了ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー ラリックとバカラを中心に

会期:

資生堂アートハウスでは、19世紀末から第二次世界大戦前を中心にフランスで制作された香水瓶と、1960年代から70年代にかけて国内で制作されたタピスリ...

ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー ラリックとバカラを中心に

会期終了資生堂アートハウス名品展 開館40周年記念 後期 洋画・現代美術・陶芸・金工・ガラス

会期:

資生堂アートハウスは、1978年11月に静岡県掛川市に開館して以来、地域における美術館として、百回...

資生堂アートハウス名品展 開館40周年記念 後期 洋画・現代美術・陶芸・金工・ガラス

会期終了資生堂アートハウス名品展 開館40周年記念 前期 日本画と漆芸を中心に

会期:

資生堂アートハウスは、1978年11月 静岡県掛川市に開館し、以来、地域における美術館として、これま...

資生堂アートハウス名品展 開館40周年記念 前期 日本画と漆芸を中心に

会期終了工藝を我らに 二〇一七

会期:

1872年、わが国初の西洋調剤薬局として創業した資生堂は、西洋料理店の先駆けとなった資生堂パーラー、また、画廊として最も永い歴史を刻む資生堂ギャラリーの経営など、多様な文化を独自の美意識で彩り...

工藝を我らに 二〇一七

会期終了三人の人間国宝による色絵磁器

会期:

「色絵磁器(いろえじき)」の技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された、十三代 今泉今右衛門(じゅうさんだい いまいずみ いまえもん・1926-2001)、十四代 今泉今右衛門(じゅうよんだい ...

三人の人間国宝による色絵磁器

会期終了小村雪岱と資生堂書体

会期:

装幀、挿絵、舞台美術など幅広い創作に才能を発揮した日本画家、小村雪岱(こむら せったい・1887-1940)は、本年設立百年を迎えた資生堂意匠部(現 宣伝・デザイン部)創設期におけるデザイナーの一人で...

小村雪岱と資生堂書体

会期終了四季を彩る日本画の世界

会期:

資生堂ギャラリーで開催してきた「椿会」出品作家の中から、上村松篁や髙山辰雄、横山大観、前田青邨など、昭和の日本画壇を牽引した実力者の作品約25点を揃えた名作展です。 資生堂が、銀座の資生堂ギ...

四季を彩る日本画の世界

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE