美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

モエレ沼公園Moerenuma Park

モエレ沼公園

写真提供:モエレ沼公園

モエレ沼公園についてABOUT Moerenuma Park

モエレ沼公園は、札幌市の市街地を公園や緑地の帯で包み込もうという「環状グリーンベルト構想」における拠点公園として計画され、2005年(平成17年)に、札幌市の総合公園として、オープンした。

基本設計は世界的に著名な彫刻家イサム・ノグチが手がけ、「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトのもとに造成された。

広大な敷地には幾何学形態を多用した山や噴水、遊具などの施設が整然と配置されており、自然とアートが融合した美しい景観を楽しむことができる。

春にはサクラが咲き、夏には水遊び場や噴水など札幌のさわやかな夏を彩る施設がオープン。秋には紅葉、冬は一面の雪景色の中でクロスカントリースキーやソリ遊びが楽しめるなど、四季折々の魅力を持った公園となっている。

また、ゴミ処理場の跡地を公園化したことや、屋内施設であるガラスのピラミッドに地域固有の自然エネルギーである雪を活用した冷房システムを導入していることから、自然環境保全の観点からも注目を集めている。

公園内のガラスのピラミッドでは、公園を象徴するモニュメントであり、文化活動の拠点となる施設であり、美術の展覧会などがここで開かれる。

ガラスのピラミッドは、設計当時建設していたノグチの若き友人である建築家I.M.ペイによるルーブル美術館のガラスのピラミッド(パリ、1989)へのオマージュとも言える。

◆ ISAMU NOGUCHI 1904-1988
イサム・ノグチは、日本人の詩人であり英文学者の野口米次郎とアメリカ人で作家のレオニー・ギルモアとの間にロサンゼルスで生まれた。 幼少期を日本で過ごし、アメリカ、フランスで彫刻を学んだノグチは、気鋭の彫刻家として活躍。とりわけ戦後、東西の芸術精神を融合した多岐にわたる彫刻を制作し、従来の彫刻の域をはるかに広げた、大地の彫刻ともいえるランドスケープ・デザインを次々と発表するなど、その豊かな芸術性と表現力によって、20世紀を代表する彫刻家のひとりとして知られている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1  TEL 011-790-1231
モエレ沼公園 [MAP]

利用案内INFORMATION

モエレ沼公園 公式サイトURL
http://moerenumapark.jp/
所在地
〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
TEL 011-790-1231
最寄駅
札幌市街地からモエレ沼公園へは、地下鉄とバスを乗り継いでお越し下さい。
バス停「モエレ沼公園東口」「モエレ沼公園※」「モエレ沼公園西口※」 ※夏季のみ

その他、車・公共交通機関による
アクセス方法はこちらから
開館時間
開館時間 07:00〜22:00
開館時間についての追記事項
※上記時間は、モエレ沼公園の開園時間となります。
園内各施設はそれぞれ異なります。
定休日
年中無休 
定休日についての追記事項
※但し、園内各施設はそれぞれ休業日あり
入館料・観覧料
無料
入館料・観覧料についての追記事項
※駐車料 無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
もえれぬまこうえん

モエレ沼公園についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

モエレ沼公園 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

これまでにモエレ沼公園で開催された展覧会

会期終了進藤冬華|移住の子

会期:

本展は、彫刻家のイサム・ノグチが「公園をひとつの彫刻作品」として設計した場・モエレ沼公園を会場とした、新たな風景を紡ぎ出す作家によるシリーズ展「Imaginary Landscapes」の第3弾として開催される...

進藤冬華|移住の子

会期終了所蔵品展「イサム・ノグチ あかり展」

会期:

イサム・ノグチのマスターピースとして知られる照明器具「あかり」。 1950年代に岐阜の伝統産業である提灯と出合って生まれたあかりは、その温かな光...

所蔵品展「イサム・ノグチ あかり展」

会期終了札幌国際芸術祭2017モエレ沼公園会場 展覧会「RE/PLAY/SCAPE」

会期:

札幌国際芸術祭2017のモエレ沼公園会場では、公園の象徴であるガラスのピラミッドを拠点として、モエレ沼公園の歴史と彫刻家イサム・ノグチの視点を現...

札幌国際芸術祭2017モエレ沼公園会場 展覧会「RE/PLAY/SCAPE」

会期終了イサム・ノグチ あかり展

会期:

イサム・ノグチのマスターピースとして知られる照明器具「あかり」。 1950年代に岐阜の伝統産業である提灯と出合って生まれたあかりは、その温かな光とモダンなデザインで、現代でも多くの人々に愛され...

イサム・ノグチ あかり展

会期終了ホーリー・マウンテンズ 内なる聖山へ続く三本の足跡

会期:

一過性のレクリエーションとしての登山とは異なり、長期に渡って山に入り、山との関係性を築く人々に焦点をあて、彼らの活動や作品をスライドショー形...

ホーリー・マウンテンズ 内なる聖山へ続く三本の足跡

会期終了AKARI reflection | ひかりの連鎖

会期:

イサム・ノグチのマスターピースとして知られる照明器具「あかり」。 1950年代に岐阜の伝統産業である提灯と出合って生まれたあかりは、その温かな光とモダンなデザインで、現代でも多くの人々に愛されて...

AKARI reflection | ひかりの連鎖

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE