特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり
板谷梅樹の世界
同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」

泉屋博古館東京

  • 開催期間:2024年8月31日(土)~2024年9月29日(日)
  • クリップ数:34 件
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-2
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-3
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-4
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-5
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-6
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-7
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-8
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-9
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-10
板谷梅樹《モザイク額「花」》昭和時代・20世紀 個人蔵
板谷梅樹《モザイク額「キリン」》昭和時代・20世紀 個人蔵
板谷梅樹《モザイク額「花」》昭和時代・20世紀 個人蔵
板谷梅樹《モザイク額「笛を吹く人」》昭和時代・20世紀 個人蔵
板谷梅樹《モザイク飾筥》昭和時代・20世紀 個人蔵
板谷梅樹《ステンドクラス莨筥》1936(昭和11)年頃 個人蔵
板谷梅樹《ペンダント》昭和時代・20世紀 個人他
板谷梅樹《帯留》昭和時代・20世紀 個人他
板谷波山《彩磁更紗花鳥文花瓶》1919(大正8)年頃 泉屋博古館東京
《小井戸茶碗 銘 六地蔵》朝鮮時代・16世紀 泉屋博古館東京
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1
特別展 昭和モダーン、モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界 同時開催「特集展示 住友コレクションの茶道具」 泉屋博古館東京-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

昭和時代、モダーンなモザイク作品で人々を魅了した板谷梅樹(@うめき、1907-1963)という作家をご存知ですか。モザイク画は陶片などのかけらを寄せあわせ、絵や模様を生み出すもので、19世紀末のアール・ヌーヴォーの流行と共に欧米から日本に伝わりました。

梅樹は、ステンドグラスに惹かれ、近代陶芸の巨匠であった父・波山(1872-1963)が砕いた陶片の美しさに魅了され、モザイク画を発表します。代表作は、旧日本劇場一階玄関ホールの巨大なモザイク壁画で、洋画家・川島理一郎が原画を手掛け、20代の梅樹がモザイク壁画として昭和8年(1933)に完成させたものです(現存せず)。

陶片の色彩を活かした壮大なモザイク壁画は、当時の人々を驚嘆させたに違いありません。帝国美術院展覧会(帝展)をはじめ公募展にモザイク額などを発表した梅樹は、モザイク作家として活躍しました。彼がてがけた小品には、日常をいろどる梅樹作品ならではの魅力が詰まっています。

本展では、梅樹が手掛けたエキゾチックなモザイク額、美しい飾筥やペンダントヘッドなどの愛らしい装飾品を通して、板谷梅樹の人となりに迫ります。

◆巡回
板谷波山記念館 2024年4月20日(土)~6月23日(日)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年8月31日(土)~2024年9月29日(日)
会場 泉屋博古館東京 Google Map
住所 東京都港区六本木1丁目5番地1号
時間 11:00~18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は19:00まで開館
    (最終入館時間 18:30)
休館日 月曜日 
※祝日の場合は開館、翌平日休館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
高大生 800円(700円)
中学生以下 無料
  • ※20名様以上の団体は( )内の割引料金
    ※障がい者手帳提示の方は本人および同伴者1名まで無料
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

泉屋博古館東京の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

泉屋博古館東京 泉屋博古館東京

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

板谷梅樹《モザイク額「花」》昭和時代・20世紀 個人蔵

板谷梅樹《モザイク額「キリン」》昭和時代・20世紀 個人蔵

板谷梅樹《モザイク額「花」》昭和時代・20世紀 個人蔵

板谷梅樹《モザイク額「笛を吹く人」》昭和時代・20世紀 個人蔵

板谷梅樹《モザイク飾筥》昭和時代・20世紀 個人蔵

板谷梅樹《ステンドクラス莨筥》1936(昭和11)年頃 個人蔵

板谷梅樹《ペンダント》昭和時代・20世紀 個人他

板谷梅樹《帯留》昭和時代・20世紀 個人他

板谷波山《彩磁更紗花鳥文花瓶》1919(大正8)年頃 泉屋博古館東京

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE