美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

高村光太郎 ―彫刻と詩―展

碌山美術館

  • 開催期間:2016年7月23日(土)〜2016年8月28日(日)
  • クリップ数:1 件
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-1
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-2
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-3
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-4
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-5
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-6
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-7
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-8
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-1
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-2
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-3
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-4
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-5
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-6
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-7
高村光太郎 ―彫刻と詩―展 碌山美術館-8

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

高村光太郎(1883~1956)の没後60年、高村智恵子(1886~1938)の生誕130年を記念した企画展が開催されます。

木彫家・高村光雲の長男として生まれた光太郎は、幼少期より木彫の手ほどきを受け、東京美術学校や海外での研鑽を積むことでその資質を開花し、木彫・塑像に傑作を残しています。

また合わせ持っていた文学的資質は、評論・翻訳・詩作などに結実しています。「緑色の太陽」(1910)のような啓発的な評論、『ロダンの言葉』(1916)の編訳等は、日本近代美術界を大いに刺激しました。のみならず、『道程』(1914)、『智恵子抄』(1941)等の詩作は現在もなお広く知られています。

高村自身は「私は何を措いても彫刻家である」「自分の彫刻を護るために詩を書く」と述べる一方で「詩精神(事物の中心に直入する精神)が言葉にあらわれれば詩となり、造型に形をとれば美術一般となる」とも言っています。

◆展示作品
光太郎の木彫7点、ブロンズ12点、油彩1点、詩稿18点、智恵子の紙絵40点(会期中20点ずつ展示)、油彩1点


開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年7月23日(土)〜2016年8月28日(日)
会場碌山美術館 [MAP]
住所 長野県安曇野市穂高5095-1
時間 9:00〜17:10(最終入場時間 16:40)
休館日 会期中無休 
観覧料 大人 700円
高校生 300円
小中生 150円
  • ※「障がい者手帳」をお持ちの方は半額
TEL0263-82-2094
URLhttp://rokuzan.jp/
割引券http://www.rokuzan.jp/HPticket.pdf

碌山美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

碌山美術館 碌山美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
長野県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE