EXHIBITION

精霊たちのいるところ
~アボリジニの美術~

岐阜県美術館

  • 開催期間:2021年7月27日(火)〜2021年12月5日(日)
  • クリップ数:1 件
精霊たちのいるところ 〜アボリジニの美術〜 岐阜県美術館-1
精霊たちのいるところ 〜アボリジニの美術〜 岐阜県美術館-2
作者不詳《ゴアナとヤムイモと精霊》 岐阜県美術館蔵
作者不詳《アリクイとヤムイモ》 岐阜県美術館蔵
精霊たちのいるところ 〜アボリジニの美術〜 岐阜県美術館-1
精霊たちのいるところ 〜アボリジニの美術〜 岐阜県美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

5万年以上を遡るとされるオーストラリア・アボリジニの歴史。Aboriginal(アボリジナル)は「先住民の」を意味し、その存在は広く認識され、多言語多民族国家オーストラリアの重要なアイデンティティとなっています。

オーストラリアの広大な地に住むアボリジニは、地域によって語族(語群)が異なり、固有の言語、出身地、血族集団(クラン)、居住区(アウトステーション)、ドリーミング(物語)を所持し、描く題材や手法は彼らの出自やアイデンティティと密接に結びついています。作品は大きく、ノーザンテリトリーの北部アーネムランド、北端のティウィ地区(バサースト島とメルヴィル島)、中央砂漠地帯、北西部のキンバリー高原の4つの地域と都市部に分けられます。

狩猟採集民族であった彼らにとって絵画は、祭礼の際に地面に描くことで神聖な領域を示す結界であり、文字の代わりに用いる伝達の手段でもありました。彼らが描くのは民族固有の国創りの物語であり、首長を筆頭に一子相伝される秘儀、神話、伝説であり、狩猟や採集のための案内図でもあるのです。

彼らの大切な精霊(ミミ)は、大地のここかしこに存在し、時にはちょっぴり悪戯(いたずら)もする、アボリジニにとって身近な祖でもあります。かつて200を超える部族があったと言わるアボリジニですが、それぞれ全く異なることばを話し、美術の表現方法も地域ごとに異なります。

岐阜県美術館が所蔵する100点余の作品の中から、精霊が棲(す)むといわれるアボリジニの多彩な世界を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年7月27日(火)〜2021年12月5日(日)
  • ※9月21日(火)~27日(月)は展示替えのため休室
会場 岐阜県美術館 Google Map
住所 岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※夜間開館:8月20日(金)、9月17日(金)、10月15日(金)、11月19日(金)は20:00まで開館
休館日 月曜日 
※祝日の場合は翌平日
※11月1日(月)は開館、11月4日(木)5日(金)は臨時休館
観覧料 一般 340円(280円)
大学生 220円(160円)
高校生以下 無料
  • ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、難病に関する医療費受給者証の交付を受けている方およびその付き添いの方(1名まで)は無料
    ※11月3日(水・祝)(岐阜~ふるさとを学ぶ日)は、無料
TEL058-271-1313
URLhttps://kenbi.pref.gifu.lg.jp/

岐阜県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

岐阜県美術館 岐阜県美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岐阜県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE