企画展「ミステリーの系譜」

山梨県立文学館

  • 開催期間:2021年9月18日(土)〜2021年11月21日(日)
  • クリップ数:4 件
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-1
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-2
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-3
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-4
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-5
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-6
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-7
乱歩賞正賞のシャーロック・ホームズ像の披露パーティー 
1956(昭和31)年5月
左から木々高太郎、大下宇陀児、制作者の堀進二、江戸川乱歩。
江戸川乱歩「人間椅子」草稿 立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター蔵
「苦楽」1925(大正14)年10月号発表の形と大きく異なる。
竹中英太郎 画「ココナットの實」(夢野久作 作) 挿絵原画
湯村の杜・竹中英太郎記念館蔵
「新青年」1931(昭和6)年4月号掲載
横溝正史「八つ墓村」原稿 第11回「鬼火の淵」冒頭
世田谷文学館蔵
「新青年」1950(昭和25)年5月号掲載
江戸川乱歩 木々高太郎宛書簡
1935(昭和10)年8月8日 当館寄託資料
乱歩が編集していた『日本探偵傑作集』に、木々の「網膜脈視症」を入れることを伝える。
「木々高太郎を喜ぶ会」(直木賞記念会)寄せ書き
当館寄託資料
1937(昭和12)年6月16日、木々の直木賞受賞を祝い東京京橋の明治屋ビル中央亭で開催。江戸川乱歩、海野十三、大下宇陀児などが出席した。
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-1
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-1
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-1
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-1
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-1
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-1
企画展「ミステリーの系譜」 山梨県立文学館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

卓抜な着想とトリックで傑作を書き、日本の探偵小説を牽引した江戸川乱歩(えどがわらんぽ 1894~1965)。金田一耕助(きんだいちこうすけ)シリーズで本格的な長編推理小説の興盛へと導く横溝正史(よこみぞせいし 1902~1981)。「人生の阿呆(あほう)」で直木賞を受賞し、「探偵小説」を深化させた「推理小説」という名称を提唱した甲府市出身の木々高太郎(きぎたかたろう 1897~1969)。

日本のミステリー(推理小説)の草創期から現代までをたどり、その魅力と人気の秘密を探ります。

◆ みどころ
・江戸川乱歩「人間椅子」草稿、横溝正史「八つ墓村」原稿など、ミステリーの名作の直筆資料
・江戸川乱歩と同時代に活躍した横溝正史、木々高太郎、小栗虫太郎など、探偵小説作家の交流をあらわす書簡
・竹中英太郎(たけなか えいたろう)、松野一夫などによる探偵小説の挿絵原画
・文豪ストレイドッグス BUNGO STRAY DOGS × 山梨県立文学館
コラボレーション企画 江戸川乱歩 スタンディ&複製原画 展示 (撮影可)

※新型コロナウイルス感染症の状況に応じて、展覧会、関連イベントが変更・中止となる場合があります

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年9月18日(土)〜2021年11月21日(日)
会場 山梨県立文学館 Google Map
展示室山梨県立文学館 展示室C
住所 山梨県甲府市貢川1-5-35
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※ただし9月20日は開館
観覧料 一般 600円(480円)
大学生 400円(320円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
    ※高校生以下の児童・生徒は無料
    ※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳を持参の方、およびその介護をされる方は無料
    ※11月20日(土)の県民の日はどなたでも無料
TEL055-235-8080
URLhttps://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/

山梨県立文学館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

山梨県立文学館 山梨県立文学館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 京極夏彦 講演会
「探偵と民俗学者、そして陰陽師」
10月23日(土)13:30~15:00
会場:講堂 定員240名 座席指定
申込方法:往復はがき 締切:10月8日(金)必着 1枚で2人まで応募可能
記入事項:【往信欄裏面】①京極夏彦講演会、②郵便番号、③住所、④氏名、⑤電話番号、⑥参加希望の人数、⑦代表者以外の参加者名【返信欄表面】①郵便番号、②住所、③氏名
※応募者が定員を超えた場合は抽選。抽選結果は、はがきで応募者全員に開催日の1週間前頃までに通知されます

◆ 映画会
会場:講堂 定員 各100名
・10月31日(日)13:30~「犬神家の一族」
原作:横溝正史 監督:市川崑
出演:石坂浩二、島田陽子、あおい輝彦 他 1976年 東宝 カラー 146分
申込方法:10月16日(土)より文学館まで電話でお申し込みください。
・11月7日(日)13:30~「影なき声」
原作:松本清張 監督:鈴木清順
出演:南田洋子、二谷英明、金子信雄 他 1958年 日活 モノクロ 92分
申込方法:10月23日(土)より文学館まで電話でお申し込みください。

◆ 講座
会場:研修室 定員 各40名
・年間文学講座2 ジャンルを超える文学の可能性
「ミステリー小説の系譜―江戸川乱歩から東野圭吾まで」
10月16日(土)14:00~15:30
講師:大村梓(山梨県立大学准教授)
申込方法:10月2日(土)より文学館まで電話でお申し込みください。
・年間文学講座3 山梨の文学「江戸川乱歩と木々高太郎」
9月19日(日)14:00~15:10 講師:中野和子(山梨県立文学館学芸員) 
申込方法:9月5日(日)より文学館まで電話でお申し込みください。
※映画会、年間文学講座は、定員になり次第申し込みを締め切ります。

◆ 閲覧室資料紹介「ミステリーの世界」
日本を代表するミステリー作家の江戸川乱歩、横溝正史、木々高太郎の著作を紹介するとともに、ミステリーの歴史をたどります。資料は手にとって閲覧できます。
9月17日(金)~ 11月21日(日)
閲覧室開室時間:9:00~16:00
場所:1階 閲覧室 入場無料

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
山梨県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

乱歩賞正賞のシャーロック・ホームズ像の披露パーティー 
1956(昭和31)年5月
左から木々高太郎、大下宇陀児、制作者の堀進二、江戸川乱歩。

江戸川乱歩「人間椅子」草稿 立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター蔵
「苦楽」1925(大正14)年10月号発表の形と大きく異なる。

竹中英太郎 画「ココナットの實」(夢野久作 作) 挿絵原画
湯村の杜・竹中英太郎記念館蔵
「新青年」1931(昭和6)年4月号掲載

横溝正史「八つ墓村」原稿 第11回「鬼火の淵」冒頭
世田谷文学館蔵
「新青年」1950(昭和25)年5月号掲載

江戸川乱歩 木々高太郎宛書簡
1935(昭和10)年8月8日 当館寄託資料
乱歩が編集していた『日本探偵傑作集』に、木々の「網膜脈視症」を入れることを伝える。

「木々高太郎を喜ぶ会」(直木賞記念会)寄せ書き
当館寄託資料
1937(昭和12)年6月16日、木々の直木賞受賞を祝い東京京橋の明治屋ビル中央亭で開催。江戸川乱歩、海野十三、大下宇陀児などが出席した。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE