スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

長崎県美術館

  • 開催期間:2016年7月27日(水)〜2016年9月8日(木)
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-2
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-3
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-4
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-5
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-6
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-7
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-8
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-9
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-10
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-11
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-12
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-13
ボブ・ポーリー
《ウッディとバズ》『トイ・ストーリー』(1995年)
複製(マーカー、鉛筆/紙)©Disney/Pixar
ロバート・コンドウ(レイアウト:ジェイソン・カッツ、ジョン・サンフォード)
《ビートボード:さよなら、アンディ》『トイ・ストーリー3』(2010年)
デジタルペインティング ©Disney/Pixar
《トイ・ストーリー ゾートロープ》
木、アルミニウム、真鍮、スチール、ガラス、プラスチック、石膏
2005年 ©Disney/Pixar
ルー・ロマーノ《カラースクリプト》
『Mr.インクレディブル』(2004年)デジタルペインティング ©Disney/Pixar
ラルフ・エッグルストン《シークエンスのパステル画:探検》
『ファインディング・ニモ』(2003年)パステル/紙 ©Disney/Pixar
リッキー・ニエルヴァ《マイク:色彩の習作》
『モンスターズ・インク』(2001年)マーカー、鉛筆/フォトコピー ©Disney/Pixar
ハーレイ・ジェサップ(レイアウト:エンリコ・カサローザ)
《カラースクリプトの習作:ラタトゥイユを作るレミー》
『レミーのおいしいレストラン』(2007年)デジタルペインティング ©Disney/Pixar
堤 大介《モーメントペインティング:退学》
『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)デジタルペインティング ©Disney/Pixar
チップ・フース《ライトニング・マックィーン》
『カーズ2』(2011年)マーカー、インク/紙 ©Disney/Pixar
ジェローム・ランフト《ヨロコビ》
『インサイド・ヘッド』(2015年)ウレタン樹脂鋳造 ©Disney/Pixar
ピーター・ソーン《スポットとアーロ》
『アーロと少年』(2015年)複製(鉛筆/紙) ©Disney/Pixar
シャロン・キャラハン《カラースクリプト》
『アーロと少年』(2015年)デジタルペインティング ©Disney/Pixar
ジョン・ラセター《オープニング・シークエンス》
『ルクソーJr.』(1986年)複製(パステル/紙) ©Disney/Pixar
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 長崎県美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」、「インサイド・ヘッド」、「アーロと少年」など、数々の人気作品を世界に送り出すピクサー・アニメーション・スタジオ。1986年、アメリカのカリフォルニアで、ジョン・ラセター、エド・キャットマル、スティーブ・ジョブズらが奇跡のような運命で共に集いピクサーは設立されました。

2016年はそのスタジオ設立30周年の記念の年にあたります。

ピクサー作品は、日本やアメリカだけでなく、世界中で上映され多くのファンに愛され続けていますが、それはコンピュータ・アニメーションという優れた技術だけによるものではなく、独創的なストーリーや魅力的なキャラクターの存在があるからです。驚くべきことに、ピクサーには技術スタッフと同じくらい多くのアーティストやデザイナーたちが在籍しており、彼らはストーリーや映画のビジュアルなどを考える企画の構想段階で、手描きのドローイングや、パステル画、彫刻などを数々生みだしているのです。

本展は、そうした創作活動にスポットライトをあて、ピクサーに所属するアーティストたちが創り出したドローイング、カラースクリプト、マケット(キャラクター模型)など多種多様なアートワークの数々を紹介するものです。

2005年にニューヨーク近代美術館でスタートし世界各国で好評を博した世界巡回展が、2016年、スタジオ設立30周年を記念した新たな作品群を加え日本に上陸します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年7月27日(水)〜2016年9月8日(木)
会場 長崎県美術館 Google Map
展示室長崎県美術館 企画展示室、常設展示室第1・2室
住所 長崎県長崎市出島町2-1
時間 10:00〜18:00
休館日 休館日 8月8日(月)
観覧料 一般 1,400円(1,200円)
高校・大学生・70歳以上 1,000円(900円)
小・中学生 500円(400円)
小学生未満 無料
  • ※( )内は前売り、15人以上の団体料金
    ※障害者手帳保持者及び介護者1名まで5割減額
    ※前売り券の販売は、7月26日(火)まで
TEL095-833-2110
URLhttp://pxr30.jp/

長崎県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

長崎県美術館 長崎県美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
長崎県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

ボブ・ポーリー
《ウッディとバズ》『トイ・ストーリー』(1995年)
複製(マーカー、鉛筆/紙)©Disney/Pixar

ロバート・コンドウ(レイアウト:ジェイソン・カッツ、ジョン・サンフォード)
《ビートボード:さよなら、アンディ》『トイ・ストーリー3』(2010年)
デジタルペインティング ©Disney/Pixar

《トイ・ストーリー ゾートロープ》
木、アルミニウム、真鍮、スチール、ガラス、プラスチック、石膏
2005年 ©Disney/Pixar

ルー・ロマーノ《カラースクリプト》
『Mr.インクレディブル』(2004年)デジタルペインティング ©Disney/Pixar

ラルフ・エッグルストン《シークエンスのパステル画:探検》
『ファインディング・ニモ』(2003年)パステル/紙 ©Disney/Pixar

リッキー・ニエルヴァ《マイク:色彩の習作》
『モンスターズ・インク』(2001年)マーカー、鉛筆/フォトコピー ©Disney/Pixar

ハーレイ・ジェサップ(レイアウト:エンリコ・カサローザ)
《カラースクリプトの習作:ラタトゥイユを作るレミー》
『レミーのおいしいレストラン』(2007年)デジタルペインティング ©Disney/Pixar

堤 大介《モーメントペインティング:退学》
『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)デジタルペインティング ©Disney/Pixar

チップ・フース《ライトニング・マックィーン》
『カーズ2』(2011年)マーカー、インク/紙 ©Disney/Pixar

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE