EXHIBITION

ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』と
ビート・ジェネレーション
書物からみるカウンターカルチャーの系譜

BBプラザ美術館

  • 開催期間:2021年7月3日(土)〜2021年8月8日(日・祝)
  • クリップ数:4 件
ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜 BBプラザ美術館-1
ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜 BBプラザ美術館-2
ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜 BBプラザ美術館-3
ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜 BBプラザ美術館-4
ジャック・ケルアック(アレン・ギンズバーグ撮影)
Courtesy of Allen Ginsberg Trust
『オン・ザ・ロード』タイプスクリプト
Courtesy of the Jim Irsay Collection, Kerouac material used by permission of Jim Sampas, Literary Executor of the Estate of Jack Kerouac
タイプするジャック・ケルアック
Photograph by Fred DeWitt , Courtesy of the Orange County Regional History Center
Books of Jack Kerouac, Photo: Kazuya Aoki
ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜 BBプラザ美術館-1
ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜 BBプラザ美術館-1
ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜 BBプラザ美術館-1
ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜 BBプラザ美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

アメリカ・マサチューセッツ州ローウェルに生まれたジャック・ケルアック(1922-1969)は、1947年よりヒッチハイクで代表小説『On the Road(オン・ザ・ロード)』のもととなるアメリカ大陸横断の旅を始めました。1957年に同小説が出版されると、多くの愛読者と熱狂的な信奉者を生み、文学の枠を超え、映画や音楽などさまざまなカルチャーに多大な影響を与えました。

本展では、ジャック・ケルアックとその周辺のビート・ジェネレーションと呼ばれる作家たちに焦点を当て、ケルアックの全著書の初版本やビート作家たちの旧蔵本、日本のカウンターカルチャー黎明期のミニコミ誌まで、初公開の資料を含む300余点を出品し、その魅力に迫ります。

展示は4つのセクションに分類し、1:ジャック・ケルアックの全著作の初版本及び資料、2:ビート・ジェネレーション作家の稀覯本、3:シティライツ書店とリトルマガジン、4:ゲーリー・スナイダーと日本のビート・ジェネレーション、の順に紹介します。

また、本展では、ケルアック エステートとジム・アーセー コレクションの協力を得て、ジャック・ケルアックがタイプライターで21日間打ち続けて書き上げたといわれる『On the Road』のスクロール原稿(全長約36m)を印刷再現し、公開します。

◆ ジャック・ ケルアック(1922-1969 / 小説家・詩人)
アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。コロンビア大学で、後にビート・ジェネレーションと呼ばれる作家仲間、アレン・ギンズバーグやウィリアム・バロウズらに出会う。主な著書に『地下街の人びと』(1958)、『ザ・ダルマ・バムズ』(1958)、『荒涼天使たち』(1965)、そして短編集『孤独な旅人』(1960)などがある。ボブ・ディランやデヴィッド・ボウイ、ブルース・スプリングスティーンといったミュージシャンやヴィム・ヴェンダース、ジム・ジャームッシュといったロードムービーを語る上では欠かせない映画監督にも影響を与えた。

◆ 『On the Road(オン・ザ・ロード)』(1957)
ケルアックの代表作『On the Road 』は、語り手 サル・パラダイスの心眼を通して、第二次世界大戦後のアメリカを生きる人々の姿が雄大な風景に彩られながら映し出されている。与えられた人生を人々はどのように生きているのか。サルは、路上で遭遇する人々や出来事の繋がりに想いを巡らせながら、常にホーボー(渡り労働者)のような放浪者たちに魅了される。サルが出会う「いかれた」連中は、自由なモダンジャズに魂を震わせ、夜のローマ花火のように炸裂する。そんな連中を彼は追い求めていくのである。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年7月3日(土)〜2021年8月8日(日・祝)
会場 BBプラザ美術館 Google Map
住所 兵庫県神戸市灘区岩屋中町4丁目2番7号 BBプラザ2F
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • 7月3日(土)は13:00より開館
休館日 月曜日 
観覧料 一般 500円(400円)
大学生以下 無料
※ 65歳以上の方、障がいのある方とその付添いの方1名は半額
※( )内は20名以上の団体料金
  • ※ 開館記念日7月7日(水)、関西文化の日プラス8月6日(金)は入館無料
TEL078-802-9286
URLhttp://bbpmuseum.jp/

BBプラザ美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

BBプラザ美術館 BBプラザ美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ギャラリートークシリーズ
「『オン・ザ・ロード』を知ろう!」
第1回 7月3日(土) ケルアックとタイプライター
第2回 7月10日(土) 『オン・ザ・ロード』と映画
第3回 7月24日(土) タイプライターの歴史
第4回 7月31日(土) 女性とタイプライター
第5回 8月7日(土) 『オン・ザ・ロード』の中の女性たち
講師|マシュー・セアドー
時間|14:00-15:00(全回)
会場|BBプラザ美術館展示室
参加無料(※要観覧券)先着15名 通訳付 
※オンラインでも同時配信予定

◆ギャラリートーク「書物でたどる旅、ケルアックと仲間たち」
日程|7月3日(土) 15:30-16:30
講師|山路和広  
会場|BBプラザ美術館展示室
参加無料(※要観覧券)先着15名

◆シンポジウム「ジャック・ケルアックの『オン・ザ・ロード』への旅」
日程|7月17日(土) 13:00-15:00
出演|青山南(作家、翻訳家)、柴田元幸(神戸市外国語大学客員教授、東京大学名誉教授、『MONKEY』編集者、翻訳家)、ヒラリー・ハラデイ(ビート作家研究者、前マサチューセッツ大学アメリカン・スタディーズ・ケルアック・センター所長*ビデオ参加)、マシュー・セアドー
会場|神戸市外国語大学またはオンライン開催 参加無料(事前予約制、先着順) 
以下のウェブフォーム よりお申込みください。
https://forms.gle/2yrhAM9NreEgaNQR8

◆映画「ジャック・ケルアック キング・オブ・ザ・ビート」ほか
上映期間|7月17日(土)―7月23日(金)
場所|元町映画館 (神戸市中央区元町通4-1-12)
料金|一般 1,700円・学生 1,000円・シニア 1,200円
※7月17日(土)に柴田元幸氏、7月18日(日)に青山南氏によるトークイベントを上映後に開催予定。詳しくは映画館の公式サイトをご確認ください。 http://www.motoei.com

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE