EXHIBITION

春の特別展「1964 高度成長と東京オリンピックの時代」

国立公文書館

  • 開催期間:2021年4月10日(土)〜2021年5月23日(日)
  • クリップ数:2 件
春の特別展「1964 高度成長と東京オリンピックの時代」 国立公文書館-1
春の特別展「1964 高度成長と東京オリンピックの時代」 国立公文書館-2
春の特別展「1964 高度成長と東京オリンピックの時代」 国立公文書館-3
特別都市計画法
東海道新幹線の建設
ワシントンハイツの返還
春の特別展「1964 高度成長と東京オリンピックの時代」 国立公文書館-1
春の特別展「1964 高度成長と東京オリンピックの時代」 国立公文書館-1
春の特別展「1964 高度成長と東京オリンピックの時代」 国立公文書館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

すべては焼け野原から始まった―戦後の東京は、戦災からの復興、急速に進む都市化などによって驚くべき変貌を遂げました。本展は、日本の大きな転換点となった高度成長という時代の中で変わりゆく東京の姿と、その中で開催された東京オリンピックの様子を、国立公文書館が所蔵する公文書を中心とした様々な資料から描きます。

特別都市計画法
昭和19年(1944)以降、日本の主要な都市は空襲にさらされ、大きな損害を受けていました。戦後、戦災復興事業を迅速かつ徹底して行うため、指定を受けた戦災都市に適用される特別都市計画法が昭和21年9月に制定されました。同法により東京では区の存する区域と八王子が指定され、戦災復興都市計画が策定されました。

東海道新幹線の建設
昭和33年(1958)12月12日、交通関係閣僚協議会が開催され、東京・大阪間の陸上輸送の需要予想、新幹線の工事費、採算性を検討した結果、東海道新幹線の早期着工と短期間の完成を目指すことが結論され、19日に閣議決定されました。これを受けて東海道新幹線建設は本格的に動き出し、昭和34年4月に起工式が行われ、昭和39年10月に開業しました。

ワシントンハイツの返還
代々木公園は、戦後アメリカ軍に接収され、宿舎施設「ワシントンハイツ」として利用されていました。東京オリンピック開催決定により、ワシントンハイツの返還を受け、選手村として利用しようという計画が持ち上がり、返還交渉が行われました。画像は、昭和36年(1961)10月に返還をアメリカ側に提案した際に作成されたワシントンハイツ配置図です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年4月10日(土)〜2021年5月23日(日)
  • ※新型コロナウイルスの感染予防・拡大防止のため、会期が変更となる場合があります。
    ※お出かけの際は、事前に公式サイトの ご来館にあたってのお願いをご確認ください。
会場国立公文書館Google Map
住所 東京都千代田区北の丸公園3番2号
時間 9:15〜17:00
休館日 会期中無休 
観覧料 無料
TEL03-3214-0621(代表)
URLhttp://www.archives.go.jp/exhibition

国立公文書館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立公文書館 国立公文書館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE